オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

コラム「足のちえぶくろ」

足のエキスパートを目指す山忠社員や
専門家たちが日々発信!
悩める足のお役立ちコラム。

メイドイン加茂を守る〈ケアソク〉のこだわり ~ととのえる編~

kodawari01.jpg

〈ケアソク〉は、新潟県加茂市で靴下一筋60余年の会社、株式会社山忠で生まれました。
足の専門家との共同研究で、商品開発担当者と靴下技師が何度も試作を重ね、効果検証を経てようやく完成したのは「履くだけで足を健康な状態に導く靴下」。
私たちはこれを、靴下の概念を超えた「フットヘルスウェア」と位置付けました。

メイドイン加茂を守る理由

生産は海外でというブランドが多い昨今ですが、〈ケアソク〉は山忠本社の向かいにある自社工場で、最新の編み機と手作業により一足一足作られています。
それは高い技術を維持しながら高品質の靴下を提供し続けることはもちろん、微妙な修正が必要な開発段階の試作をスピーディに進めるため。また発売後も、商品改良をスムーズに進めることが可能です。
かたくなに「メイドイン加茂」を守る理由はここにあります。

1時間に1足しか編めない〈ケアソク ととのえる〉

一般的な靴下は5~6分で1足編み上がるところ、〈ととのえる ウォーキング〉は1時間に1足。1日に20足程度しか編めません。さらに丈の長い〈ととのえる ベーシック〉になると1時間30分でやっと1足編み上がるペース。

kodawari02.jpg
ズラリと並んだ〈ととのえる〉の編み機。24時間休まず編み続けます。

1時間のうち20分が、かかとへの衝撃を吸収するためのクッション部分の編み時間です。触るとクッション材が入っているように感じるかかと部分、これは特殊な編み方で厚みを出しています。ここだけで三層構造なのです。

実はこのクッションの形、一番初めの試作はダイヤ形でした。試作するうちに六角形のハニカム構造(ハチの巣構造)が強度が一番高く、つぶれにくいことがわかり現在の形に。

kodawari03.jpg
左は開発初期のハニカムクッション。右の現行のクッションとは見た目でも膨らみが違います。

特に苦労したのがこのクッション部分。来る日も来る日も微調整をしながら試作を繰り返す毎日。ようやく納得のいくハニカムクッションができたとき、技師の皆川は絞り出すように一言、
「やっとできた……」。
クッションの開発だけで3か月が過ぎていました。

kodawari04.jpg
作りたい靴下をイメージしながら、編み方のデータを作っていきます。(ここは企業秘密……)

履けばわかる気持ちよさ

こんな複雑な靴下なのに、それぞれのパーツを組み合わせて完成するのではなく、編み機だけで1足編み上がります。ツギハギがないのも、履き心地が良い理由なのです。

kodawari05.JPG
インナー5本指構造も編み機だけで再現。

「フットヘルスウェア」を作り出すということ。

靴下技師は商品担当者の要望どおりに作るだけでなく、自ら足について学び、足の大切さを理解した上で一緒に靴下を作り上げます。足の専門家とも改良点を直接確認しながらすぐに試作に反映させる……だからこそできる「フットヘルスウェア」なのです。

kodawari06.jpg
靴下工場の皆川技師も「足のコンシェルジュ養成講座」で学んでいます。

〈ケアソク〉の製作舞台裏、いかがでしたか?
いつもの靴下を〈ケアソク ととのえる〉に替えるだけで、足から健康につながる生活を……。
そんな想いとこだわりが詰まった〈ケアソク ととのえる〉を、たくさんの方に履いていただけたらと願っています。


記事内に出てきた「足のコンシェルジュ養成講座」はこちらで紹介しています。
→参照記事:社内研修「足のコンシェルジュ養成講座」とは?

(スタッフ 高木)



元長距離ランナーの足裏、みせちゃいます!

みなさんは普段から運動はしていますか?

今回、足を見せてくれたのは……
学生時代は長距離ランナーで趣味は登山のアクティブ男子! しかし今は仕事と子育てに追われて運動不足という2児のパパ、男性スタッフHさんです。

以前はかなり走り込んでいたというHさん。これはいいデータが期待できそうです。

h_1.jpg
これがスタッフHさんの足裏です!

右足と左足を比べてみると、右足のほうが幅が広くなっているのがわかりますか?

こんな風に足幅が広くなってしまう原因は、横アーチが低下してしまっているから! なのです。いわゆる「開張足」(かいちょうそく)。

横アーチが下がってしまうと、横幅が広がり、足の指のつけ根あたりに体重がかかりすぎてしまいます。こうなると、タコ・ウオノメができやすくなったり、靴下に穴があきやすくなったりしてしまいます。

h_2.jpg

右足は横アーチが広がった影響で「浮き指」も目立っていますね。それから、内側縦アーチも低下して扁平足気味になっていること、外側縦アーチが低下してО脚気味になっていることも気になります。

一定期間しっかり鍛えていた人でも、足のアーチが崩れていたりするのですね。

Hさんは今、アーチの崩れを改善するため努力中! かかと上げとグーパー運動を中心に頑張っています。

アーチの崩れの予防改善エクササイズはこちら!
→その体の不調、実は「アーチの崩れ」が原因かも!? 〜予防改善エクササイズ編〜


(スタッフ 片桐)



オンラインショップが使いやすくなりました。

cart-333333.jpg

このたび、ケアソクのオンラインショップがもっと使いやすくなるよう改善しました。

1.ご注文画面がわかりやすくなりました。

shiharai_2.jpg

ご注文確定まで流れがスムーズに。
入力→確認→決済、の3ステップでお買いもの完了♪ よりストレスなくお買いものしていただけます。

2.決済方法が増えました!

「現金で支払いたい」というたくさんのお声にお応えして、この度「コンビニ前払い」がご利用いただけるようになりました。
現在、お選びいただける支払方法は下記のとおりです。

・クレジットカード決済
・Amazon Pay決済
・コンビニ前払い

便利に使いやすくなったケアソクのオンラインショップを、どうぞご利用ください。
→ケアソクのオンラインショップはこちら。

これからも、もっとお買い物を楽しんでいただけるようサービスの改善に取り組んでいきます。
引き続きケアソクをよろしくお願いいたします。


ケアソクで起こった本当の変化とは? 巻き爪のお客様、その後のレポート

以前ブログの中で紹介させていただいた東京都の鶴来(つるき)様に、最近の様子を伺いました。
7年余り巻き爪でお悩みだった鶴来様。「〈ととのえる〉を履いて2週間過ごしたら巻き爪がよくなった」とお声をくださったお客様です。

201807-tsuru2shot.jpg
鶴来様ご夫妻。巻き爪でお悩みだったのは奥様です。

そのときのブログがこちら。一昨年、ご自宅に伺ったときのレポートです。
→参照記事: 【お客様のお声】7年悩んだ巻き爪がよくなりました(東京都 鶴来様)

あれから、もうすぐ2年になります。
鶴来様の爪がその後どうなっているのか気になって、再びお話を伺ってみることに……。

階段も平気! 以前よりたくさん歩けるようになりました。

鶴来様にお電話してみると、とても明るいお声が返ってきました。

「ケアソクの靴下を履いたら、歩いても疲れにくくなって本当に感謝しています。嬉しい!!
〈ととのえる〉を履く前は、万歩計の歩数が1日 数100歩だったのに、今では10000歩以上 歩ける日もあるの。以前よりもっともっと爪の状態は良くなりましたよ!」

〈ととのえる〉の使用感に、変わらずご満足いただけていることがわかり、ホッとしました。
これはぜひ爪の状態も見てみたい!

そして、お電話の後、鶴来様に送っていただいた爪の写真を見て、スタッフはさらに驚くことになるのです。

爪の変化を写真で比べてみました!

〈ととのえる〉を履き始めたころ。
↓【2018年7月ごろ】

201807-tsuru.jpg

〈ととのえる〉着用、約3か月半後。
↓【2018年10月ごろ】

201810-tsuru.jpg

そして今回。〈ととのえる〉着用、約1年8か月後の爪の状態がこちら!
↓【2020年3月】

202003-tsuru.jpg

なんと! 最初の写真と同じ足指とはとても信じられません!
〈ととのえる〉を履いて間もなく、巻いていた爪は平らに近くなっていました。さらに、分厚かった爪があきらかに薄くなっています!

一足の靴下から始まった本当の変化

鶴来様はお電話の最後に、こうおっしゃいました。
「娘ともよく出かけていて、この前は鎌倉から北鎌倉を歩いて2往復もできたのよ!」

もう感動です。
一足の靴下で人生が変わった、とまでは言い過ぎかもしれません。ですが、〈ととのえる〉を手に取られる前は、巻き爪解消のために痛い治療にも耐えていらした鶴来様。
それが〈ととのえる〉をきっかけに、歩くことが楽になり、お出かけを楽しめるようになって、ご家族との楽しい時間が増えた……これ以上ステキなことはないじゃない! と思えるのです。
これからもたくさんの楽しい思い出を作っていただけたらうれしいです。


→この記事に登場したケアソク〈ととのえる〉シリーズの詳細はこちら。
※あくまで使用感には個人差がありますのでご了承ください。


(編集スタッフ 高木)


〈ととのえる〉が履きにくいと感じている方へ

totohakikata_1.jpg

〈ととのえる〉は一般的な靴下に比べて履きにくい?

〈ととのえる〉を買ってみたものの、「履きにくくて面倒になってしまった」「そもそも履けなかった」……そんな方もいらっしゃるかもしれません。

〈ととのえる〉は、正しい足のカタチに足指を誘導し、配置するために「インナー5本指」構造になっています。
例えば、外反母趾のように変形が見られる足の方や、ハイヒールなど窮屈な靴の着用で足指が縮こまりがちな方にとって、この「インナー5本指」構造に指を入れることが大変=「履きにくい」と感じるようです。

でも、そういう方にこそあきらめずに履き続けていただきたいのです。

なぜなら〈ととのえる〉を履くたびに足指を触ること、それがエクササイズとなって足指の感覚や運動機能を取り戻すことにつながると考えるからです。
また、歩くときには指と指の間に生地を感じることで自然と足に意識が行くようになり、足指からしっかり蹴り出す歩行につながります。

なお、だんだん慣れてくると履きにくさを感じなくなる方も多いです。
下記の履き方のコツをご覧いただきながら、ぜひ挑戦してみてください。

totohakikata_7-2.JPG
靴下を裏返しにすると、インナー5本指の内部はこんな風になっています。

〈ととのえる〉をうまく履くコツ、あります。

1.まず、足を入れる前に「手」を入れてみましょう。
履く前に一度〈ととのえる〉に手を入れることによって生地が多少伸びます。またインナー5本指の感覚を確かめることができます。

totohakikata_9.JPG

2.履く前に足指をほぐしましょう。
今まで特に足を意識する習慣のなかった方は、足指を自由に動かすことが難しいかもしれません。〈ととのえる〉着用前に、まず足の指をよくほぐしましょう。足指が入れやすくなります。

totohakikata_2.jpg
1本ずつ足の指を横に広げたり、足指を分けるイメージで前後にも開きます。

3.履くときは親指から順番に確認しながら入れるか、一度全部の足指を入れてから、入れる場所が間違っていないか確認します。

totohakikata_8.JPG
指の位置が間違っている場所は、引っぱりながらずらしてみてください。

4.かかとのクッション位置を合わせたら完成です。

totohakikata_4.jpg
写真の赤い点線を表示した位置をかかとの角に合わせます。

足指が正しい位置に入っているか再び確認します。

↓正しく指が入っている状態はこのように見えます。

totohakikata_5.jpg

↓反対に、指が正しく入っていない場合です。下の写真では第2趾(人差し指)の仕切りに足指が入っていません。そのため生地が偏って余っているのがわかります。

totohakikata_6-2.jpg


いかがですか? うまく履けたでしょうか。
もし、それでもやっぱり履けないという場合は、下記のお客様相談室へお電話ください。
スタッフがお話を伺いながらアドバイスをさせていただきます。
山忠お客様相談室 0120-83-0500(通話料無料/平日9:00~18:00)

慣れないうちは履くだけで少し時間が必要かもしれません。
ですが、いつもの靴下を〈ととのえる〉に替えることで、
徐々に足の感覚が変わっていくことを体感していただけたら嬉しいです。


(スタッフ 高木)