オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

社員がゆく!足活レポート

初の県外開催! 第46回「あしラブサロン」in 新潟レポート

「ケアソク うるおす」の監修医師、高山かおる先生が代表をつとめる一般社団法人足育研究会。月1回、参加者と楽しく交流しながら足に関する様々な話をする「あしラブサロン」を東京都内で開催しています。
「フットヘルスウェアの重要性」と題した46回目は初の県外開催。ケアソク(山忠)のある新潟で開かれました!

今回は特別に、会場であり阿部薫教授がいらっしゃる新潟医療福祉大学内を、阿部教授自ら案内してくださいました。

love01.jpg
廊下の棚にはズラリと義肢装具が並んでいます。

love02.jpg
制作室で足の勉強中。今日だけ阿部教授の生徒になった気分。突然、阿部教授からの足の質問が飛び、一瞬緊張が走りました。笑

love03.jpg
足を学ぶために世界トップクラスの設備が整っています。

講演会での阿部教授のお話より。
「ずっと足・靴・歩行をテーマに研究していたが、『靴下』には気づかなかった。山忠、ケアソクと出合って、はじめて靴下の可能性に気がついた。『足・靴・インソール、そして靴下の四位一体で足の健康を考えるべきだ』と。
足の健康のために靴やインソールは様々な研究と改良が進んできた。しかし靴下の研究はまだ始まったばかりです。」
阿部教授、素敵なコメントをありがとうございます!

love06.jpg
ケアソクの共同研究者である阿部薫教授、高山かおる先生、そして山忠社長の中林による講演でした。

質疑応答では、日々、足の現場に接している参加者ならではの、深刻な足の状態に関することや専門的な内容が話されました。

love07.jpg
最後には参加者全員で記念撮影を。靴関係に携わる方、セラピスト、看護師、介護士、学生さん・・・・・・など、さまざまでした。

おまけの一枚。
夜、あしラブサロンの懇親会では、阿部教授、高山先生を囲んで、飲んで食べておしゃべりして大いに盛り上がり、新潟の夜が更けていきました。
love08.jpg

新潟開催にご参加くださった皆さま、ありがとうございました!
なお、月1回、都内で開かれている「あしラブサロン」はどなたでも参加できます。興味のある方はぜひ♪

足育研究会「あしラブサロン」の詳細はこちらからどうぞ。


(スタッフ 高木)


みんなが気になる、認知症予防・介護予防。その効果的な方法とは!? 真剣レポート!

ケアソク(株式会社山忠)のある新潟県加茂市で、「あなたが決める加茂市の未来」と題して健康講演会が開催されました。そこで現代の重要なモンダイについてのお話が……!

多くの自治体が抱える医療費モンダイ

高齢化が進む中、増え続ける医療費、介護費は加茂市特有の問題ではなく、今や多くの自治体が同じ問題を抱えています。それをどう解決していけばいいのか……?

yama_6.jpg
今回は、埼玉県志木市で健康づくりの指針を作っている山下和彦先生(左)による講演。聞き手は一般社団法人ライフロングウォーキング推進機構の白倉重樹氏(右)。ウォーキングの市民団体を応援し、一緒に健康研究をしています。

医療費データを分析すると、一般的に人口全体の2割の人が、8割の医療費を使っています。中でも特に、糖尿病・高血圧・脂質異常などの慢性疾患、いわゆる「生活習慣病」に多くの医療費がかかっていることに着目。

山下先生によれば、
「病気になって医療費を使うこと自体は全く問題ない。問題なのは、予防できる可能性がある病気に何の対策もせず、生活を変えることもなく、病名が付いてから治療に通う人がたくさんいること。生活習慣病は長い時間をかけてその状態になるので、病院で完治することは難しい。長期間治療に通い続けることで、その間ずっと医療費を使い続けることになる……。
生活習慣を変えることで予防改善できる病気は多い。医療費を削減したいのであれば、ひとりひとりの健康度を上げることです。」
とのこと。おっしゃる通りですね。

yama_8.jpg

介護される側にならないために

医療費と同様に介護費も増えています。「高齢化」が問題視されていますが、高齢者が増えることが問題の本質ではなく、本当の問題は「人口減少」です。今後、高齢化で介護人口がどんどん増えていくのに、若い人が少ないのだからサポートできる人がそもそもいなくなる。
だからこそ!!
いつまでも健康で元気でいることが必要なのです。

介護が必要になる入口の大きい要因は2つ。
1.関節疾患(変形性股関節症、膝関節症、変形性腰椎症、骨粗鬆症などなど)
2.転倒骨折

例えば、関節疾患などにより痛みが出ると、

外出が億劫になり、家にこもりがちに

筋力低下、血行不良、歩幅が減少、足がもつれやすくなる……

転倒骨折

寝たきり、うつ、(要介護)

認知症 ……これがまさに負のスパイラル。

ここからもわかるように、体を動かして筋力を保ち、自分の足でいつまでも歩けることが、一番の認知症予防・介護予防なのです。

「見える化」システムで成功したウォーキング企画事例!

そもそも医療機関は病気の治療をするところであり、健康度を上げるところではない。健康度を上げるには、個人個人の意識改革が必要です。

そこで、埼玉県志木市での取り組みをご紹介します!

志木市の健康政策課が主催する健康増進プログラムは、40歳以上を対象とし、1000人でスタートしたのち毎年500人ずつ増え、4年目になる今は3000人が参加しています。驚くべきは、参加者の80%以上が毎年継続して参加していること。

なぜ、こんなにたくさんの人が続けられるのでしょうか? そこには、自分のがんばりが「見える化」されるシステムがありました。

参加者には「歩数計」が無償で貸し出され、市内に約30か所ある専用端末にかざすだけで、商品券などと交換できるポイントを獲得できるのです。

専用端末がある場所はスーパーや駅、病院等なので、日常生活のついでにちょっと寄り道すれば達成感を味わえるのがいいところ。これなら確かに続けたくなりますね。

また、過去5回開催された志木市の「ノルディックウォーキング全国大会」は、今では全国で一番大きな大会となっています。

yama_4.jpg
志木市のノルディックウォーキング大会にはケアソクも協力しています!

志木市ではこのプロジェクトを続けたことで、後期高齢者の医療費が削減、慢性疾患の医療費も減少、さらに睡眠障害に関わる医療費までも減少しているとのこと。
「ウォーキングが効く!」ことがデータで証明されました。

実際に、参加者からは、
・外出頻度が増えた
・車や自転車から歩くことに変化した
・歩数や体重への関心が高まった

という声が多く聞かれているそう。これは明らかに、健康に対する意識改革ができている結果ですね。

自分の足を知ろう!

ところで、今回の講演会では、足の健康度を知るために足の計測会を同時開催。足底圧計測と足指力測定に、「こんなこと初めてやるわ~」と言いながら、みなさん真剣に取り組んでいました。

yama_2.jpg
計測器に立っていただき、足圧分布を測っています。

yama_3.jpg
こちらは足指力を計測中。足指を「グー」にして計りますが、慣れないとなかなか難しい。

この結果を山下先生が解説。改めて自分の足を見たり、隣の人と見せ合ったりして、自分の足の健康度を知るいい機会になったようです。

yama_5.jpg

講演後のアンケートからも、今回のテーマの関心の高さがうかがえました。
「次回実施を楽しみにしています!」「協力、応援させて下さい!」という、うれしいお声も。

雪深く、車社会の新潟・加茂で、埼玉県志木市のようなプロジェクトを成功させるためには、また別の課題が出てくるかもしれません。
しかし、たくさんの人が「生涯自分の足で歩ける」ために、これからもケアソクは協力していきたいと思います!

2019年8月26日
加茂市 健康講演会「あなたが決める加茂市の未来」

講演者:
山下 和彦氏(工学博士)
了徳寺大学 教養部 教授
たかせクリニック 地域医療研究部 部長
専門分野/生体医工学、高齢者福祉工学、発達工学、医療情報学

白倉 重樹氏(工学博士MBA)
一般社団法人ライフロングウォーキング推進機構 代表理事
株式会社Plugnauts 代表取締役
専門分野/無機材料工学、繊維材料工学、マーケティング、企業経営学


(スタッフ 高木)


フットケアをもっと身近に! 「足フェス in 大阪」参加レポート

8月も後半、朝晩はすこ~し涼しくなった気もしますが、今年もすごい暑さでしたね。
素足になる機会が多く、自分の足が気になった人もいるのでは?

そんな、普段は靴下で隠れている足に関してのイベントが、以前このブログでもお知らせした「足フェス in 大阪」です。
「ケアソク」も参加してきたイベント当日の様子をお伝えします。

フットケアを気軽に、そしてお得に体験!

「足フェス」とは、フットケアの専門家が集まって、一般の方に足の大切さを知ってもらおうというイベントです。
今回は「タコ祭り」をテーマに、体験コーナーや足に関するためになる無料講演、フットケアグッズの販売が行われました。
「タコ」は「胼胝(ベンチ)」のことですが、たこ焼きの無料配布もありました! さすが in 大阪、関西らしいノリですね(笑)。

イベントは、受付開始15分前から大行列が! 総勢200人以上の方が足を運び、年々参加者が増加しているそうです。それだけフットケアへの関心が高まっているんですね。

体験コーナーの中でも、フットケア専門の看護師による足のマッサージが大好評。これがなんと、ワンコインの500円で受けられたのです! 普段頑張ってくれている足にとって、至福のひとときになったことでしょう。

そして、胼胝でお困りの方には角質ケアも人気でした。これも500円(相場は30分で3~4,000円くらい?)で、かなりお得!
自分でやると、削りすぎて皮膚を傷つけてしまったり、余計に乾燥してしまったりするので、ここはプロにお任せしたいですね。

他にもネイルケアや、血管年齢検査などもあり、どのブースも大賑わいでした。

「ケアソク」のブースにも人だかりが。

会場内では自分の足の状態を知ることができる足底圧計測もあり、この結果から「浮き指」と判明した人がいっぱい。今や日本人の2人に1人は浮き指と言われる時代ですが、痛みがないため、気づかない人がほとんどです。

自分が浮き指であるとわかった方の多くは、「ととのえる」を求めて、ケアソクブースに足を運んでくださいました。

このブログでも、浮き指の人が「ととのえる」を履いたらどうなるかを検証しています。
→参照記事:社内で摘発した「浮き指」はこれだ!
hanbai.jpg
ケアソクスタッフは休憩時間もないほど大忙し。嬉しい限りです。

また、リピート買いで来られるフットケアの専門家の姿も多く、特に人気だったカラーは、新色のホワイト! 「やっと出たね!!」と皆さん心待ちにしてくださっていました。実は、看護師さんから「仕事中に履ける白色がほしい」とのご要望をたくさんいただいていたのです。大変お待たせいたしました~。
ありがたいことにホワイトは見事に完売でした!

ブースに足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

イベントに来られた方は、自分の足の状態を知ったり、フットケアグッズを購入されたりと、それぞれ新たな発見とワクワクがあったと思います。

そんな「足フェス」、来年は新潟で開催されることが決定!

地元開催なので、我ら「ケアソク」チームも協力しながら、今から内容を検討中です。

(スタッフ 高橋)


検証! 「ケアソク ととのえる」は本当に疲れにくい靴下なのか!?

機能性の高い靴下って最近増えてきていますよね。その中でも、「ケアソク ととのえる」は、足の疲れや痛みが気になる人にオススメしている靴下です。

しかし、中には、靴下を履いただけで、なにか変わるのかな? 自分にとってどういいのだろう? と思っている方もいると思います。今回そんな、「正直なところどうなの?」にお答えすべく、検証してみました!

この人たちがやってみました!

この検証の唯一のルールは、「朝『ケアソク ととのえる』を履いてくる」の1つだけ。あとは特別なことはせず、足が疲れそうなスポットを歩き回るという企画です。

参加メンバーはこの社内でも指折りの「足腰よわよわトリオ」。3人目の高橋は、現在開発中の「ととのえる丈長タイプ」のサンプルを履いてみました!

member_1.jpg

展示会member_片桐.jpg

member_3.jpg

足の激疲れスポット「展示会」で履いてみた! その結果は?

よく展示会は足が痛くなる、と言われます。なぜなら展示会会場の床は、重機を入れて作業できるようコンクリートでできているから。コンクリートは足への負担が大きい材質の一つ。衝撃を吸収する力が小さいため、足が疲れやすく、また痛くなりやすいのです。

そんな足疲れスポットである展示会に「ケアソク ととのえる」を履いて検証してみました!

一般的に、首都圏の展示会滞在時間は3~4時間と言われているので、歩き回ること約4時間。さて、結果はいかに!

(参考までに、自宅を出発してから帰宅するまでの、1日のトータル歩数をカウントしました。)

summary_1.jpg

summary_2.jpg

summary_3.jpg

3人とも、いつもの「足の裏が痛くなる」「足がつる」「ふくらはぎがパンパンにむくむ」といった"痛むような足の疲れ"がありませんでした。

まとめ

「疲れ」は自分だけが感じるものです。そのため、人によって感じ方も異なります。この検証は個人の感想なのですが、足が疲れやすい+運動不足の「足腰よわよわトリオ」の3人でも、アレっ!? と驚くほど足の疲れにくさを感じました。

結論! つまり「ケアソク ととのえる」は足を疲れにくくする! とさせていただきます。

立ち仕事中心の方やよく歩くお仕事の方は、デスクワーク中心のこの3人以上に変化を感じられるのではないでしょうか。

お仕事やスポーツの時はもちろん、おでかけする時にもおすすめです!


(スタッフ 片桐)


実証! ガサガサかかとも「履くだけ」でツルツルに⁉ 夏直前でも間に合うお手軽かかとケアはこれだ!

もうすぐ夏本番。素足でいるのが気持ちいい季節になりました。これから素足にサンダルを履く機会も増えてきますね。素足になって気になるのが「かかとの荒れ」。ガサガサかかとだと、せっかくのおしゃれも100%楽しめませんよね。

かかとが荒れるメカニズム

そもそも、かかとが荒れてしまう原因は、大きく「乾燥」「摩擦」「冷え」の3つ。もともと、かかとには皮脂の分泌腺がないため「乾燥」しやすい部位です。そこへ体重がかかることや、足に合わない靴を履いたことで起こる靴や靴下との「摩擦」などで、かかとの角質が厚くなってしまいます。そして「冷え」は、酸素を含んだ血液が足の末端にまで行き届かず、皮膚のターンオーバーを妨げてしまうのです。

一般的なかかとのセルフケアは、
・保湿クリームをぬる
・やすりや軽石で角質を削る
・薬剤などを使って足裏の皮を剥く
などがありますが、時間を取って毎日、または定期的にかかとのケアをするのはちょっと手間ですし、お肌が弱い方など体質に合わないこともありますよね。

「うるおす<かかとカバー>」は「履くだけ」でかかとをケアできるから、とっても手軽。かかと部に内蔵した独自の保湿シートが足本来の水分を逃さないことで、かかとの角質にうるおいを与えます。もちろん、薬剤などを使わないので、お肌の弱い方でも安心してお使いいただけます。

kakato_1.jpg
肌に吸い付くようなフィット力で水分を逃さず、かかとを集中保湿します。

実際にスタッフが7日間履いてみました

荒れ気味かかとをもつスタッフ高木が、実際に7日間「うるおす<かかとカバー>」を履いてその効果を試してみました。

kakato_2.jpg

これが「うるおす<かかとカバー>」を7日間履いた結果です。いかがでしょう。もちろん効果には個人差がありますが、たった「7日間」でこんなにしっとり! ツルツルかかとになりました。

kakato_3.jpg

近くで見てもこの通り。白い線が見えないくらいうるおってしまいました。

これならサンダルも周りの目を気にせず履けちゃいますね! 顔や体に比べると、ついつい後回しにしてしまうかかとのお手入れですが、これなら履くだけでケアできちゃうからとってもラクちんです。

実はこの「ケアソク うるおす」、「たった1日履いただけで効果が出た!」というお声をいただくくらい、即効性を感じる方も多いのです。 ケアソクマンガでも、社長の中林が「うるおす」について触れています。
→マンガでわかる!足の世界『あしたの、足に』はコチラ!

サンダルを履いた日こそ、かかとケアを!

かかと荒れの原因のひとつに「乾燥」があるとお伝えしました。サンダルなどを素足で履いていると、外気にさらされ、かかとが乾燥しやすくなってしまいます。素足で過ごした日、サンダルなどを履いた日は、「うるおす<かかとカバー>」でしっかりかかとケアすることをおすすめします。

kakato_4.jpg
豊富なカラーラインナップも人気のヒミツ。あなたはどの色がお好きですか?

→「うるおす<かかとカバー>」の詳しい情報はコチラ!

「うるおす<かかとカバー>」で、この夏はツルツルかかとで過ごしませんか?

※かかとの荒れがなかなか改善しない方へ
ケアをしてもかかとのガサガサが改善しない場合は、かかと水虫など、他の可能性も考えられます。気になる方は、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。


(スタッフ 片桐)