オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

コラム「足のちえぶくろ」

足のエキスパートを目指す山忠社員や
専門家たちが日々発信!
悩める足のお役立ちコラム。

ケアソクで起こった本当の変化とは? 巻き爪のお客様、その後のレポート

以前ブログの中で紹介させていただいた東京都の鶴来(つるき)様に、最近の様子を伺いました。
7年余り巻き爪でお悩みだった鶴来様。「〈ととのえる〉を履いて2週間過ごしたら巻き爪がよくなった」とお声をくださったお客様です。

201807-tsuru2shot.jpg
鶴来様ご夫妻。巻き爪でお悩みだったのは奥様です。

そのときのブログがこちら。一昨年、ご自宅に伺ったときのレポートです。
→参照記事: 【お客様のお声】7年悩んだ巻き爪がよくなりました(東京都 鶴来様)

あれから、もうすぐ2年になります。
鶴来様の爪がその後どうなっているのか気になって、再びお話を伺ってみることに……。

階段も平気! 以前よりたくさん歩けるようになりました。

鶴来様にお電話してみると、とても明るいお声が返ってきました。

「ケアソクの靴下を履いたら、歩いても疲れにくくなって本当に感謝しています。嬉しい!!
〈ととのえる〉を履く前は、万歩計の歩数が1日 数100歩だったのに、今では10000歩以上 歩ける日もあるの。以前よりもっともっと爪の状態は良くなりましたよ!」

〈ととのえる〉の使用感に、変わらずご満足いただけていることがわかり、ホッとしました。
これはぜひ爪の状態も見てみたい!

そして、お電話の後、鶴来様に送っていただいた爪の写真を見て、スタッフはさらに驚くことになるのです。

爪の変化を写真で比べてみました!

〈ととのえる〉を履き始めたころ。
↓【2018年7月ごろ】

201807-tsuru.jpg

〈ととのえる〉着用、約3か月半後。
↓【2018年10月ごろ】

201810-tsuru.jpg

そして今回。〈ととのえる〉着用、約1年8か月後の爪の状態がこちら!
↓【2020年3月】

202003-tsuru.jpg

なんと! 最初の写真と同じ足指とはとても信じられません!
〈ととのえる〉を履いて間もなく、巻いていた爪は平らに近くなっていました。さらに、分厚かった爪があきらかに薄くなっています!

一足の靴下から始まった本当の変化

鶴来様はお電話の最後に、こうおっしゃいました。
「娘ともよく出かけていて、この前は鎌倉から北鎌倉を歩いて2往復もできたのよ!」

もう感動です。
一足の靴下で人生が変わった、とまでは言い過ぎかもしれません。ですが、〈ととのえる〉を手に取られる前は、巻き爪解消のために痛い治療にも耐えていらした鶴来様。
それが〈ととのえる〉をきっかけに、歩くことが楽になり、お出かけを楽しめるようになって、ご家族との楽しい時間が増えた……これ以上ステキなことはないじゃない! と思えるのです。
これからもたくさんの楽しい思い出を作っていただけたらうれしいです。


→この記事に登場したケアソク〈ととのえる〉シリーズの詳細はこちら。
※あくまで使用感には個人差がありますのでご了承ください。


(編集スタッフ 高木)


〈ととのえる〉が履きにくいと感じている方へ

totohakikata_1.jpg

〈ととのえる〉は一般的な靴下に比べて履きにくい?

〈ととのえる〉を買ってみたものの、「履きにくくて面倒になってしまった」「そもそも履けなかった」……そんな方もいらっしゃるかもしれません。

〈ととのえる〉は、正しい足のカタチに足指を誘導し、配置するために「インナー5本指」構造になっています。
例えば、外反母趾のように変形が見られる足の方や、ハイヒールなど窮屈な靴の着用で足指が縮こまりがちな方にとって、この「インナー5本指」構造に指を入れることが大変=「履きにくい」と感じるようです。

でも、そういう方にこそあきらめずに履き続けていただきたいのです。

なぜなら〈ととのえる〉を履くたびに足指を触ること、それがエクササイズとなって足指の感覚や運動機能を取り戻すことにつながると考えるからです。
また、歩くときには指と指の間に生地を感じることで自然と足に意識が行くようになり、足指からしっかり蹴り出す歩行につながります。

なお、だんだん慣れてくると履きにくさを感じなくなる方も多いです。
下記の履き方のコツをご覧いただきながら、ぜひ挑戦してみてください。

totohakikata_7-2.JPG
靴下を裏返しにすると、インナー5本指の内部はこんな風になっています。

〈ととのえる〉をうまく履くコツ、あります。

1.まず、足を入れる前に「手」を入れてみましょう。
履く前に一度〈ととのえる〉に手を入れることによって生地が多少伸びます。またインナー5本指の感覚を確かめることができます。

totohakikata_9.JPG

2.履く前に足指をほぐしましょう。
今まで特に足を意識する習慣のなかった方は、足指を自由に動かすことが難しいかもしれません。〈ととのえる〉着用前に、まず足の指をよくほぐしましょう。足指が入れやすくなります。

totohakikata_2.jpg
1本ずつ足の指を横に広げたり、足指を分けるイメージで前後にも開きます。

3.履くときは親指から順番に確認しながら入れるか、一度全部の足指を入れてから、入れる場所が間違っていないか確認します。

totohakikata_8.JPG
指の位置が間違っている場所は、引っぱりながらずらしてみてください。

4.かかとのクッション位置を合わせたら完成です。

totohakikata_4.jpg
写真の赤い点線を表示した位置をかかとの角に合わせます。

足指が正しい位置に入っているか再び確認します。

↓正しく指が入っている状態はこのように見えます。

totohakikata_5.jpg

↓反対に、指が正しく入っていない場合です。下の写真では第2趾(人差し指)の仕切りに足指が入っていません。そのため生地が偏って余っているのがわかります。

totohakikata_6-2.jpg


いかがですか? うまく履けたでしょうか。
もし、それでもやっぱり履けないという場合は、下記のお客様相談室へお電話ください。
スタッフがお話を伺いながらアドバイスをさせていただきます。
山忠お客様相談室 0120-83-0500(通話料無料/平日9:00~18:00)

慣れないうちは履くだけで少し時間が必要かもしれません。
ですが、いつもの靴下を〈ととのえる〉に替えることで、
徐々に足の感覚が変わっていくことを体感していただけたら嬉しいです。


(スタッフ 高木) 


緊急事態宣言発出にともなうケアソクの対応について

いつも〈ケアソク〉をご利用いただきありがとうございます。

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、感染拡大により生活に影響を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

とうとう日本全国に緊急事態宣言が発出される事態となってしまいました。

ケアソク(株式会社山忠)といたしましても感染拡大防止と安全確保のため、スタッフの出社を制限し、最低限必要な人員で対応しております。

そのため、オンラインショップは平常どおり運営しておりますが、お問い合わせなどについては返信が遅れる可能性がございます。また、商品の配送業務も今のところ通常どおり出荷しておりますが、今後の状況によってはお届けが遅れる可能性も考えられます。

なお、この対応は、5月6日(水)までを予定しておりますが、状況によっては期間の延長や内容の見直しが必要となります。しばらくの間、お客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、下記のお問い合わせフォームから、もしくは「山忠お客様相談室」までご連絡くださいませ。

ケアソクお問い合わせフォーム
●山忠 お客様相談室 0120-83-0500(通話料無料)/受付時間:平日 午前9時~午後6時

・・・・・

このような状況で、私たち〈ケアソク〉にできることは何かと改めて考えました。
従来の靴下の概念を超えた「フットヘルスウェア」としての〈ケアソク〉は、靴下で足から健康にと開発が始まりました。
”いつまでも自分の足で自由に行きたいところに行けるように”という願いで作られた〈ケアソク〉。しかし、自由に行きたいところに行けない今だからこそ、家の中で、足の健康のためにケアソクの靴下ができる役割は大きいと考えています。

そして、運動不足になりがちな今、お家でできる足のエクササイズなどをお伝えすることもまた、私たちにできることのひとつ。

ケアソクのコラム「足のちえぶくろ」では、ケアソクおすすめの足のエクササイズをご紹介しています。
ひとりでもご家族でもできる、簡単なエクササイズです。スーパーボールつかみなど、ぜひご家族で一緒に楽しみながら挑戦してみてくださいね。

↓ケアソクおすすめのエクササイズはこちらからどうぞ。

足の疲れや冷えを感じたとき、運動前にもおすすめです。
→今話題の「浮き指」ってなに? ~予防改善エクササイズ編~

地道に足の筋肉を付けましょう。
→その体の不調、実は「アーチの崩れ」が原因かも?! 〜予防改善エクササイズ編〜

足指を1本1本、意識します。
→足の疲れを5分でリセット! フットケアの専門家直伝「足部ストレッチ」

スーパーボールつかみはこちら。
→すぐに疲れる足、原因は筋肉不足かも⁉ フットケアの専門家直伝「足部トレーニング」

足の機能を高めるには爪も大事。
→巻き爪の予防にも! 正しい爪の切り方講座。

おうち時間が長い今、足の大切さを意識しつつ、気分転換の時間になればうれしいです。

皆さまがご無事で健康に過ごせますように。
そして、一日も早くこの事態が終息して、気持ちよく外を歩ける日常が戻ってくるよう、ケアソクスタッフ一同、心から願っております。


数量限定! 〈ととのえる ウォーキング〉に 今年も春の限定色が登場♪

※2020/5/18 追記:
〈ととのえる ウォーキング〉2020春限定色の「ミモザ」と「ミント」はご好評につき完売いたしました。
ありがとうございました!


2020SPbanner.jpg

ぽかぽかと本格的な春の到来はすぐそこ。桜の便りが駆け足で過ぎていくようです。
待ちに待った春なのに家にこもりがち……そんな今年ですが靴下に春のやわらかい色を取り入れて、おうちでも足をととのえましょう。

今年も〈ととのえる ウォーキング〉 春の限定色のご案内です。

春の訪れを感じさせてくれるイエロー「ミモザ」

torso_mimosa.jpg
鮮やかすぎないやわらかなイエローを足元のアクセントに。

春夏にふさわしい爽やかなグリーン「ミント」

torso_mint.jpg
肌に馴染みやすく、取り入れやすいカラーリング。少しくすみ混じりのミントグリーンです。

ウォーキングなどのアクティブシーンにはもちろん、普段のお洋服にも合わせてみてくださいね。
モノトーンの洋服が多い方でも足元に明るい差し色を持ってくると、いつもの雰囲気が変わりますよ♪

tyakuyou_mimoza.jpg

tyakuyou_mint.jpg

tyakuyou_w.jpg

オンラインショップでの数量限定販売です。気になる方はお早めにご検討くださいね。

→2020春の限定色が仲間入り。〈ととのえる ウォーキング〉はコチラ!


得する靴選びのポイント! 「足のタイプ」で合う靴がちがう!?

みなさんが今履いている靴、どうやって選びましたか?

いろんな選び方があると思いますが、

①予算におさまる
②サイズが合う
③デザインが好き

だいたいこのあたりが選ぶ基準でしょうか。
でも試着したその場で歩くのって、せいぜい10歩20歩。あれこれ履き替えて面倒な思いをして選んだのに、実際使ってみたら「思ってたより足に合ってない!(泣)」ということはありませんか?

実はその原因は、靴が「つま先の形」に合っていない可能性があるのです。

「つま先の形」の3つのタイプ

靴を買うとき足の幅や甲の高さは気にしても、自分の「つま先の形」ってあまり気にしないですよね?

でも、つま先の形は千差万別。そのつま先は、大きく「エジプト型」「ギリシャ型」「スクエア型」の3タイプに分けられます。

tsumasaki.jpg

■エジプト型=日本人の約70~80%がこのタイプ。親指が一番長く、小指にいくに従い徐々に短くなっていく。 

■ギリシャ型=日本人の約25%がこのタイプ。人差し指が一番長く、つま先が三角になっているのが特徴です。

■スクエア型=日本人の約5%しかいない、とても珍しいタイプ。指の長さが5本ともほぼ一緒。

そして、タイプによって合う靴は異なります! ここが靴選びのポイントです。

エジプト型:オブリークトゥ、ラウンドトゥなど

ob.jpg

親指が一番長いエジプト型の方は、オブリークトゥ、ラウンドトゥなどのつま先が丸みを帯びている形の靴がおすすめ。

ギリシャ型:ポインテッドトゥ、アーモンドトゥなど

po.jpg

人差し指が一番長く、つま先が三角になっているギリシャ型の方は、つま先が細くなっているポインテッドトゥ、アーモンドトゥなどの先が細くなっている形の靴がぴったり。

スクエア型:スクエアトゥなど

sq.jpg
指の長さが5本ともほぼ一緒のスクエア型は、つま先が角ばった形の靴がおすすめです。


こうしてみると、自分に合う靴がだいぶ絞られます。選ぶ手間も少なくなって、「買うべき靴」が分かり、靴選びが楽になりますね。

足全体の形もそうですが、つま先の形も人によって全然違います。

みなさんも、よかったら参考にしてくださいね。


(イラスト 佐藤 / 編集スタッフ 片桐)