オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

巻き爪の予防にも! 正しい爪の切り方講座。

足の爪ってどう切っていますか?
何気なくやっていた爪の切り方が、巻き爪などトラブルの原因にもなるかもしれないという事実。
今回はそんな「爪」のおはなしです。

足の爪には2つのたいせつな役割があります。

爪の大きな役割といえば、

1. 指先の保護
2. 指先に入れた力を受け止める

指先を外的な衝撃から保護することはわかりやすいですね。では、力を受け止めるとはどういうことでしょうか?
指先にグッと力を入れた時に爪がないと、床からの反力を受け止められないので、極端にいうと骨が上に飛び出してしまいます。(ちなみに手の場合はモノをつかむのが難しくなります。)
爪がちゃんと機能しないと、足指が床面をしっかり捉えられずバランスをとることが大変になったり……。

爪があるから歩けるのですね。

「スクエア オフ」で爪を健康に!

爪の健康維持にいちばん大切なことは「爪の切り方」。
爪は布のような繊維構造をしているため、斜めに切ると内側に巻いていきます。布を斜めに切ると端がくるんと巻きますよね? 巻き爪はそれと同じです。
爪を短く切り過ぎる「深爪」をすると、巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)の原因になりやすいのです。

こんな切り方をしていたら要注意!

nailx.jpg

そして、こちらが正しい爪の切り方「スクエア オフ」です。
まずは伸びた爪をまっすぐ横にカットし、それから爪の両端を少しだけカット。
その後、爪が当たる部分が鋭利にならないよう、端を爪ヤスリでなめらかに整えます。

nailo.jpg

yasuri-2.jpg
爪を削るときは「ガラス製の爪ヤスリ」がおすすめ。なめらかな仕上がりで、ヤスリが当たっても皮膚が傷つきにくいです。

それから、爪を切るタイミングで一番いいのは「お風呂上り」。お湯につかることで爪がふやけてやわらかくなるので、力を入れなくても切りやすいです。
逆にお風呂前に切るのはNGです。爪が硬い状態で切ると余計な力がかかり、切りすぎたり滑ったりしてしまうおそれがあります。うっかり深爪をしないためにも、お風呂上りがおすすめですよ。

いかがでしたか?
いつもの習慣をちょっと見直すだけで、爪のトラブルを避けることができます。
次回は、代表的な爪のトラブル「巻き爪」について掘り下げます。


(監修 理学療法士 北澤友子) 
(イラスト 佐藤 / 編集スタッフ 高木)