オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

コラム「足のちえぶくろ」

足のエキスパートを目指す山忠社員や
専門家たちが日々発信!
悩める足のお役立ちコラム。

12/19(水)NST「プライムニュース」で『ケアソク』が紹介されます!

新潟総合テレビ 夕方の報道番組「プライムニュース」内で山忠が紹介されます。
テーマは「加茂市の最新靴下」。最新靴下といえばそう、『ケアソク』です!

放送日時: 12月19日(水) 18:14~19:00の間で新潟県内ニュースの枠です。

先日、番組キャスターの杉山萌奈さんが取材に来てくださいました。
ちょっとだけ、取材の様子をお伝えしますね。

NSTP1.jpg
『ケアソク』の生産現場である自社工場の取材。工場長の中林がとても嬉しそう!

NSTP2.jpg
理学療法士の北澤友子先生による足の研究会の様子を取材。メンバーがいつもより真剣に見えるような見えないような……。

NSTP3.jpg
杉山キャスター、初の足底圧計測。まずは裸足から。北澤先生が評価します。

NSTP4.jpg
そして、『ととのえる』を履いたとき。結果が気になります。

NSTP5.jpg
ケアソクの亀山もインタビューを受けました! せっかくの杉山キャスターとのツーショット、放送でカットされないといいですね~。笑

NSTP6.jpg
写真左から、ケアソクの亀山、北澤先生、山忠社長の中林、杉山キャスター、カメラマンの伊藤さん。

杉山キャスターはどんな足だったんでしょうか!?
計測結果はぜひ当日の放送をお楽しみに!

※予告なく番組内容が変更される可能性もございます。予めご了承ください。


(スタッフ 高木)



「ケアソク」ブース出展のお知らせ

下記の学会にて、ケアソクがブース出展いたします。
参加される方はぜひ『ケアソク』ブースへお立ち寄りください。

●第82回 日本皮膚科学会東京支部学術大会
テーマ 「多彩な皮膚科の未来に向かって」

会期:2018年12月1日(土) ~ 12月2日(日)
会場:ザ・プリンスパークタワー東京
   東京都港区芝公園4丁目8-1
会長:松江 弘之氏(千葉大学大学院医学研究院皮膚科学)

URL: http://jdatokyo82.jp/

hihukagakkai.jpg
●JTFA 第11回多業種フットケア研究会

テーマ 「巻き爪祭り PartⅡ」 ~実演・体験編~

会期:2018年12月2日(日) 10:00~17:00
会場:KFCHall&Rooms(東京・両国)
   東京都墨田区横網一丁目6番1号

主催:一般社団法人日本トータルフットマネジメント協会(JTFA)
URL: http://www.japanfoot.or.jp/event/20181202.html

JTFA.jpg


(スタッフ 高木)


『ケアソク』メディア掲載のお知らせ

『ケアソク』メディア掲載のお知らせです。

●CHANTO(ちゃんと)12月号
87ページに『ケアソク うるおす』のかかとカバーが紹介されています。
chanto.jpg

●ハルメクweb
美容ライターの中尾彗里さんが『ケアソク うるおす』の「かかとカバー」をご紹介くださいました!
保湿クリームの必要がない履くだけのかかとケア。乾燥が気になる季節のおすすめです。
掲載サイトはこちら。
→ ハルメク web
今気になる、ビューティーアイテムをチェック
頑固なガサガサかかとには「ながらケア」がおすすめ!

●フットウエアプレス 11月号
東京・三軒茶屋のスニーカー専門店「三茶スニーカー」さんが掲載されています。
記事の中で『ケアソク』もご紹介いただきました。
こちらの関連記事はwebでもご覧いただけます。
→ B.A.G Number β版
【編集長コラム】スニーカー専門店「三茶スニーカー」で盛り上がる“シューレース”アレンジと「ケアソク」ソックス


(スタッフ 高木)


社内研修「足のコンシェルジュ養成講座」とは?

先日、足のケアに関する著書も出されている桜井祐子先生を講師にお呼びし、社内で「足のコンシェルジュ養成講座」を開いていただきました!
桜井先生は、日本トータルフットマネジメント協会指定校である「足の専門校SCHOOL OF PEDI(スクールオブペディ)」の校長であり、さらに横浜のフットケアサロンの経営者でもあります。フットケア業界では有名な方なのです!

ashi_1.jpg
桜井先生(左)とアシスタントの吉川先生(右)。このお二人からみっちり学ばせていただきました!

1.まずは己の足指の自由度を知るべし!

ashi_2.jpg

講座でまず行われたのは「ボールつかみゲーム」!
これは1分間にボールや洗濯バサミなどを何個自分のかごに入れられるかを競うもので、自分の足をどの程度自由に動かすことができるかの目安となります。
これが一見簡単そうに見えて実は結構難しいのです。右足と左足で大きく結果に差があったスタッフも。

2.己の足指筋力(そくしきんりょく)を知るべし!

ashi_3.jpg
専用の機械、「足指筋力計測器」に足をセット。バーに足指を引っ掛け、ぎゅうっ……と力を込めて計測します。普段デスクワークの多いスタッフからは足がつりそう~という悲鳴があがりました(笑)。

みなさんは足にも手と同じように握力があることを知っていましたか? 足の指の筋肉は足の踏ん張りや姿勢、さらには瞬発力などの運動能力にも関係しているといわれています。

一般的には女性よりも男性の方が足指力があるはずなのですが、今回最も足指力のあったのはなんと女性のスタッフでした! 

3.学術的な勉強もするべし!

自分の足指がどんな状態か知った後は専門的な勉強を。足や爪の変形がなぜ起こるか、骨や筋肉、腱(けん)にまで掘り下げて学んでいきます。

うれしいことに、90歳の高齢であっても筋量は増加するのです!!
しかしそれを阻むのが足の痛み!
外反母趾、内反小趾、扁平足、巻き爪など爪のトラブル、タコ・ウオノメ……とお悩みは様々。大切なのは予防と痛みが出る前に改善することなんですね。

4.骨と関節の位置を確認するべし!

知識を得た後は、実際に足に触って骨と関節の位置を確認します。
骨の位置がずれているということはアーチが崩れているという証拠。アーチの崩れは様々な足のトラブルを引き起こします。

ashi_4.jpg
桜井先生によるレクチャー。足のアーチを支える骨のひとつ、舟状骨(しゅうじょうこつ)の位置に親指をあてています。

5.フットプリントをとるべし!

ashi_5.jpg

主要な骨と関節を確認した後は、フットプリントで足型測定をします。フットプリントからは体重の偏り、肉づき、足の長さや幅、タコやウオノメ、足の変形の有無……と多くのことが読み取れてしまうのです。

指の向きも確認しながらなぞって写し取るので、足底圧計測よりも骨の向きや足の変形を直感的に理解しやすいため、お客様にも分かりやすく説明できるかも、という意見も。

ahsi_6.jpg
マークを目印に骨と関節の位置に印をつけ角度を測ると、開張足や外反母趾、内反小趾、扁平足のレベルを詳しく計算できるのです。

6.テーピングをするべし!

ashi_7.jpg

マークした骨と関節を目印に、テーピングをほどこします。このテーピングは弱ってしまった筋肉に沿って粘着テープ貼ることでその筋肉をサポートし、回復の手助けをするというもの。その他にも、関節・筋肉・人体を保護するという役割もあります。

3つのアーチのテーピング、外反母趾テーピング、内反小趾テーピング。さらに巻き爪テーピングを学びました。

実はこの講座、今回で第3回目。私も第2回の講座を受講しましたが、見るのとやるのでは大違い! 最初はコツがつかめず苦戦しているスタッフもチラホラ。ですが最後には先生のお墨付きをいただけました。

女性スタッフからは、爪の色が良くなった! 肌の色がワントーン明るくなった! なんだか足があったかくなったような気がする……なんて声が上がりました。

実はテーピングには、血流が良くなり酸素が体の隅々にまで行きわたるようになるため、疲労回復が早まる。という効果もあるのです。爪や肌の色が良くなったのは、今まで滞っていた血流がテーピングによって改善されたためなんですね。

ashi_8.jpg

今回の講習で10名が「足のコンシェルジュ」資格を取得! 
これで社内には計27名の足のコンシェルジュが在籍していることになります。

今回桜井先生から、足のストレッチやトレーニング方法も教わりました。その方法は今後「足と靴下の豆知識」でご紹介していく予定です。


(スタッフ 片桐)


11/21(水) NHK「あさイチ」に『ケアソク』の共同研究者が出演!

「足」研究の第一人者であり『ケアソク』の開発にも携わるおふたりが、NHK「あさイチ」へ出演されます!

新潟医療福祉大学 教授の「阿部薫先生」。そして、済生会川口総合病院の医師であり足育研究会の代表でもある「高山かおる先生」の共演です。

番組内のテーマは、「靴のお悩み大解消スペシャル」。

・パンプスで足が疲れる
・ハイヒールを履くと足が痛くなるのはあたりまえ……

こんな風に思っていませんか?
そんな方に、ぜひ見ていただきたいです。

放送日時: 11月21日(水) 午前8時15分~
番組紹介のリンクはこちら!
→ NHK あさイチ 「靴のお悩み大解消スペシャル」

素敵な先生方のお人柄にもご注目ください!


abesan.jpg

阿部 薫(あべかおる)
新潟医療福祉大学 教授
靴医学、靴人間科学、運動機能解剖学、歩行分析学、義肢装具学を専門分野とする。2009年より同大学大学院にて、靴とヒトの歩行の関係を科学的に研究する「靴人間科学研究室」を主宰。足と靴の研究の第一人者として、世界各国の企業のアドバイザーや研究顧問を務める。


takayamasan.jpg

高山かおる(たかやまかおる)
足育研究会 代表
済生会川口総合病院 医師
2007年に国内大学病院では珍しい皮膚科フットケア外来の開局に携わる。フットケアの専門医としてNHK「あさイチ」など多数のテレビ番組に出演。2015年に「100歳まで自分の足で歩ける社会づくり」を目指し一般社団法人足育研究会を設立、代表を務める。


阿部薫先生、高山かおる先生のインタビューもあわせてどうぞ! 
→「ケアソクの研究開発者たち」


(スタッフ 高木)


※2018/11/22 追記:実際の放送内容に変更があり、高山先生の出演はありませんでした。