オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

足と靴下の豆知識

寒暖差の大きい時期は要注意!「しもやけ」について

「しもやけ」という言葉に、どことなく郷愁のようなものを感じるのは私だけでしょうか。
子どものころによく聞いていた「しもやけ」。子どもはなりやすいのでしょうか。それとも昔はもっと寒かったからしもやけになる人が多かったとか……? 
調べてみると、暖房器具が発達し保温グッズがあふれている現代においても、子どもだけでなく大人も、毎年しもやけに悩んでいる方はいらっしゃるようです。
今回は、冬の始まりや春先に気をつけたい「しもやけ」についてご紹介します。

そもそも「しもやけ」って?

「しもやけ」は「凍瘡(とうそう)」とも言われる凍傷の仲間です。
寒い季節、主に手足の指周辺に症状が出やすいのですが、肌が露出している頬や鼻先、耳たぶにも出ることがあります。患部は赤く腫れ、ジンジンする感覚で、むず痒い、痛痒い、熱い……などの症状が特徴です。そして患部を温めると余計にその痛痒さが強まるため、我慢できないとても厄介な症状です。

shimoyake1.jpg

どうして「しもやけ」になるの?

「寒い」と「暖かい」を繰り返すときに、血管は「収縮」と「拡張」を繰り返しています。それがうまくいかないと血液循環に障害を起こし、組織が炎症を起こしてしまう。これが「しもやけ」の仕組みです。

最も寒い真冬よりも、冬の初めや春先あたりにしもやけの発症が多くなるのは、昼夜の気温差が大きいため。その上、暖房設備が整っている現代だからこそ、室内と室外との気温差が大きくなってしまうことも関係していると考えられます。

また、湿気も大きな原因です。汗をかいたりして濡れた靴下のまま蒸れた湿度の高い状態でいると、皮膚表面の温度が下がり、しもやけになりやすい状態を作ってしまいます。
子どもがしもやけにかかりやすいのは、足が冷たいとか靴が濡れていることなど気にせずに、遊びに夢中になってしまうからですね。

そして、窮屈な靴を長時間はいていることも血液循環に影響します。履きものにも原因がありそうです。

足をしもやけから守るために

しもやけには予防が大切。考えられる対策をまとめます。

とにかく「保温」。
寒いときの靴下は、保温性が高いのはもちろん、吸湿性もあるウールなどの天然素材がおすすめです。
あわせて足首ウォーマーもおすすめ。足首をあたためるだけでも冷えを和らげることができますよ。

「汗対策」も大切。
足に汗をかくと汗が冷えたときに足も冷えてしまいます。寒暖差を作らないために、保温と汗対策はセットです。汗をかいたり靴下が濡れてしまった場合はすぐにしっかりと拭き取りましょう。
また吸湿性、放湿性の高いシルク素材の5本指靴下を靴下の下に重ね履きをすると、保温と吸湿、両方の効果が期待できるのでおすすめです。

足指が自由に動く靴を。
ヒールの高い靴や先が細い靴、きつい靴は血行不良を招くおそれがあるので長時間の着用は避けます。

入浴中には温冷浴。
末梢の血液循環をよくするために、患部を温水と冷水、交互に浸すのが温冷浴。足が冷えないよう始めと終わりは温水に浸します。

shimoyake2.jpg

「ビタミンE」を毎日の食事に。
血行を良くする効果があるとされるビタミンE。ビタミンCを一緒に摂るとビタミンEの吸収率がアップしますよ。

shimoyake3.jpg
アーモンドなどのナッツ類、穀類、小麦胚芽油、ひまわり油、菜種油などの植物油、ほうれん草などの緑黄色野菜にも含まれています。

shimoyake4.jpg
ピーマン(赤・黄・緑)、ブロッコリー、じゃがいも、レモンやゆずなどの柑橘系、キウイ、いちごなどなど。

ケアソクの冷え対策といえば〈あたためる〉

足がよろこぶあたたかさを追求した靴下〈あたためる〉もおすすめ。
1足編むのにセーター2着分の糸を使用した独自の二重パイル構造が、冷たい外気を遮断し足本来の熱を逃がしません。(特許取得第5044748号)
ふくらはぎは足の血流循環に重要な機能を備える第二の心臓と言われています。このふくらはぎの筋肉(腓腹筋)をすっぽり包み込み、収縮運動をサポートして足をあたためます。
お風呂あがりに履いていただくと、ずっと足湯に入っているような温かさが持続しますよ。

ata_long_03.jpg

→〈あたためる おうちロング〉のオンラインショップはコチラ!

大人のしもやけは病気のサインということも。
しもやけを繰り返す、なかなか治らない、赤黒く腫れる、水泡ができる……などの場合は我慢せずにまずは皮膚科を受診することをおすすめします。


(監修 理学療法士 北澤友子) 
(イラスト 佐藤 / 編集スタッフ 高木) 


子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~靴の履き方編~

前回記事:
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~足事情編~
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~子どもの靴の選び方編~

子どもの足、最終回は、足の負担を軽くして疲れにくくなる、しかも靴が長持ちする履き方をご紹介します。

正しい靴の履き方

せっかくのひも靴やマジックテープであっても、楽に脱ぎ履きしやすいように履き口を緩めたまま脱ぎ履きしていませんか? しかも靴にぎゅうぎゅう足を入れて、つま先でトントン……。
そんな履き方は足によくないだけでなく、靴が壊れやすくなってしまいます。
子どもだけでなく大人のみなさんもご一緒に、この方法で靴を履いてみてくださいね。

1.靴を履くときは腰かけて。
2.マジックテープ(もしくは靴ひも)を緩め、足を靴に入れます。
3.かかとを床にトントンと着けて、かかとを合わせます。
4.マジックテープ(もしくは靴ひも)をしっかり締め直し、かかとを固定します。

これだけで、靴の中で足が滑ったりかかとが浮いたりせず、歩行が安定します。
kodomo2.jpg
「かかとトントン」を合言葉に。

それから、靴を脱ぐときの注意点も。
大人もやりがちなのが、かかとを擦りながら脱ぐこと。これは大事な靴のかかと部分にダメージを与えてしまいます。マジックテープを緩めたら、手でかかと部分をしっかりつかんで脱ぐ習慣をつけましょう。
kodomo3.jpg

裸足で歩くことも足を育てます。

何かに触れたとき、柔らかい・硬い・冷たい・熱い……と感じる感覚受容器が手足にはたくさんあります。特に足裏に触れるとくすぐったいのは他の部位に比べて感覚受容器が数多く密集しているためです。

立つときに唯一接する足裏はとても重要なセンサー。接地面からの情報を収集することで地面の変化にすばやく対応し、体のバランスを取ることができます。
特に子どもの頃にいろいろな刺激を足に感じさせることが、脳にも刺激を与えて感覚を鋭くし、足のバランス機能を高めるなど足の発育にいい影響を及ぼします。

靴で歩くのが当たり前の現代ですが、たまには外でも裸足になって足裏の感覚を研ぎ澄ませましょう。
芝生のチクチク、砂浜のザラザラ、石の上のゴツゴツ、泥の感触……など。

あらかじめ、ガラスの破片などが落ちていないことは確認してくださいね。

kodomo4.jpg

未来を支える足のために。

3回に渡ってお伝えした子どもの足のお話はいかがでしたか?
足の先進国ドイツでは母子手帳に足の検診項目があり、足に変形の兆しがないか赤ちゃんの時から確認しているそうです。そして小学校に入るまでに家庭や幼稚園で正しい靴の履き方と、靴ひもの扱い方が教えられるのだとか。

残念ながら日本ではまだまだ足の大切さが浸透しているとは言えません。そこで、ぜひご家庭で伝えていただきたいのです。
子どものために足に合った靴を選んであげること、そして出かけるときには玄関で、
「かかとトントンしてね」
と大人がしつこく言い続けることで、子どもはそれが習慣化されます。

子どもが足に合った靴を履く気持ちよさを覚えたなら、きっと大人になっても自然と良い靴を選べるようになるはず。そしてまた次の子どもへと伝えていく……。
ぜひ、そうなってほしいと願っています。

関連記事:
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~足事情編~
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~子どもの靴の選び方編~
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~靴の履き方編~


(監修 理学療法士 北澤友子)
(編集スタッフ 高木) 



子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~子どもの靴の選び方編~

前回は「足事情編」と題し、子どもの足の現状をお伝えしました。
→参照記事:子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~足事情編~

2回目の今回は、覚えておきたい子供靴の選び方についてお伝えします。

大は小を兼ねる?

子どもの靴や洋服を買うとき、こんな考えが頭をよぎったことはありませんか?
「どうせすぐ大きくなるんだから、ワンサイズ上でいいでしょ」

確かに子どもの成長はとても早く、すぐにサイズアウトしてしまうので、その気持ちはよーくわかります。筆者もそうでした。
しかし、これが実によくないことだとわかったのです。特に「靴」の場合。

足に合わない靴を履くことのリスク

子どもの足の成長を妨げないため、また安定した歩行のためにも靴選びはとても大事。小さい靴に足を押し込むのはいかにもよくないとわかりますが、実は大きい靴も問題です。

大きい靴を履くと、歩くたびに足が靴の中でズルズル滑り、前はつま先に、横は外側に当たって痛みが出ることもあります。またその状態を続けると横アーチが広がる「開張足(かいちょうそく)」の原因になってしまいます。

しかも靴が脱げないように足指に力を入れるため、足指が変形する「ハンマートウ」の原因にも。これはちょうど公共施設でよく見かけるツルツルのスリッパを履くときと似ています。スリッパで歩いたり、階段の上り下りのときなど、脱げないように自然とつま先に力を入れていませんか? それが子どもの足に起こっているとしたら? そんな状態ではとても疲れますし、思いきり走ったり急に止まったり、できませんよね。

kodomo11.jpg
たまに履くスリッパはとても疲れませんか?

子供靴の選び方、チェックポイント

ところで、お子さんの靴を選ぶとき何を基準に選びますか? 

デザイン?
価格?
速く走れそう?

もし、お子さんに靴を選ばせてサイズだけを確認しているとしたら、もう一歩踏み込んでチェックしていただきたいことがあります。

1.ひも靴もしくはマジックテープの靴がおすすめ。
足にしっかりフィットさせるためには、足の真ん中あたりの中足骨(ちゅうそくこつ)を締められるひも靴がベストです。しかし実際に子供靴売り場を見てもひも靴は少ないですし、ひもは付いていても飾りであることも。なにより脱ぎ履きが面倒と敬遠されがちです。
そこで実情に合わせて、子どもでも毎回きちんと締め直せる「マジックテープ」の靴をおすすめします。

kodomo10.jpg
靴を履くときには毎回しっかり締め直します。

2.足指が動かせるよう、つま先には適度なゆとりがあること。
靴の中で足指を自由に動かすことができない先が細めの靴は避けましょう。

3.かかとがしっかりしていること。
かかとが固定されるよう、かかとの芯(カウンター)がある靴を選びましょう。かかとがやわらかくすぐに潰れてしまう靴はおすすめしません。もちろん、かかとを潰して履くのはダメですよ。

4.歩く時に足が曲がる位置で靴も曲がること。
5本の足指のつけ根が曲がる部分(MP関節)と靴底の曲がる箇所が一致していると、足の動きを妨げないため歩行がスムーズになります。

kodomo7.jpg

5.正しいサイズかどうか、大人の目で確認する。
靴を履かせて「大きい? 小さい?」と子どもに聞くだけでなく、大人がしっかり見てサイズを確認しましょう。よほどの違和感や痛みがない限り、正しいサイズ感はわかりにくいからです。
まず、靴のインソール(中敷き)を外せる靴は外しましょう。そしてインソールに足を乗せ、かかとの位置を合わせます。そのとき、つま先に1cm程度の空きがあるかをチェック。靴の中でも楽に足指を動かせるのが理想です。
左右で足の長さが違う場合は、大きい方のサイズに合わせてください。
シューフィッターがいるお店なら相談してみるといいですよ。

kodomo6.jpg

6.半年ごとにサイズの見直しを。
12歳ごろまで足は年に1cm近く成長します。1cm大きくなったら、つま先は完全に当たってしまいますよね。子どものうちは、半年ごとにサイズの見直しをしましょう。

学校指定の上履き(内履き)は大丈夫?

ここまで読んでいただいたら疑問に思われるかもしれません。
学校生活では一日の中で一番長く履いているのが上履き。よくある学校指定の上履きは布製でかかともやわらかめ、これがいい靴の条件に合っているのかどうか……。
ですが中には子どもの足の成長を考えられた上履きも販売されていますので、もし選べるのでしたら、そういった靴を検討されるとよいと思います。

子供靴の選び方、いかがでしたか?
ちょっと靴の選び方を変えるだけですが、お子さんの足には大きな影響を与えます。

次回は、習慣にしてほしい「正しい靴の履き方」をお伝えします。
2020/9/16追記:
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~靴の履き方編~


関連記事:
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~足事情編~
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~子どもの靴の選び方編~
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~靴の履き方編~

(監修 理学療法士 北澤友子)
(イラスト 佐藤 / 編集スタッフ 高木) 


子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~足事情編~

kodomo1.jpg

今、外反母趾・浮き指・扁平足など、足のトラブルが「子どもに」増えています。
「外反母趾ってハイヒールが原因なんじゃ……」と思いませんでしたか?
大人がなるものと思われていたトラブルが、今やハイヒールやパンプスを履いたことのない子どもにも見られるのです。

一体、子どもの足に何が起こっているのでしょうか?
イマドキの子どもの足について、3回シリーズでお伝えします。

子どもの足の特徴

まず、子どもの足を見てみましょう。

赤ちゃんの足はふにゃふにゃしてやわらかいですよね。それは構成している骨がほぼ軟骨だからです。そこから徐々に骨が形成され、12歳ごろまでは年に1cm近く成長し、18歳くらいでほぼ完成します。

kodomo5.jpg
足の骨の発育の様子

また、赤ちゃんの足は扁平足。それが骨や筋肉の発達とともにアーチが形成され土踏まずができます。この「足のアーチ」が大事なポイント。
足のアーチが全体重を支えてバランスを取り、歩行時には足にかかる衝撃を分散してクッションの役割を果たしているのです。

現代人は足のアーチが形成されにくくなっている?

それが今、このアーチ形成が不十分なために起こる足のトラブルが、子どもの足に増えているのです。
例えば前述の外反母趾もそのひとつ。ハイヒールやパンプスなど先の細い靴の着用が原因と思われがちですが、そもそも横アーチが崩れて開張足(かいちょうそく)になっていることが大きな要因です。

アーチが崩れると足にかかる衝撃が吸収されにくく、足が疲れやすくなります。衝撃が足から上の方へダイレクトに伝わるため、膝や腰、肩へも負担が……!

なぜ、アーチが形成されにくいのでしょうか?

今や地面はアスファルトで覆われ、どこに行くにも車や公共交通機関を利用できる便利な現代。その反面、昔に比べれば生活のなかで歩くことが格段に少なくなっています。特に地方では完全に車社会です。
加えて、ゲームやスマートフォンの普及、防犯意識の高まりなど、生活環境の変化も関係しているかもしれません。日常的に外を走り回って遊んでいる子どもが少なくなったように思いませんか?
遊びの中で足を使う機会が減って足の筋肉が発達しなければ、当然アーチの形成に影響します。

生活習慣の変化に従って、子どもの足事情もかなり変わったと言えるでしょう。
しかし、その足で一生、全体重を支えなければならないことには変わりがないのです。

足の成長のためにできることはあります。

生活環境の変化はどうしようもない部分ですが、まだ足のためにできることはあります!

子どもの靴、ちゃんと選んでいますか?
次回は子供靴の選び方についてお伝えします。

2020/9/9追記:
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~子どもの靴の選び方編~

kodomo8.jpg
家の中でもできる足の運動、ビー玉移動。ゲーム感覚で遊びながら家族で足指を鍛えましょう!


記事内に出てきた「足のアーチ」「外反母趾」についてはこちらもどうぞ。
→参照記事:その体の不調、実は「アーチの崩れ」が原因かも!? ~基礎知識編~
→参照記事:外反母趾を引き起こす、意外な原因とは?

関連記事:
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~足事情編~
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~子どもの靴の選び方編~
子どもの足がアブナイ!? 未来の足は大人が守る! ~靴の履き方編~


(監修 理学療法士 北澤友子)
(イラスト 佐藤 / 編集スタッフ 高木) 



〈ととのえる〉が履きにくいと感じている方へ

totohakikata_1.jpg

〈ととのえる〉は一般的な靴下に比べて履きにくい?

〈ととのえる〉を買ってみたものの、「履きにくくて面倒になってしまった」「そもそも履けなかった」……そんな方もいらっしゃるかもしれません。

〈ととのえる〉は、正しい足のカタチに足指を誘導し、配置するために「インナー5本指」構造になっています。
例えば、外反母趾のように変形が見られる足の方や、ハイヒールなど窮屈な靴の着用で足指が縮こまりがちな方にとって、この「インナー5本指」構造に指を入れることが大変=「履きにくい」と感じるようです。

でも、そういう方にこそあきらめずに履き続けていただきたいのです。

なぜなら〈ととのえる〉を履くたびに足指を触ること、それがエクササイズとなって足指の感覚や運動機能を取り戻すことにつながると考えるからです。
また、歩くときには指と指の間に生地を感じることで自然と足に意識が行くようになり、足指からしっかり蹴り出す歩行につながります。

なお、だんだん慣れてくると履きにくさを感じなくなる方も多いです。
下記の履き方のコツをご覧いただきながら、ぜひ挑戦してみてください。

totohakikata_7-2.JPG
靴下を裏返しにすると、インナー5本指の内部はこんな風になっています。

〈ととのえる〉をうまく履くコツ、あります。

1.まず、足を入れる前に「手」を入れてみましょう。
履く前に一度〈ととのえる〉に手を入れることによって生地が多少伸びます。またインナー5本指の感覚を確かめることができます。

totohakikata_9.JPG

2.履く前に足指をほぐしましょう。
今まで特に足を意識する習慣のなかった方は、足指を自由に動かすことが難しいかもしれません。〈ととのえる〉着用前に、まず足の指をよくほぐしましょう。足指が入れやすくなります。

totohakikata_2.jpg
1本ずつ足の指を横に広げたり、足指を分けるイメージで前後にも開きます。

3.履くときは親指から順番に確認しながら入れるか、一度全部の足指を入れてから、入れる場所が間違っていないか確認します。

totohakikata_8.JPG
指の位置が間違っている場所は、引っぱりながらずらしてみてください。

4.かかとのクッション位置を合わせたら完成です。

totohakikata_4.jpg
写真の赤い点線を表示した位置をかかとの角に合わせます。

足指が正しい位置に入っているか再び確認します。

↓正しく指が入っている状態はこのように見えます。

totohakikata_5.jpg

↓反対に、指が正しく入っていない場合です。下の写真では第2趾(人差し指)の仕切りに足指が入っていません。そのため生地が偏って余っているのがわかります。

totohakikata_6-2.jpg


いかがですか? うまく履けたでしょうか。
もし、それでもやっぱり履けないという場合は、下記のお客様相談室へお電話ください。
スタッフがお話を伺いながらアドバイスをさせていただきます。
山忠お客様相談室 0120-83-0500(通話料無料/平日9:00~18:00)

慣れないうちは履くだけで少し時間が必要かもしれません。
ですが、いつもの靴下を〈ととのえる〉に替えることで、
徐々に足の感覚が変わっていくことを体感していただけたら嬉しいです。


(スタッフ 高木)