オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

コラム「足のちえぶくろ」

足のエキスパートを目指す山忠社員や
専門家たちが日々発信!
悩める足のお役立ちコラム。

自宅でできる! 自分でできる! フットケア実践編

加茂市健康講演会の3回目は、いよいよフットケアの実技講座。足は大切ということはわかったけれど、「じゃ何したらいいの?」がわからなければ、ただの知識。実際に自分で、自宅でできるフットケアを学びました。

今までの講演会のレポートはこちらです。
●健康講演会1回目「あなたが決める加茂市の未来」
→参照記事: みんなが気になる、認知症予防・介護予防。その効果的な方法とは!? 真剣レポート!

●健康講演会2回目「元気に歩き続けるためのフットケア~導入編~」
→参照記事: 自分の足を見てみよう! 元気に歩き続けるための足チェック実践講座

koen_3-1.jpg
健康講演会を通して足の大切さを伝えてくださるのは一般社団法人ロングライフウォーキング推進機構の山下和彦先生です。

セルフフットケアのポイント

1. 足を見て、触れて観察しよう!
2. 正しい爪切りを覚えよう!
3. 爪やすりを使ってみよう!
4. きれいに洗おう!
5. 足もスキンケアを!

1. 足をよく観察しましょう。

自分の足の状態を知らなければケアのしようがありませんよね。フットケアの第一歩は、自分の足をよく見ること。詳しくは前回のレポートをご覧ください。
→参照記事: 自分の足を見てみよう! 元気に歩き続けるための足チェック講座

2. 爪切りのポイント

【爪切りの選び方】
自分の爪を切る時には、小さめで刃があまり湾曲せずに平らになっている爪切りが扱いやすいのでおすすめします。他の人の爪を切る時にはニッパータイプが使いやすいようです。

【爪の切り方】
爪の長さは指先と同じくらい残すことを目安にします。
爪と刃は平行にして、端から少しずつ、5回くらいで切りましょう。小さい爪もなるべく数回に分けて切ります。一度でバチン!と切ってしまうと、深爪になったり、爪にひびが入って縦に割れてしまう原因にも。

koen_11.jpg
爪の端から……

koen_12.jpg
少しずつ切り進める感じで……

koen_13.jpg
最後まで爪から離さず切ります。

koen_14-2.jpg
切った爪です。こんな風に繋がらずに、途中で切れてしまっても大丈夫。「少しずつ切る」ことが大事。

3. 爪やすりを使ってみましょう。

【爪やすりの選び方】
爪やすりにはガラス製やステンレス製など様々ありますが、ガラス製の爪やすりがおすすめ。ガラス製の良さは、爪はしっかり削れるけれど、皮膚は削れないところです。
足の爪は伸びるスピードが遅いため、爪切りで形を整えた後は、週に一度くらい爪やすりで削って長さをキープするだけでも十分です。

koen_15.jpg
今回使ったガラス製の爪やすり。片面だけザラザラしています。

【爪やすりの使い方】
爪やすりを長く使えるように根本を持って、爪の端から中心に向かって一定方向に削ります。片側が終わったら反対の端からも同じように。
※往復でゴシゴシかけるのはNGです。

sashikae01.jpg
爪やすりの先端から根本まで使って巻き込むイメージで一定方向に5回くらい削る。

sashikae02.jpg
反対は、爪やすりの根本から先端に向かって滑らすように一定方向に5回くらい削る。

仕上げにやすりを縦方向に使い、面取りするように滑らかに整えて完成です。

koen_18-3.jpg
この時も下から上へ一定方向に削ります。

なお、使い終わった爪やすりはその都度ハンドソープで洗ってしっかり乾燥させましょう。雑菌をしっかり洗い流していれば、家族で同じやすりを共有しても、衛生的には問題ありません。(爪切りも同様です。)
爪やすりは消耗品です。削るのに力が必要になってきた、きれいに削れなくなってきたと感じたら新しいものに買い替えましょう。

4. 足と足爪の洗い方・拭き方

水虫の原因となる強力な白癬菌(はくせんきん)が皮膚に付着しても、24時間以内に洗い流せば感染しないと言われています。特に足指の間、足指の裏側、そして爪の周りや爪の横の溝はしっかり洗えていないことが多く、この部分から雑菌に感染することがあるので1日に1度は丁寧に洗いましょう。

今回はフットバスを使い、二人一組でお互いの足を洗ってみました。フットバスを使って足を洗う時、お湯の温度はぬるめの36℃くらい、そして両足で5分以内を目安に。温度・時間ともにこれ以上になると皮膚の乾燥につながります。

koen_3-5.jpg
他の人の足を洗う場合は、片手はかかとを支えるようにすると安定しますよ。

洗い終わったら新しいお湯で泡をしっかり洗い流し、タオルで包んで押さえます。拭くというより水分をタオルに吸わせるイメージです。ゴシゴシこすると表皮が剥けてしまうのでご注意を。足指も1本ずつ、指の間も押さえるようにしてしっかりと水気を拭き取りましょう。

koen_3-6.jpg
やさしく、しかし、水滴が残らないように拭き取ります。

5.足も爪も、しっかり保湿を。

最後は保湿クリームでしっかりスキンケアしましょう。
そして、皮膚だけでなく爪も乾燥するので、爪にも爪周りにもクリームを延ばします。ただし、足指の間や指の裏は湿りやすく、雑菌に感染しやすいため塗りません。
爪のケアをすることで、爪に栄養を運ぶ爪母(そうぼ。爪の付け根あたり)の刺激にもなり、健康な爪が生えてくる助けになります。

歩くために爪は必須です。今日から爪のケアも忘れずに。


以上、全3回の健康講演会のレポートでした。
来年も、この3回をワンクールとして、足まわりの新しい内容も追加しつつ、続けていく予定です。

koen_3-7.jpg
ケアソクの坪谷と亀山ペア。なかなかない画です。笑 足をさわってもらうのはちょっと恥ずかしいものですが、より気持ちが近づく感じがしますよ。まさに“タッチセラピー”ですね。

2019年11月27日
加茂市健康講演会 第3回「足のケアを実践」(実技講習会)

講演者:
山下 和彦氏(工学博士)
了徳寺大学 教養部 教授
たかせクリニック 地域医療研究部 部長
専門分野/生体医工学、高齢者福祉工学、発達工学、医療情報学

白倉 重樹氏(工学博士MBA)
一般社団法人ライフロングウォーキング推進機構 代表理事
株式会社Plugnauts 代表取締役
専門分野/無機材料工学、繊維材料工学、マーケティング、企業経営学


「足のちえぶくろ」でも正しい爪の切り方を紹介しています。こちらもどうぞ。
→参照記事: 巻き爪の予防にも! 正しい爪の切り方講座。


(スタッフ 高木)


自分の足を見てみよう! 元気に歩き続けるための足チェック講座

今回のレポートは、新潟県加茂市で開催された「加茂市健康講演会」の続きです。1回目は、認知症予防・介護予防のために、足が鍵であるというお話。歩行機能を維持することが健康寿命を延ばすために深い関係があることを学びました。

健康講演会1回目「あなたが決める加茂市の未来」のレポートはこちらです。
→参照記事: みんなが気になる、認知症予防・介護予防。その効果的な方法とは!? 真剣レポート!

続く2回目は、自分の足の状態を知るための足の見方を学びました。その内容をお伝えします!

koen_2-1.jpg

足が不健康なのはタイヤがパンクしている状態!?

身体を支える基本は「足」です。膝痛・腰痛で動けないという高齢者も、実は足が原因であることも。
足が健康でないことは、車にたとえればタイヤがパンクしている状態です。そんな車では長く走れませんよね。万一、パンクに気づかずそのまま走り続ければ、故障の原因になったり、ハンドルを取られて大事故を起こしかねません。
人間でいえばタイヤはまさに「足」。足の状態が他の部位にも影響を与えます。だから、足を健康に保つことが大切なのです。

まずは、自分の足をよく知ること。

自分の足の状態がわからなければケアもできません。まずは足の甲も裏側も、じっくり観察します。
タコやウオノメが見られたら、そこにできる原因を探ってみましょう。靴が足に合っていないことや歩き方が原因であれば改善する可能性があります。皮膚のターンオーバーのサイクルは約6週間ですので、自分のサイズに合う靴を選ぶ、正しい歩き方を意識するなどの習慣を変えることで変化が期待できます。(※ターンオーバーのサイクルは年齢や生活習慣により変わります)

また、乾燥してガサガサになっている部分があると感覚が伝わりにくくなり、バランス感覚が悪くなることも。ガサガサかかと対策の靴下や保湿クリームでしっかり潤いをキープしましょう。

koen_2-4.jpg
指の付け根が固くなっているのは横アーチの崩れが原因。歩くたびに一番先に当たり続けて負荷がかかり、角質化→胼胝(べんち=タコ)になってしまいます。

次に、足の爪も見てみましょう。
爪が巻いていないか、食い込んでいないか、変色はないか、ボロボロ欠けやすくなっていないかなど、爪の状態をよく観察します。

足も爪も、痛みを感じたり気になることがあるときは、我慢せず早めに皮膚科などの専門医を受診することをおすすめします。

足指はどこまで動きますか?

足の柔軟性、足指の可動域が大きいこともまた大切なことです。
足でゲンコツができますか? じゃんけんのグーを足でするイメージです。簡単そうに見えて、慣れないうちは足がなかなか言うことをきいてくれないのがわかりますよ。

koen_2-2.jpg
まるで手のような足!? 山忠直営店「足の健康専門店」の五十嵐の足です。ゴツゴツのゲンコツがはっきり見えますね。

次に、指と指の間をぐっと押してみましょう。指同士が写真のようにしっかり離れるのが理想です。

koen_2-3.jpg
片足4か所の指の間、全部を押して確認してみましょう。

いかがでしたか?
足を見る習慣をつけると、足の変化にも気がつくようになります。
次回の「フットケア講座 実践編」では、実際にご自宅でできるフットケアの方法を学びます。


2019年10月28日
加茂市健康講演会 第2回「自分の足チェック実践講座」

講演者:
山下 和彦氏(工学博士)
了徳寺大学 教養部 教授
たかせクリニック 地域医療研究部 部長
専門分野/生体医工学、高齢者福祉工学、発達工学、医療情報学

白倉 重樹氏(工学博士MBA)
一般社団法人ライフロングウォーキング推進機構 代表理事
株式会社Plugnauts 代表取締役
専門分野/無機材料工学、繊維材料工学、マーケティング、企業経営学


※加茂市健康講演会の3回目のレポートは下記リンクからご覧いただけます。

加茂市健康講演会3回目
→参照記事:自宅でできる! 自分でできる! フットケア実践編


(スタッフ 高木)



ケアソクが、トッキンマッシュと初コラボ! イベント参加レポート

TOC2019_1-2.jpg

2019年11月2日(土)、「トッキンマッシュ トークイベント2019 “THE OPEN CAMPUS”」に参戦すべく、東京の門前仲町・HYPERMIXを目指して新潟県加茂市を出発。
われらチームケアソクは、ポッドキャスト「墓場のラジオ」で一躍“時の人”となった、「#高木さん素敵」こと高木を率いて―――。

「#高木さん素敵」の誕生秘話はこちらからお聴きいただけます。
→ 墓場のラジオ 第53夜「これにて完結しますん談義」

TOC2019_2.jpg
朝4時半。初冬を迎え、まだ朝日も昇らない闇のなか、東京を目指した一行。

関越自動車道をひた走るなか、すっかり夜も明け、青空が広がる晴天に。「日ごろの行いがいいから天候に恵まれた?」なんて思ったのも束の間、首都高に入るなり大渋滞。東京の洗礼を浴びつつ、どうにか開始時間までに会場入りできました。

そもそも、なぜこのイベントに参加できたかというと。

ポッドキャストの番組「墓場のラジオ」内で、MCのシブちゃんが“最近買ってよかったモノ”として〈ととのえる ウォーキング〉を紹介してくれているという情報を聞きつけたチームケアソク。図々しくも「一緒に楽しいことができればいいですね♡」とリクエストしたところ、このようなステキなイベントに参加できることになったのです♪

きっかけになった配信はこちらからお聴きいただけます。
→ 墓場のラジオ Season.2 第11夜「最近買って良かったもの談義」

TOC2019_4.jpg

開演1時間以上も前から、人があふれ出す会場前。トッキンマッシュの人気ぶりがうかがえます。そりゃ、Apple Podcast「2019年必聴Podcast作品」に選ばれたトッキンマッシュですからね!!
お客さん同士で「久しぶりだね~!」とか、イベントスタッフがお客さんに「いつもメッセージくれる○○さん?」とか、アットホームな雰囲気がいい感じ。お母さんと息子さん(中高生くらい?)で一緒に参加の親子、ご夫婦と思われるご年配の方など、30~40代が多いけれど「世代を超えた人たちに愛されている番組(彼ら)なんだなー」と実感しました。
ケアソクのスタッフとも気軽に話してくださる方が多く、新参者なのにホームのような心地よさを感じました。皆さん、温かく迎えてくださってありがとうございました。「新潟の三条に行ってみたい」と声をかけてくれた大阪の女性の方、新潟でお待ちしていますよ♡

TOC2019_5.jpg
言っておきますけど、トッキンマッシュって、徳島で番組を作っている人たちですからね。東京でこんなにお客さんを呼べちゃうんだからスゴイ!

足の大切さの伝道師を目指して。

さてさて、今回ケアソクが何を目的に参加してきたのかというと、「足の大切さ」をたくさんの方に知っていただきたいから。
来場されたお客さんの足底圧の計測を行い、イベント3時限目「保健体育」にてケアソク理学療法士の北澤さんが「足」について講義しました。

TOC2019_6.jpg
シブちゃんの足底圧を公開計測中! あれ? オバケなのに、足があったのね?(きっとイベント仕様の仮の姿だったのさ)。笑。

【保健体育の主な内容】
・「理想的な足底圧」と「自身の足底圧」を比べてよう
・足の基本構造とアーチの役割
・大事な「足」のためにできること(足指グルグル体操、正しい靴選び、靴下も大事!)
以上をお話しさせていただきました。

講義後は足について関心を示す方が多く、ケアソクブースに立ち寄ってくださる方が次から次へ…。皆さんの足底圧画像を見ながら、理学療法士の北澤さんから個別にアドバイスさせていただきました。

TOC2019_7.jpg
靴紐の結び方を直接アドバイスする一幕も。

とっても楽しいイベントでした! そして、お客さんたちが本当にあったかかった!! またどこかで皆さんにお会いできるといいなー。
慌ただしい1日はあっという間に過ぎ、充実感に満ちあふれた思いのなか帰路につく一行なのでした。

TOC2019_8.jpg
シブちゃんを囲んで。左から、理学療法士の北澤さん、坪谷、♯高木さん素敵(高木)、シブちゃん、内藤、高橋

TOC2019_9.jpg
シブちゃんからサインもらっちゃった♡

当日のイベントの模様を動画でご覧いただけます。こちらからどうぞ!
→ トッキンマッシュ トークイベント2019 “THE OPEN CAMPUS”

MCのシブちゃんとノブちゃんの足底圧計測結果は、後日公開します。お楽しみに~♪

(スタッフ 内藤)



足を守ることは健康を守ること。「第1回 足の番人サミット」が開催されました。

近ごろ、「足のこと」がメディアで取り上げられる回数がますます多くなったと思いませんか? 足への関心が着実に高まっていると感じます。
そんな中、足を守ることは健康を守ること、という考えのもと「一般社団法人 足の番人」が設立されました。

足の番人とは?

足の番人の代表である菊池守理事長は、日本初の足の総合病院「下北沢病院」の院長先生でもいらっしゃいます。
足病やフットケアへの関心が高まる中、病院やクリニックだけでは地域の足を守ることができないと考え、足の番人が主催するセミナーなどを通じて、足を守るために必要な知識、正しい情報を発信しています。
会員の中には、医師・看護師などの医療従事者だけでなく、セラピスト・義肢装具士・シューフィッター・介護関係の方など、日々現場で足と向き合っている方が多数参加しています。

記念すべき「第1回 足の番人サミット」

10月6日に開催された第1回目の足の番人サミットは満員御礼で終了。セミナーは専門的な内容でもありましたが、菊池理事長はまず「ポイントは自分の足をさわること!」とお話されていました。
やはり、フットケアの基本は足を意識することからなのですね。

また、菊池理事長著「100歳までスタスタ歩ける足のつくり方」の出版記念講演もありました。筆者も拝読しましたが、いつまでも自分の足で歩けることがいかに大事なことか、そして、そのためにできるスタスタ体操などがわかりやすく紹介されています。
菊地理事長のお言葉「安心してください。足は『若返らせる』ことができます。」にはとても勇気づけられます。ぜひチェックしてみてくださいね。

『足の専門医が教える 100歳までスタスタ歩ける足のつくり方』 
(発行所 株式会社アスコム)

ケアソクはブース出展もさせていただきました。展示企業のプレゼンタイムでは、営業の亀山が「ケアソク ととのえる」のPRを。発表終了後にはケアソクブースに黒山の人だかりが!
お立ち寄りくださった皆様、本当にありがとうございました。

20191006_bannin4.jpg

「足あるある川柳」の大賞発表!

事前募集でなんと約1000人の応募があった「足あるある川柳大会」、その大賞発表が! 山忠もプレゼント提供をいたしまして、選考にも参加させていただきました。

~山忠賞~
福島県 お酢さま
「口堅く 足とアタマは 柔らかく」 

お酢さま、おめでとうございます! お贈りした山忠の賞品であたたかく、この冬を乗り切っていただけたらうれしいです。

最後は参加者全員で記念撮影。とても充実した一日でした!

20191006_bannin1.jpg
最前列の真ん中が菊池理事長です。(カメヤマをさがせ!)

第1回 足の番人サミット
会期:2019年10月6日(日)
会場:昭和女子大学8号館6階オーロラホール

活動報告なども掲載された「足の番人」公式サイトはこちらからどうぞ。

「足の番人」 Facebookはこちらから。


今回のおまけ。
実は筆者もはりきって応募していたのです。「足あるある川柳」に。
結果は残念ながら……でしたが、悔しいのでここで披露させていただきます!

「砂浜を 歩いて足の 声を聴く」  

一日海岸を歩きながら生まれた渾身の一句。やっぱりいまいちでした? 笑
砂浜をハダシで歩いていると、足裏の感覚が研ぎ澄まされる感じがしませんか。砂や小石や貝殻やいろんな感触を感じられて、なんとも気持ちがいいですよ~という感じを表現してみたのですが……。
次回の足あるある川柳大会(あれば)に備えて、またネタを仕込んでおきたいと思います!

20191006_bannin3.jpg
遠くに粟島を望む海岸で一句。外反母趾気味の足……。

(スタッフ 高木)


【新シリーズ】冷えのお悩みを解消したい! ケアソク〈あたためる〉デビュー!

ata_long_01.jpg

骨格や足のバランスを「ととのえる」、皮膚を「うるおす」、下肢(脚部)を「あたためる」。
ケアソクはこの3つを、足を健康に保つために大切なことと考え、これらをベースに商品開発を行っています。
この度〈ととのえる〉〈うるおす〉に続き、3本目の柱である〈あたためる〉シリーズが発売になりました。

→〈あたためる おうちロング〉オンラインショップはコチラ!

「冷えは万病のもと」

非常に多くの方が悩んでいる「冷え」。東洋医学では「未病」と位置付けられ、お灸や漢方の処方などで改善を促されますが、西洋医学では「冷え」は病気ではなく治療対象になりにくいのが現状です。だからといって、冷えを放置していると身体にさまざまな影響が出ることは実感としてあるのではないでしょうか。

特に足は身体の中で末端に位置しているため血液が行きわたりにくく、特に冷えやすい部位と言われています。足が冷えることで全身の血液循環も悪くなり、不眠や便秘の原因に。また寒いときは自然と全身に力が入って固くなるために「肩が凝った」なんて経験もあると思います。
冷え対策には暖房器具や着るものなどいろいろありますが、まずは生活の中で積極的に足をあたためることが大切です。

足の冷えに科学的アプローチ

ata_long_10.jpg

循環障害の臨床に20年以上も携わっている東都大学学長の中條俊夫医師監修の〈あたためる〉シリーズ。
カイロや湯たんぽのように外部の熱に頼るのではなく〈あたためる〉の着用で足本来の熱を逃さず保護することで内側から身体をあたためていく。〈あたためる〉は自然治癒力を生かすアプローチと言えます。

→読んで納得! 中條先生が足をあたためることの重要性を語る舞台裏インタビューはコチラ:ケアソク研究開発者インタビュー「中條俊夫医師」

そして〈あたためる〉には、一般的な靴下と比較して保温効果が長時間持続するという科学的エビデンスがあります。

ata_long_11thermo.jpg
ata_long_13MRA.jpg
図:高機能靴下装用に伴う保温効果の比較試験データ。検査機関:東海大学工学部 15分間の温浴(39℃)を実施後、120分後にくつ下を脱いで撮影。※計測結果には個人差があります。

・冬は常に足が冷えている
・感覚がなくなるほど足が冷たくなる
・足が冷たくてなかなか寝つけない
・足用のカイロが手放せない
・何を履いてもあたたまらない

……そんなつらい冷えにお悩みの方は、ぜひお試しください。

足がよろこぶあたたかさを追求

1足編むのにセーター2着分の糸を使用した独自の二重パイル構造が、冷たい外気を遮断し足本来の熱を逃がしません。(特許取得第5044748号)
ふくらはぎは足の血流循環に重要な機能を備える第二の心臓と言われています。このふくらはぎの筋肉(腓腹筋)をすっぽり包み込み、収縮運動をサポートして足をあたためます。
そして吸湿発散性と保温力に優れた独自開発の素材で、これだけあたたかいのにムレにくく快適な履き心地。

ata_long_12.jpg
左が一般的な靴下、右が〈あたためる おうちロング〉。厚みなんと約2cmの極厚編地! もう「足のセーター」と言ってしまってもいいくらい。

暖かいお部屋の中でも、暖気は上に溜まるため意外と足元は冷えているもの。

・朝、寒くてなかなかお布団から出られない
・足が冷えてストーブの前から動きたくない
・こたつから出られい
・冷えがつらくて家事がますます億劫……

などなど、そんな場合でもこの〈あたためる〉を履くだけで、冷えを気にせずさっと動けますよ。フローリングの冷たさも全く気にならず、まるでふかふかのじゅうたんの上を歩いているよう。上着が1枚減る感じです。
寒くても家事は休めませんよね。冷えにお悩みの方へのプレゼントにもいかがでしょうか?

ata_long_06.jpg
足の裏側にはすべり止めが付いています。滑って転ばないようにと気をつかって歩かなくても大丈夫!

つま先に入ったラインがポイント。おうち時間にぴったりな落ち着いた優しい色合いです。

ata_long_08.jpg
写真左から、エンジ(×ベージュ)、ベージュ(×エンジ)、グレー(×ベージュ)、モスグリーン(×ベージュ)

毎年冬は冷えがつらいと憂鬱になっていた方も、今年は〈あたためる おうちロング〉で快適にお過ごしいただけますように。

〈あたためる おうちロング〉
【対応サイズ/価格】 
・22~25cm/5,280円(税込)

【カラー】
エンジ(×ベージュ)、ベージュ(×エンジ)、グレー(×ベージュ)、モスグリーン(×ベージュ)

→新シリーズ〈あたためる おうちロング〉のオンラインショップはコチラ!

(スタッフ 高木)