オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

社員がゆく!足活レポート

雪国新潟でも「足」がアツい! 新潟フットケア研究会が市民講座を開催

雪が舞う2月初旬の新潟市、『足から考える健康寿命』と題し「新潟フットケア研究会」による市民講座が開催されました。事前申し込みの時点で定員60名がほぼ満席。それに加えて当日20名が追加で参加するという大盛況のイベントでした。

200208_3.jpg

「健康は足元から」

第1部は、爪機能改善士の末廣亜紀さんが爪の大切さについてを講義。中でも爪のお手入れ方法の実演では、手元をスクリーンに映して、初めての方にもわかりやすく説明してくださいました。

巻き爪などの爪のトラブルが歩行に影響し、ひいては身体にも影響を及ぼすことは、このブログでもお伝えしています。その大切な爪は、強いストレスがかかると血流が悪くなり、伸びにくくなってしまうそう。

そこで、良い爪を作るためにできることを教えていただきました。

1.タンパク質を積極的に摂る。
爪の主な成分はケラチンと呼ばれるタンパク質が変化したもの。

2.調味料も含め添加物の多い食品を控えることも大切。
爪の育成にはケイ素(シリカ)が必要です。せっかく摂取したケイ素が添加物の排泄に使用されて爪の育成に足りなくなります。「これだけ食べていれば良い」と言うのではなく、偏りなくバランスの取れた食事が大切です。
※ケイ素(シリカ)は、ひじきや青のりなどの海藻や、きびやオーツ麦などの穀類などに含まれている栄養素。

3.足をさわってしっかりマッサージ。
特にハイヒールなど窮屈な靴を履いた日には、足をよくほぐすなどのマッサージを。足指じゃんけんも効果的。

また、「良い爪を作るためには腸内環境が大事」というお話も。
爪と腸内環境の関係とは?

口から入った食べもの(栄養)が末端の爪に運ばれるのは最後。そこで、爪まで届く栄養をしっかり吸収するために腸内環境を整えることが大事、ということなのです。
24時間以内に肩幅くらいの長さの便を出すことを目標に! というお話はオドロキでした。便秘がよくないことは漠然とわかっていましたが、爪にまで影響が出ることを再認識。

200208_2.jpg
爪機能改善士の末廣亜紀さん。スポーツチームや教育機関への出張授業や講演もなさっているそうです。

1時間の講座はあっという間に終わりました。しかし短い時間の中でも、
「しっかりした筋肉を養い、正しく立つこと、正しく歩くこと、血管を健やかに保つことが良い爪を作り、将来の転倒予防に繋がる」
という末廣さんのメッセージは、参加者のみなさまに伝わったのではと感じました。

ケアソクは足底圧計測を担当

第2部は、足の相談コーナーやフットケア体験。
医師・看護師による足のお悩み相談や、ネイルやフットケアのスペシャリストによる正しい爪切りアドバイスなどに人が集まりました。足や爪に悩みがあっても痛みがなければ後回しになりがち。そもそも病院に行く必要性もわからない、そんな方たちにとって気軽に相談できるとてもいい機会だったのではと思います。

そして、ケアソクチームは足底圧計測を行いました。

200208_5.jpg

計測後、足底圧データから読み取れる足の現状をひとりひとりにお伝えしつつ、足を健康に保つためのアドバイスをさせていただきました。待ち時間には〈ケアソク ととのえる〉をお試しくださる方も多数。

200208_7.jpg
はじめて〈ととのえる〉を履く方は、ちゃんと履けているか(指が正しく入っているか)不安そうでしたが、履けると気持ち良さを感じてくださいました。

200208_6.jpg

そして、会場には小学校低学年のお子さんを連れたお母さんの姿も。親御さんが足の正しい知識を持つことで、お子さんは「靴をちゃんと履くこと」、「足をちゃんと洗うこと」を当たり前に育つのではないでしょうか。足が形成される大事な子ども時代ならなおさら、足の成長にも差が出るはずと感じました。

ひとりでもたくさんの方に足の正しい知識が伝わって、足を大切にすることが普通のことになるよう、これからもケアソクは足の活動を続けていきたいと思います。

(スタッフ 高木)


巻き爪の緩和に靴下でアプローチ。IVO学会で〈ととのえる〉の研究結果を発表!

「生涯歩行のすすめ」と題し1月に開催された「日本整形靴技術協会学術大会(IVO)福岡大会」のレポートです。

IVO2020_1.jpg
左から、ケアソクの坪谷、新潟医療福祉大学の阿部薫教授、山忠社長の中林、ケアソクの亀山。

この学会では、ケアソクブログの監修をしていただいている理学療法士の北澤友子氏から、巻き爪をテーマにした〈ととのえる〉の研究発表がありました。

以前、あるお客様から〈ととのえる〉を履いて巻き爪が緩和したというご報告をいただきました。そこで、足指の接地面積が増加するインナー5本指構造を持った靴下〈ととのえる〉を着用することで、巻き爪がどう変化していくのか検証を始めました。その途中経過です。

IVO2020_2.jpg

巻き爪とは、爪の両端部分が内側に弯曲(わんきょく)した状態で、皮膚に食い込むと炎症や痛みの原因になります。
そもそも爪が巻く原因は足指が床にしっかり接地せず、床からの反力が伝わらないこと(下図参照)。足指の接地面積が少ないほど反力は小さいため、巻き爪が進行しやすい状態です。

nail01.jpg
足をぐっと踏み込んだ時、下向きに負荷がかかるのに対して、床からは逆方向の力(反力)が作用します。足指がちゃんと接地していないと、その反力が弱くなってしまうのです。

研究方法は、巻き爪の症状がある50代女性に、2019年6月から1年半にわたり〈ととのえる〉を着用していただき、その間、月に一度、爪の厚さや爪の幅を測定します。

巻き爪が緩和したと言える条件をこの2点で見ていきます。

1. 爪の最大厚の減少
爪の厚さが薄くなること。〈ととのえる〉を継続して着用することにより、足指の接地面積が増え、床からの反力が増えると推察。結果、爪甲全体に反力が分散され爪が厚く丸くなることを抑制できるのではと推察。

2. 爪幅狭小率の改善
巻いた爪が平らに近づくことで、爪の先の幅が広がること。

果たして気になる結果は……?

発表段階では研究開始から半年後のデータです。
※第1趾=親指、第2趾=人差し指……と順番に数えます。

IVO2020_3.jpg
爪の厚さの変化。右足小指以外すべての爪で厚さが減少という結果が出ました!
(値が減少するほど改善)
第1趾:右16.4%減↓  左10.0%減↓
第2趾:右39.5%減↓  左7.0%減↓
第3趾:右5.6%減↓   左11.4%減↓
第4趾:右23.4%減↓  左5.5%減↓
第5趾:右4.8%増↑   左12.1%減↓

IVO2020_4.jpg
一方、爪先端の幅の変化は指によってばらつきが出てしまいました。
(値が増加するほど改善)
第1趾:右17.6%増↑  左15.4%増↑
第2趾:右1.1%減↓   左48.1%増↑
第3趾:右23.7%増↑  左2.4%減↓
第4趾:右12.4%増↑  左12.7%減↓
第5趾:右7.1%減↓   左7.0%増↑

IVO2020_5.jpg

〈ととのえる〉着用半年後の変化から見えたこと。

全体的に爪の厚みが減っていることから、足指の接地面積が増えたことで足指への床反力が増え、爪が厚く丸くなることを抑制できたと言えます。
爪先端の幅に期待できる結果が得られなかったことについて、爪切りなどの管理を対象者自身に任せていたため、爪の切り方で数値が変わってしまったと考えられます。
今後の課題としては、爪の生え際に近い場所での幅や変化も見ていくことや、歩行時の動的な場面での重心軌跡や床反力を評価すること。また、症例数も増やしていきたいと考えています。

IVO2020_03.jpg
ブースの隅っこで本番前の最終確認。右が北澤氏。

以上が今回の発表内容でした。
この研究では〈ととのえる〉の着用だけを依頼し、運動指導などはしていません。靴下を代えるだけで見えた変化と言えます。今年1年継続して観察していきますので、またこのブログでも結果を報告したいと思います!


今回の検証研究のきっかけとなった巻き爪に関する症例紹介は、こちらからどうぞ。
→参照記事:【お客様のお声】7年悩んだ巻き爪がよくなりました(東京都 鶴来様)

「足のちえぶくろ」でも巻き爪について紹介しています。
→参照記事:巻き爪・陥入爪の原因とは? 正しい知識で対策しましょう!


北澤 友子(きたざわともこ)
青森県出身。2006年に青森県立保健大学理学療法学科卒業。卒業後は宮城県の総合病院にて急性期から回復期のリハビリに従事。その後、系列の中枢疾患・神経難病専門院で勤務。片麻痺の症例を多く担当し、麻痺側の足部構造の変化や運動パフォーマンスへの影響に興味を持ち、2012年に新潟医療福祉大学大学院に進学。新潟では訪問リハビリの仕事をしながら大学院へ通い、足部の構造の変化が上位の関節に及ぼす影響について三次元動作解析装置を用い調査した。現在も新潟でデイサービスに勤務しながら新潟医療福祉大学の非常勤講師を務めるとともに、片麻痺症例の足部構造の調査を行っている。
株式会社山忠(ケアソク)では電話オペレーターやマーケティング、工場、総務など各部署のスタッフが足について学ぶ「足の研究会」の講師を務める。また、山忠の直営店「足の健康専門店」で行っている足の計測会では定期的にお店に立ち、お客様から直接お話を伺って足を拝見しながら、足のお悩み解消のため足の健康アドバイザーとして活動中。


(監修・資料提供 理学療法士 北澤友子) 
(イラスト 佐藤 / 編集スタッフ 高木) 



自宅でできる! 自分でできる! フットケア実践編

加茂市健康講演会の3回目は、いよいよフットケアの実技講座。足は大切ということはわかったけれど、「じゃ何したらいいの?」がわからなければ、ただの知識。実際に自分で、自宅でできるフットケアを学びました。

今までの講演会のレポートはこちらです。
●健康講演会1回目「あなたが決める加茂市の未来」
→参照記事: みんなが気になる、認知症予防・介護予防。その効果的な方法とは!? 真剣レポート!

●健康講演会2回目「元気に歩き続けるためのフットケア~導入編~」
→参照記事: 自分の足を見てみよう! 元気に歩き続けるための足チェック実践講座

koen_3-1.jpg
健康講演会を通して足の大切さを伝えてくださるのは一般社団法人ロングライフウォーキング推進機構の山下和彦先生です。

セルフフットケアのポイント

1. 足を見て、触れて観察しよう!
2. 正しい爪切りを覚えよう!
3. 爪やすりを使ってみよう!
4. きれいに洗おう!
5. 足もスキンケアを!

1. 足をよく観察しましょう。

自分の足の状態を知らなければケアのしようがありませんよね。フットケアの第一歩は、自分の足をよく見ること。詳しくは前回のレポートをご覧ください。
→参照記事: 自分の足を見てみよう! 元気に歩き続けるための足チェック講座

2. 爪切りのポイント

【爪切りの選び方】
自分の爪を切る時には、小さめで刃があまり湾曲せずに平らになっている爪切りが扱いやすいのでおすすめします。他の人の爪を切る時にはニッパータイプが使いやすいようです。

【爪の切り方】
爪の長さは指先と同じくらい残すことを目安にします。
爪と刃は平行にして、端から少しずつ、5回くらいで切りましょう。小さい爪もなるべく数回に分けて切ります。一度でバチン!と切ってしまうと、深爪になったり、爪にひびが入って縦に割れてしまう原因にも。

koen_11.jpg
爪の端から……

koen_12.jpg
少しずつ切り進める感じで……

koen_13.jpg
最後まで爪から離さず切ります。

koen_14-2.jpg
切った爪です。こんな風に繋がらずに、途中で切れてしまっても大丈夫。「少しずつ切る」ことが大事。

3. 爪やすりを使ってみましょう。

【爪やすりの選び方】
爪やすりにはガラス製やステンレス製など様々ありますが、ガラス製の爪やすりがおすすめ。ガラス製の良さは、爪はしっかり削れるけれど、皮膚は削れないところです。
足の爪は伸びるスピードが遅いため、爪切りで形を整えた後は、週に一度くらい爪やすりで削って長さをキープするだけでも十分です。

koen_15.jpg
今回使ったガラス製の爪やすり。片面だけザラザラしています。

【爪やすりの使い方】
爪やすりを長く使えるように根本を持って、爪の端から中心に向かって一定方向に削ります。片側が終わったら反対の端からも同じように。
※往復でゴシゴシかけるのはNGです。

sashikae01.jpg
爪やすりの先端から根本まで使って巻き込むイメージで一定方向に5回くらい削る。

sashikae02.jpg
反対は、爪やすりの根本から先端に向かって滑らすように一定方向に5回くらい削る。

仕上げにやすりを縦方向に使い、面取りするように滑らかに整えて完成です。

koen_18-3.jpg
この時も下から上へ一定方向に削ります。

なお、使い終わった爪やすりはその都度ハンドソープで洗ってしっかり乾燥させましょう。雑菌をしっかり洗い流していれば、家族で同じやすりを共有しても、衛生的には問題ありません。(爪切りも同様です。)
爪やすりは消耗品です。削るのに力が必要になってきた、きれいに削れなくなってきたと感じたら新しいものに買い替えましょう。

4. 足と足爪の洗い方・拭き方

水虫の原因となる強力な白癬菌(はくせんきん)が皮膚に付着しても、24時間以内に洗い流せば感染しないと言われています。特に足指の間、足指の裏側、そして爪の周りや爪の横の溝はしっかり洗えていないことが多く、この部分から雑菌に感染することがあるので1日に1度は丁寧に洗いましょう。

今回はフットバスを使い、二人一組でお互いの足を洗ってみました。フットバスを使って足を洗う時、お湯の温度はぬるめの36℃くらい、そして両足で5分以内を目安に。温度・時間ともにこれ以上になると皮膚の乾燥につながります。

koen_3-5.jpg
他の人の足を洗う場合は、片手はかかとを支えるようにすると安定しますよ。

洗い終わったら新しいお湯で泡をしっかり洗い流し、タオルで包んで押さえます。拭くというより水分をタオルに吸わせるイメージです。ゴシゴシこすると表皮が剥けてしまうのでご注意を。足指も1本ずつ、指の間も押さえるようにしてしっかりと水気を拭き取りましょう。

koen_3-6.jpg
やさしく、しかし、水滴が残らないように拭き取ります。

5.足も爪も、しっかり保湿を。

最後は保湿クリームでしっかりスキンケアしましょう。
そして、皮膚だけでなく爪も乾燥するので、爪にも爪周りにもクリームを延ばします。ただし、足指の間や指の裏は湿りやすく、雑菌に感染しやすいため塗りません。
爪のケアをすることで、爪に栄養を運ぶ爪母(そうぼ。爪の付け根あたり)の刺激にもなり、健康な爪が生えてくる助けになります。

歩くために爪は必須です。今日から爪のケアも忘れずに。


以上、全3回の健康講演会のレポートでした。
来年も、この3回をワンクールとして、足まわりの新しい内容も追加しつつ、続けていく予定です。

koen_3-7.jpg
ケアソクの坪谷と亀山ペア。なかなかない画です。笑 足をさわってもらうのはちょっと恥ずかしいものですが、より気持ちが近づく感じがしますよ。まさに“タッチセラピー”ですね。

2019年11月27日
加茂市健康講演会 第3回「足のケアを実践」(実技講習会)

講演者:
山下 和彦氏(工学博士)
了徳寺大学 教養部 教授
たかせクリニック 地域医療研究部 部長
専門分野/生体医工学、高齢者福祉工学、発達工学、医療情報学

白倉 重樹氏(工学博士MBA)
一般社団法人ライフロングウォーキング推進機構 代表理事
株式会社Plugnauts 代表取締役
専門分野/無機材料工学、繊維材料工学、マーケティング、企業経営学


「足のちえぶくろ」でも正しい爪の切り方を紹介しています。こちらもどうぞ。
→参照記事: 巻き爪の予防にも! 正しい爪の切り方講座。


(スタッフ 高木)


自分の足を見てみよう! 元気に歩き続けるための足チェック講座

今回のレポートは、新潟県加茂市で開催された「加茂市健康講演会」の続きです。1回目は、認知症予防・介護予防のために、足が鍵であるというお話。歩行機能を維持することが健康寿命を延ばすために深い関係があることを学びました。

健康講演会1回目「あなたが決める加茂市の未来」のレポートはこちらです。
→参照記事: みんなが気になる、認知症予防・介護予防。その効果的な方法とは!? 真剣レポート!

続く2回目は、自分の足の状態を知るための足の見方を学びました。その内容をお伝えします!

koen_2-1.jpg

足が不健康なのはタイヤがパンクしている状態!?

身体を支える基本は「足」です。膝痛・腰痛で動けないという高齢者も、実は足が原因であることも。
足が健康でないことは、車にたとえればタイヤがパンクしている状態です。そんな車では長く走れませんよね。万一、パンクに気づかずそのまま走り続ければ、故障の原因になったり、ハンドルを取られて大事故を起こしかねません。
人間でいえばタイヤはまさに「足」。足の状態が他の部位にも影響を与えます。だから、足を健康に保つことが大切なのです。

まずは、自分の足をよく知ること。

自分の足の状態がわからなければケアもできません。まずは足の甲も裏側も、じっくり観察します。
タコやウオノメが見られたら、そこにできる原因を探ってみましょう。靴が足に合っていないことや歩き方が原因であれば改善する可能性があります。皮膚のターンオーバーのサイクルは約6週間ですので、自分のサイズに合う靴を選ぶ、正しい歩き方を意識するなどの習慣を変えることで変化が期待できます。(※ターンオーバーのサイクルは年齢や生活習慣により変わります)

また、乾燥してガサガサになっている部分があると感覚が伝わりにくくなり、バランス感覚が悪くなることも。ガサガサかかと対策の靴下や保湿クリームでしっかり潤いをキープしましょう。

koen_2-4.jpg
指の付け根が固くなっているのは横アーチの崩れが原因。歩くたびに一番先に当たり続けて負荷がかかり、角質化→胼胝(べんち=タコ)になってしまいます。

次に、足の爪も見てみましょう。
爪が巻いていないか、食い込んでいないか、変色はないか、ボロボロ欠けやすくなっていないかなど、爪の状態をよく観察します。

足も爪も、痛みを感じたり気になることがあるときは、我慢せず早めに皮膚科などの専門医を受診することをおすすめします。

足指はどこまで動きますか?

足の柔軟性、足指の可動域が大きいこともまた大切なことです。
足でゲンコツができますか? じゃんけんのグーを足でするイメージです。簡単そうに見えて、慣れないうちは足がなかなか言うことをきいてくれないのがわかりますよ。

koen_2-2.jpg
まるで手のような足!? 山忠直営店「足の健康専門店」の五十嵐の足です。ゴツゴツのゲンコツがはっきり見えますね。

次に、指と指の間をぐっと押してみましょう。指同士が写真のようにしっかり離れるのが理想です。

koen_2-3.jpg
片足4か所の指の間、全部を押して確認してみましょう。

いかがでしたか?
足を見る習慣をつけると、足の変化にも気がつくようになります。
次回の「フットケア講座 実践編」では、実際にご自宅でできるフットケアの方法を学びます。


2019年10月28日
加茂市健康講演会 第2回「自分の足チェック実践講座」

講演者:
山下 和彦氏(工学博士)
了徳寺大学 教養部 教授
たかせクリニック 地域医療研究部 部長
専門分野/生体医工学、高齢者福祉工学、発達工学、医療情報学

白倉 重樹氏(工学博士MBA)
一般社団法人ライフロングウォーキング推進機構 代表理事
株式会社Plugnauts 代表取締役
専門分野/無機材料工学、繊維材料工学、マーケティング、企業経営学


※加茂市健康講演会の3回目のレポートは下記リンクからご覧いただけます。

加茂市健康講演会3回目
→参照記事:自宅でできる! 自分でできる! フットケア実践編


(スタッフ 高木)



ケアソクが、トッキンマッシュと初コラボ! イベント参加レポート

TOC2019_1-2.jpg

2019年11月2日(土)、「トッキンマッシュ トークイベント2019 “THE OPEN CAMPUS”」に参戦すべく、東京の門前仲町・HYPERMIXを目指して新潟県加茂市を出発。
われらチームケアソクは、ポッドキャスト「墓場のラジオ」で一躍“時の人”となった、「#高木さん素敵」こと高木を率いて―――。

「#高木さん素敵」の誕生秘話はこちらからお聴きいただけます。
→ 墓場のラジオ 第53夜「これにて完結しますん談義」

TOC2019_2.jpg
朝4時半。初冬を迎え、まだ朝日も昇らない闇のなか、東京を目指した一行。

関越自動車道をひた走るなか、すっかり夜も明け、青空が広がる晴天に。「日ごろの行いがいいから天候に恵まれた?」なんて思ったのも束の間、首都高に入るなり大渋滞。東京の洗礼を浴びつつ、どうにか開始時間までに会場入りできました。

そもそも、なぜこのイベントに参加できたかというと。

ポッドキャストの番組「墓場のラジオ」内で、MCのシブちゃんが“最近買ってよかったモノ”として〈ととのえる ウォーキング〉を紹介してくれているという情報を聞きつけたチームケアソク。図々しくも「一緒に楽しいことができればいいですね♡」とリクエストしたところ、このようなステキなイベントに参加できることになったのです♪

きっかけになった配信はこちらからお聴きいただけます。
→ 墓場のラジオ Season.2 第11夜「最近買って良かったもの談義」

TOC2019_4.jpg

開演1時間以上も前から、人があふれ出す会場前。トッキンマッシュの人気ぶりがうかがえます。そりゃ、Apple Podcast「2019年必聴Podcast作品」に選ばれたトッキンマッシュですからね!!
お客さん同士で「久しぶりだね~!」とか、イベントスタッフがお客さんに「いつもメッセージくれる○○さん?」とか、アットホームな雰囲気がいい感じ。お母さんと息子さん(中高生くらい?)で一緒に参加の親子、ご夫婦と思われるご年配の方など、30~40代が多いけれど「世代を超えた人たちに愛されている番組(彼ら)なんだなー」と実感しました。
ケアソクのスタッフとも気軽に話してくださる方が多く、新参者なのにホームのような心地よさを感じました。皆さん、温かく迎えてくださってありがとうございました。「新潟の三条に行ってみたい」と声をかけてくれた大阪の女性の方、新潟でお待ちしていますよ♡

TOC2019_5.jpg
言っておきますけど、トッキンマッシュって、徳島で番組を作っている人たちですからね。東京でこんなにお客さんを呼べちゃうんだからスゴイ!

足の大切さの伝道師を目指して。

さてさて、今回ケアソクが何を目的に参加してきたのかというと、「足の大切さ」をたくさんの方に知っていただきたいから。
来場されたお客さんの足底圧の計測を行い、イベント3時限目「保健体育」にてケアソク理学療法士の北澤さんが「足」について講義しました。

TOC2019_6.jpg
シブちゃんの足底圧を公開計測中! あれ? オバケなのに、足があったのね?(きっとイベント仕様の仮の姿だったのさ)。笑。

【保健体育の主な内容】
・「理想的な足底圧」と「自身の足底圧」を比べてよう
・足の基本構造とアーチの役割
・大事な「足」のためにできること(足指グルグル体操、正しい靴選び、靴下も大事!)
以上をお話しさせていただきました。

講義後は足について関心を示す方が多く、ケアソクブースに立ち寄ってくださる方が次から次へ…。皆さんの足底圧画像を見ながら、理学療法士の北澤さんから個別にアドバイスさせていただきました。

TOC2019_7.jpg
靴紐の結び方を直接アドバイスする一幕も。

とっても楽しいイベントでした! そして、お客さんたちが本当にあったかかった!! またどこかで皆さんにお会いできるといいなー。
慌ただしい1日はあっという間に過ぎ、充実感に満ちあふれた思いのなか帰路につく一行なのでした。

TOC2019_8.jpg
シブちゃんを囲んで。左から、理学療法士の北澤さん、坪谷、♯高木さん素敵(高木)、シブちゃん、内藤、高橋

TOC2019_9.jpg
シブちゃんからサインもらっちゃった♡

当日のイベントの模様を動画でご覧いただけます。こちらからどうぞ!
→ トッキンマッシュ トークイベント2019 “THE OPEN CAMPUS”

MCのシブちゃんとノブちゃんの足底圧計測結果は、後日公開します。お楽しみに~♪

(スタッフ 内藤)