オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

コラム「足のちえぶくろ」

足のエキスパートを目指す山忠社員や
専門家たちが日々発信!
悩める足のお役立ちコラム。

足を守ることは健康を守ること。「第1回 足の番人サミット」が開催されました。

近ごろ、「足のこと」がメディアで取り上げられる回数がますます多くなったと思いませんか? 足への関心が着実に高まっていると感じます。
そんな中、足を守ることは健康を守ること、という考えのもと「一般社団法人 足の番人」が設立されました。

足の番人とは?

足の番人の代表である菊池守理事長は、日本初の足の総合病院「下北沢病院」の院長先生でもいらっしゃいます。
足病やフットケアへの関心が高まる中、病院やクリニックだけでは地域の足を守ることができないと考え、足の番人が主催するセミナーなどを通じて、足を守るために必要な知識、正しい情報を発信しています。
会員の中には、医師・看護師などの医療従事者だけでなく、セラピスト・義肢装具士・シューフィッター・介護関係の方など、日々現場で足と向き合っている方が多数参加しています。

記念すべき「第1回 足の番人サミット」

10月6日に開催された第1回目の足の番人サミットは満員御礼で終了。セミナーは専門的な内容でもありましたが、菊池理事長はまず「ポイントは自分の足をさわること!」とお話されていました。
やはり、フットケアの基本は足を意識することからなのですね。

また、菊池理事長著「100歳までスタスタ歩ける足のつくり方」の出版記念講演もありました。筆者も拝読しましたが、いつまでも自分の足で歩けることがいかに大事なことか、そして、そのためにできるスタスタ体操などがわかりやすく紹介されています。
菊地理事長のお言葉「安心してください。足は『若返らせる』ことができます。」にはとても勇気づけられます。ぜひチェックしてみてくださいね。

『足の専門医が教える 100歳までスタスタ歩ける足のつくり方』 
(発行所 株式会社アスコム)

ケアソクはブース出展もさせていただきました。展示企業のプレゼンタイムでは、営業の亀山が「ケアソク ととのえる」のPRを。発表終了後にはケアソクブースに黒山の人だかりが!
お立ち寄りくださった皆様、本当にありがとうございました。

20191006_bannin4.jpg

「足あるある川柳」の大賞発表!

事前募集でなんと約1000人の応募があった「足あるある川柳大会」、その大賞発表が! 山忠もプレゼント提供をいたしまして、選考にも参加させていただきました。

~山忠賞~
福島県 お酢さま
「口堅く 足とアタマは 柔らかく」 

お酢さま、おめでとうございます! お贈りした山忠の賞品であたたかく、この冬を乗り切っていただけたらうれしいです。

最後は参加者全員で記念撮影。とても充実した一日でした!

20191006_bannin1.jpg
最前列の真ん中が菊池理事長です。(カメヤマをさがせ!)

第1回 足の番人サミット
会期:2019年10月6日(日)
会場:昭和女子大学8号館6階オーロラホール

活動報告なども掲載された「足の番人」公式サイトはこちらからどうぞ。

「足の番人」 Facebookはこちらから。


今回のおまけ。
実は筆者もはりきって応募していたのです。「足あるある川柳」に。
結果は残念ながら……でしたが、悔しいのでここで披露させていただきます!

「砂浜を 歩いて足の 声を聴く」  

一日海岸を歩きながら生まれた渾身の一句。やっぱりいまいちでした? 笑
砂浜をハダシで歩いていると、足裏の感覚が研ぎ澄まされる感じがしませんか。砂や小石や貝殻やいろんな感触を感じられて、なんとも気持ちがいいですよ~という感じを表現してみたのですが……。
次回の足あるある川柳大会(あれば)に備えて、またネタを仕込んでおきたいと思います!

20191006_bannin3.jpg
遠くに粟島を望む海岸で一句。外反母趾気味の足……。

(スタッフ 高木)


【新シリーズ】冷えのお悩みを解消したい! ケアソク〈あたためる〉デビュー!

ata_long_01.jpg

骨格や足のバランスを「ととのえる」、皮膚を「うるおす」、下肢(脚部)を「あたためる」。
ケアソクはこの3つを、足を健康に保つために大切なことと考え、これらをベースに商品開発を行っています。
この度〈ととのえる〉〈うるおす〉に続き、3本目の柱である〈あたためる〉シリーズが発売になりました。

→〈あたためる おうちロング〉オンラインショップはコチラ!

「冷えは万病のもと」

非常に多くの方が悩んでいる「冷え」。東洋医学では「未病」と位置付けられ、お灸や漢方の処方などで改善を促されますが、西洋医学では「冷え」は病気ではなく治療対象になりにくいのが現状です。だからといって、冷えを放置していると身体にさまざまな影響が出ることは実感としてあるのではないでしょうか。

特に足は身体の中で末端に位置しているため血液が行きわたりにくく、特に冷えやすい部位と言われています。足が冷えることで全身の血液循環も悪くなり、不眠や便秘の原因に。また寒いときは自然と全身に力が入って固くなるために「肩が凝った」なんて経験もあると思います。
冷え対策には暖房器具や着るものなどいろいろありますが、まずは生活の中で積極的に足をあたためることが大切です。

足の冷えに科学的アプローチ

ata_long_10.jpg

循環障害の臨床に20年以上も携わっている東都大学学長の中條俊夫医師監修の〈あたためる〉シリーズ。
カイロや湯たんぽのように外部の熱に頼るのではなく〈あたためる〉の着用で足本来の熱を逃さず保護することで内側から身体をあたためていく。〈あたためる〉は自然治癒力を生かすアプローチと言えます。

→読んで納得! 中條先生が足をあたためることの重要性を語る舞台裏インタビューはコチラ:ケアソク研究開発者インタビュー「中條俊夫医師」

そして〈あたためる〉には、一般的な靴下と比較して保温効果が長時間持続するという科学的エビデンスがあります。

ata_long_11thermo.jpg
ata_long_13MRA.jpg
図:高機能靴下装用に伴う保温効果の比較試験データ。検査機関:東海大学工学部 15分間の温浴(39℃)を実施後、120分後にくつ下を脱いで撮影。※計測結果には個人差があります。

・冬は常に足が冷えている
・感覚がなくなるほど足が冷たくなる
・足が冷たくてなかなか寝つけない
・足用のカイロが手放せない
・何を履いてもあたたまらない

……そんなつらい冷えにお悩みの方は、ぜひお試しください。

足がよろこぶあたたかさを追求

1足編むのにセーター2着分の糸を使用した独自の二重パイル構造が、冷たい外気を遮断し足本来の熱を逃がしません。(特許取得第5044748号)
ふくらはぎは足の血流循環に重要な機能を備える第二の心臓と言われています。このふくらはぎの筋肉(腓腹筋)をすっぽり包み込み、収縮運動をサポートして足をあたためます。
そして吸湿発散性と保温力に優れた独自開発の素材で、これだけあたたかいのにムレにくく快適な履き心地。

ata_long_12.jpg
左が一般的な靴下、右が〈あたためる おうちロング〉。厚みなんと約2cmの極厚編地! もう「足のセーター」と言ってしまってもいいくらい。

暖かいお部屋の中でも、暖気は上に溜まるため意外と足元は冷えているもの。

・朝、寒くてなかなかお布団から出られない
・足が冷えてストーブの前から動きたくない
・こたつから出られい
・冷えがつらくて家事がますます億劫……

などなど、そんな場合でもこの〈あたためる〉を履くだけで、冷えを気にせずさっと動けますよ。フローリングの冷たさも全く気にならず、まるでふかふかのじゅうたんの上を歩いているよう。上着が1枚減る感じです。
寒くても家事は休めませんよね。冷えにお悩みの方へのプレゼントにもいかがでしょうか?

ata_long_06.jpg
足の裏側にはすべり止めが付いています。滑って転ばないようにと気をつかって歩かなくても大丈夫!

つま先に入ったラインがポイント。おうち時間にぴったりな落ち着いた優しい色合いです。

ata_long_08.jpg
写真左から、エンジ(×ベージュ)、ベージュ(×エンジ)、グレー(×ベージュ)、モスグリーン(×ベージュ)

毎年冬は冷えがつらいと憂鬱になっていた方も、今年は〈あたためる おうちロング〉で快適にお過ごしいただけますように。

〈あたためる おうちロング〉
【対応サイズ/価格】 
・22~25cm/5,280円(税込)

【カラー】
エンジ(×ベージュ)、ベージュ(×エンジ)、グレー(×ベージュ)、モスグリーン(×ベージュ)

→新シリーズ〈あたためる おうちロング〉のオンラインショップはコチラ!

(スタッフ 高木)



ブーツ蒸れの季節! 相談しにくい「足のニオイ」問題。

日に日に寒くなっていますね。足元も冬の装いになってきました。
この季節、男女問わず密かに悩んでいる人が多いのが「足のニオイ」。
「ブーツが脱げない!」
と不安に思っている方が少なくないようです。今回はそんな足のニオイについて掘り下げます。

足のニオイは寒いときこそ要注意!?

蒸し暑い夏場は足にもたくさん汗をかくので靴の中はにおいそうですが、サンダルなどであれば蒸発が早いため意外と気にならないもの。実は寒い季節のほうが「足のニオイ」には要注意なのです。
保温性の高い靴下やタイツの着用に加えて、さらに気密性の高いブーツなどを履くと、靴の中の湿度はどんどん上がってしまいます。それがにおいの原因に……!!

なぜ足がにおうのか?

もともと足には常在菌が存在しているのですが、雑菌が皮脂や古くなった角質を分解するときに「イソ吉草酸(イソキッソウサン)」が発生します。これがにおいの原因。
雑菌は「温度」と「湿度」と「栄養」の三拍子が揃ったときに繁殖しやすくなります。
・あたたかくて、
・湿っていて、
・エサ(皮脂、角質など)がある。

そう、靴を履いているときの足は、雑菌にとってまさにパラダイス!

mure01.jpg
「このお店、靴脱ぐの!?」……思いがけず靴を脱がなきゃいけないシチュエーションに、ヒヤっとしたことありませんか??

雑菌を増やさないためには。

雑菌をなくすことはできませんが、雑菌が繁殖しにくい環境を作ることはできます!
その際、足だけをきれいにしても、靴や靴下に雑菌が残ったままでは同じこと。足、靴、靴下、まとめてお手入れ習慣を見直しましょう。


1. 1日1度はしっかり足を洗う。
例えば水虫の原因となる強力な「白癬菌」が皮膚に付着しても、24時間以内にきれいに洗えれば感染しないと言われています。1日に1度はしっかり洗って雑菌を流しましょう。
洗う時には石けんを泡立てて、足裏はもちろん足指の股には指を入れて、爪の周りは小さめのブラシ(歯ブラシでも代用可)を使ってよく洗ってください。

araikata_thumbnail.jpg

詳しい足の洗い方を紹介しています。
→「ニオイも気になる季節! 足の洗い方、大丈夫?」はこちらから。

2. 靴を湿ったままにしないこと。
湿気がこもったままの靴は雑菌にとって居心地のよい場所。定期的に「陰干し」をして風を通し、しっかり乾燥させましょう。お天気のいい日には天日干ししたいところですが、紫外線によって革や生地が傷んだりする恐れがあるため、陰干しがおすすめです。
または靴用の乾燥器を使う方法も。それなら毎日、脱いだ後に湿気を取り除くことができますよ。

mure02.jpg


3. 汗対策には先丸靴下よりも、5本指の靴下がおすすめ。
先が丸くなっている通常の靴下では足指同士がくっつき、指の間に汗がたまりやすいので、指1本1本を包む5本指の靴下がおすすめです。
インナー5本指構造の〈ケアソク ととのえる〉なら、汗をしっかり吸い取って1日中快適に過ごせますよ。

基本の一足、あらゆるシーンに!
→〈ととのえる ベーシック〉の商品情報はコチラ!

散歩や運動、アクティブシーンに!
→〈ととのえる ウォーキング〉の商品情報はコチラ!

いかがでしたか?
いつもの習慣をちょっと見直すことで、足のトラブルを防ぐことができます。好きなブーツもガマンせず、冬のおしゃれを楽しんでくださいね。


(監修 理学療法士 北澤友子) 
(編集スタッフ 高木) 


「ケアソク」は、浮き指の予防・緩和に役立つフットヘルスウェアです。
足の専門家と共同開発し、科学的なエビデンスのある “新しい概念の靴下” をぜひお試しください。
mame1_totobanner.jpg
普段の靴下をケアソクに代えるだけ。浮き指に不安がある方は、まずはぜひ履いてみてください。

→ケアソク〈ととのえる〉シリーズの詳細はコチラ!


「ケアソクってなに?」という方は、まずこちらのマンガを。
ドラマ化もされた大ヒット作品、「うつヌケ」の作者・田中圭一氏が、ケアソクと足の世界をじっくり描いた大作です!
→マンガでわかる! 足の世界『あしたの、足に。』
mame3_totomanga.jpg



【本日発売!】うっとりなめらかな履き心地。〈うるおす〉のストレスフリータイプが登場です。

uru_relax01.jpg

「半信半疑で試してみたら、ほんとにかかとがツルツルになった!」「履いて数時間でしっとりです!」という喜びのお声を多数いただいている〈うるおす かかとカバー〉。
この度〈うるおす〉シリーズに、かかとをしっとりと潤しながらストレスフリーな履き心地の〈うるおす リラックス〉が仲間入り♪

→〈うるおす リラックス〉オンラインショップはコチラ!

uru_relax06.jpg

済生会川口総合病院 医師 高山かおる先生監修の〈うるおす リラックス〉。
かかとが乾燥する要因のひとつに、リンパが滞ることで皮膚のターンオーバーを妨げることがあります。そこで、かかとの保湿効果は損なうことなく、皮膚をしめつけず優しくタッチするような感覚の靴下を作りました。
ストレスフリーとはいえ、ゆるすぎる=脱げやすいのでは本末転倒。ストレスフリーと保湿力の共存を目指して完成したのが〈うるおす リラックス〉なのです。

→読んで納得!こだわりの制作舞台裏インタビューはコチラ:ケアソク研究開発者インタビュー「高山かおる医師」

ケアソクの〈うるおす〉は、「かかとの乾燥」に対して効果を実証した科学的エビデンスがあります。〈うるおす リラックス〉では普通の靴下の着用に比べ、かかとの角質水分量が6時間で約3倍に! 足本来の水分を逃さず皮膚を潤します。
忙しくてお手入れの時間がない方や面倒なケアは続かないという方にこそ! 保湿クリーム不要の「履くだけで」できるお手軽かかとケア、ぜひお試しください♪

uru_relax05-base.png
グラフ:一般的な靴下とのかかと角質水分量の比較試験データ(被験者20名の平均値・着用前を100%とした場合) 検査機関:武庫川女子大学看護学部 ※計測結果には個人差があります

〈うるおす リラックス〉は履いた瞬間ふわっとしたやさしいあたたかさに包まれます。お風呂あがりに履いていただければ、しっとり感はもちろん、じんわりとしたあたたかさもキープできますよ。足が冷えてなかなか寝付けないという方にもおすすめです。

uru_relax04.jpg
潤い成分のスクワランオイルとアロエエキスが練り込まれた糸で、うっとりなめらかな肌ざわり。

生地のやさしい風合いを生かした5色のベーシックなカラーを揃えました。つま先に入った色違いのラインがポイント。このラインはつま先縫いの部分ですが、あえて縫い目を外側にすることでつま先のごろつき感を解消。この点もストレスフリーな作りになっています。

uru_relax02.jpg
写真左から、アイボリー、ミストブルー、ライトグレー、モカ、ブラック

あまりピンと来ないかもしれませんが、実は男性でもかかとの乾燥に悩んでいる方が少なくありません。大きいサイズは12月ごろに発売予定ですので、もうしばらくお待ちくださいね。

uru_relax03.jpg

寒くなるにつれ、ますます乾燥が気になる季節に。リラックスタイムに、普段の靴下としてもぜひご愛用ください。

〈うるおす リラックス〉
【サイズ/価格】 
・22~25cm/2,200円(税込)
・25~27cm/2,310円(税込) 
※25~27cmは12月ごろオンラインショップに登場します。

【カラー】
アイボリー、ミストブルー、ライトグレー、モカ、ブラック

→新発売の〈うるおす リラックス〉オンラインショップはコチラ!

→集中保湿したい方には〈うるおす かかとカバー〉もございます。


(スタッフ 高木)



ケアソクチームが保健体育の先生に!? トッキンマッシュさんのトークイベントにお邪魔しまーす♪

20191102_OPENCAMPUS.jpg

トッキンマッシュ主催のトークイベントにケアソクが参加します! 
「2019 iTunesカテゴリ総合1位」「2019 iTunesコメディカテゴリ1位」を獲得したトッキンマッシュさん。以前ポッドキャストの番組「墓場のラジオ」内で、MCのシブちゃんが“最近買ってよかったモノ”として「ととのえる」を紹介いただいたご縁から、今回のコラボが決定! 会場ではご来場者を対象に足の計測を企画しています。

トッキンマッシュ トークイベント2019 "THE OPEN CAMPUS"
日時:2019年11月2日(土)
場所:HYPERMIX(東京・門前仲町)

イベント特設サイトはこちら
※入場にはチケットが必要となります。昼の部は定員に達しました。

20191102_OPENCAMPUS2.jpg

イベントでは3時間目の保健体育の授業(?)でケアソクが登壇いたします!
『ケアソク Presents〜墓場のふたりと学ぶ、足!? の授業〜』

今回のようなコラボイベントは初めてのケアソクチーム。果たして計画どおりにコトが運ぶのか? 
MCのシブちゃん、ノブちゃんとスムーズに絡めるのか!?
当日の模様は後日この場で報告させていただきます! お楽しみに~♪


ちなみに「ケアソク」をはじめて紹介していただいた回はこちらからお聴きいただけます。
墓場のラジオ Season.2
第11夜「最近買って良かったもの談義」

20191102_hakaba11.jpg
なんと! 番組イラストのシブちゃんが履いているのは「ケアソク ととのえる」!

そして、つい先日の回ではオープンキャンパス参加に至るまでのやりとりなども紹介していただいています!
墓場のラジオ Season.2
第53夜「これにて完結しますん談義」

ぜひ聴いてみてくださいね。

(スタッフ 高木)