オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

コラム「足のちえぶくろ」

足のエキスパートを目指す山忠社員や
専門家たちが日々発信!
悩める足のお役立ちコラム。

「美ST」と「週刊女性」にケアソクが掲載されました!

春の陽気が心地よいこの頃、サンダルの季節も目前! メディアでは「自信をもって見せられる足になる!」ための特集が組まれています。
その中で「ケアソク」を取り上げていただいている雑誌を紹介しますね。ぜひご覧ください♪

BeST201906.jpg

●美ST(美スト) 6月号/150ページ
「はくだけで潤う最高に楽ちんなかかとケア」として、「うるおす<かかとカバー>」が紹介されています。
ケアする時間がなくても大丈夫! クリーム不要、角質を削ることもしない、まさに楽ちんケア。サンダル履きになる前につるつるかかとのご準備を♪

→「うるおす<かかとカバー>」の商品情報はコチラ!

●週刊女性 4月16日号/19ページ
「春の魅せ足 徹底ケア」特集の中で、「ととのえる<ウォーキング>」が紹介されました。
この特集では、フットケアスペシャリスト/スポーツ医学博士であり、そして山忠の「足のコンシェルジュ養成講座」の講師をしていただいている桜井祐子先生が、足のケアからおすすめの足ケアグッズまで紹介されています。必見です!

→「ととのえる<ウォーキング>」の商品情報はコチラ!

(スタッフ 高木)


ケアソクを贈り物に! ギフトラッピング対応始まりました!

お待たせいたしました! ケアソクのギフトラッピングが始まりました!

ラッピングペーパーは、ケアソクのロゴがドットで描かれたオリジナルデザイン。クラフト紙を使ったナチュラルな雰囲気です。

w1.jpg

w2.jpg

そして、リボンシールにはwebサイトでおなじみのかわいいネコちゃんが!

―ウォーキングが日課のあの方に
―新社会人になった息子さんに
―旅行好きなご両親に
―コスメマニアのお友達に
―かかとクリームが手放せないお母様に
みなさまの大切な方へ「ケアソク」の贈り物はいかがでしょうか。

ケアソクギフトページはこちら


(スタッフ 片桐)


今や「整形靴」もオシャレ重視にシフト! 第15回 IVO学会にて。

「デザイン&パフォーマンス/履きたくなる整形靴」と題した今年のIVO学会(日本整形靴技術協会学術大会)。医療関係者、医療の現場により近い靴職人の方や、義肢装具士、フットケア関係の方などが参加されました。

ケアソク共同研究者 阿部薫教授が「ととのえる」について研究発表

山忠の症例報告として新潟医療福祉大学の阿部薫教授が演台に立ちました。

IVO01.jpg

発表内容は、「巻き爪の改善事例」。

巻き爪に悩む70代女性が『ケアソク<ととのえる>』を履いて巻き爪が緩和した症例について、さらに検証研究を行った結果です。
巻き爪の原因のひとつと言われる浮き指。この検証研究では、<ととのえる>を履くことで足指の接地面積が大きくなり、接地する足指の本数も増えることが確認されました。結論として、浮き指を抑制するために巻き爪が改善したと考えられる、との内容でした。

靴下一枚で症状が緩和したという事例に、講演の休憩時間には「もっと話を聞きたい」「実物を見たい」というたくさんの医療関係者の方々がケアソクブースにお越しくださいました。

整形靴も、機能性とオシャレを両立する時代

ところで、今まで学会の参加者といえば男性ばかりが目立つ印象、それが今回はちょっと違うところがありました。
というのも、今回は「整形靴の機能性とオシャレの両立」がテーマ。中でも「芝生の上を歩くような心地良さ」をモットーに靴づくりをされているSAKIAS(サキアス)瀧見サキさんの特別講演には、多くの女性が参加されていました。靴づくりに携わるみなさんにとって、瀧見さんはあこがれの存在のようです。

「痛いけどかわいいからガマンして履くハイヒール」
「かわいくないけど足にいいから履くコンフォートシューズ」
今まではそんな風に思っていましたが、そのイメージが変わってきていることを感じました。

「足によくて、しかも素敵な靴が選べる」
そんな時代にシフトしてきているのかもしれません。

時代の流れを感じた今回のIVO学会、来年は福岡で開催予定です。

阿部薫教授の検証研究のきっかけとなった巻き爪に関する症例紹介は、こちらからどうぞ。
→ 【お客様のお声】7年悩んだ巻き爪がよくなりました(東京都 鶴来様)


(スタッフ 高木)


【新発売!】 <ととのえる ウォーキング>に 春の限定色が登場!

forFB.jpg

早春の気分にぴったりな<ととのえる ウォーキング> 春の限定色のご案内です!
ウォーキングにはもちろん、お花見や旅行のお供にもいかがですか?

春の気分にぴったりの絶妙ピンク 「サクラ」

totow_sakura.jpg

肌なじみ抜群のニュアンスグリーン 「ワサビ」

totow_wasabi.jpg

オンラインショップ限定&数量限定です。気になる方はお早めにどうぞ!

→春の限定色が加わった<ととのえる>はコチラ!


(スタッフ 高木)


 


母娘で「ケアソク生活」♪ (東京都 小笠原様)

ケアソクユーザーのお客様から、嬉しいメールをいただきました。

東京でヨガインストラクターをしていらっしゃる小笠原様。中学2年生のお嬢様とともに『ケアソク』をお履きいただき、感想をお寄せくださいました。

母娘それぞれ違う足の悩みが、「ケアソク生活」で一変。

以下、小笠原様のメールより。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

期待に胸を膨らませながら使用させていただきました!

目的は、私のかかとのガサガサを解消したいこと。
そして、娘の扁平足が少しでも緩和したらいいな、ということです。

商品を手に取り、まずはその生地のやさしさに嬉しさを感じました。さらに足裏に施されている“CARE:SOKU”の文字のかわいらしさ、素敵です。

早速私たちは「ケアソク生活」を始めました。

vende03.jpg
左:お嬢様が<ととのえる>、右:小笠原様が<うるおす>をそれぞれ愛用くださっています。

まずは私の『うるおす』体験から。

御社のサイトに“早い方は1日で実感がある”というような言葉がありましたが、私も! 朝つけてその日の夜にはなめらかに潤っているかかとに目が見開くほど驚きました! すごいです! 鬼の洗濯板のようだったかかとが、まるで赤ちゃんのようなかわいらしさに! 気づいたら何度も何度も触っているくらい潤っていました。

基本、家にいる間はずっと履いていて、昼間出かけるときには脱いでいました。(靴下2枚履いていたらブーツが履けなかったため……) はじめのうちは「うるおす」を履いていない昼間はガサガサしていました。

でも、1週間ほど続けていくと、昼間もきれいなかかとになっていてびっくり! ガサガサが、カサカサ、そしてほとんど白い乾燥肌はわからないほどきれいになっています! 驚きです! そしてとても嬉しいです!

次は、『ととのえる』の感想です。

私の中学2年生の娘は両足ともに扁平足で、何度も足のトラブルで整骨院にお世話になり、満足に部活もできなくて悩んでいました。(ちなみにバレー部です)

早速「ととのえる」を履いた瞬間、わずかに土踏まずのアーチができていることに娘ともども驚きです!

同じく、家にいる間はずっと「ととのえる」を履いています。
本当は学校にも履いて行きたいと言っていますが、校則で『靴下は白、くるぶしより上のもの』と決まっているため履いていけないらしいです。

娘いわく、「履いたときの指の間が気持ちいい」とのこと。さらさらしてるしフィットするようです。

こちらも約2週間履き続けています。少しずつ足裏の筋力がついてきているのか、前よりも土踏まずにわずかな隙間ができています。今後の期待度はかなり高いです!

なるべく土日で外に出かけるときには「ととのえる」を履いて、少しずつ健康な足裏になってくれたらいいな、と思っています。

そんな体験をしながら、わたしの両親にもプレゼントしようかなーと考えています。

わたしは、この「ケアソク」を知れたことがとてもうれしく、家族の健康に頼れる存在として最高の出会いだと思っています。

ありがとうございました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

小笠原様、ありがとうございます!
母娘(おやこ)での「ケアソク生活」、ステキですね。おふたりともケアソクの効果を実感していただけて本当に嬉しく思います。

ところで、やはり学校では「白いソックス」が定番ですよね。服装規定のある学校や病院などの職場でも履いていただける、丈長でホワイトカラーの<ととのえる>は現在開発中です。ぜひご期待ください!


(スタッフ 高木)