オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

今話題の「浮き指」ってなに? ~基礎知識編~

このところテレビや雑誌で「足」の特集を目にするようになりました。
そして最近、耳にしませんか? 「足」の話題に出てくるキーワード「浮き指」。

自分は健康足だ!と思っていた新人スタッフ片桐も、実は「浮き指」だったことが判明。
→参照記事:自称「健康足」が実はボロボロ!? 足の健康状態を「見える化」する装置とは?

若いというのは関係ありません(ひがみじゃなく)。今や日本人の半数以上は「浮き指」と言われる時代なのです。

で、「浮き指」ってなに!?

簡単にいうと「足の指が浮いて地面に接していないこと」。
ではそれがなぜ悪いのでしょう? 浮き指だからって痛みもないし、歩けてる。そこが浮き指の困ったところなのです。

ukiyubidata.jpg
足底圧データで見ると一目瞭然。足指の一部に力がかかっていないのがわかります。

本来は足指も含めて足全体で全体重を支えるところ、足指が着いていなければ体重を支える面積が減少してしまいます。たとえば逆立ちをするとき、手の指をしっかり床に着けますよね。手のひらだけで逆立ちはとても難しいでしょう。足の場合もやはりバランスが悪くなり、踏ん張りがきかなくなります。

足指には地面をしっかり捉えてバランスを保持する大切な機能があるのです。

その体の不調、「浮き指」のせいかも?!

「浮き指」は足だけの問題ではありません。浮き指になると体重が後ろ荷重気味になります。のけぞった姿勢では後ろに倒れそうになるため、バランスを保つために膝を少し曲げ気味に、上体は前傾姿勢になりやすいのです。いわゆる「猫背」が続くことで、膝や腰、肩や首などに負担がかかると考えられます。それに……腹筋が弱ってぽっこりお腹にも。それは避けたいですよね。

ukiyubishisei.jpg
緑色が重心線。後ろ重心になった姿勢でバランスを取ろうとするめ、足以外のいろんな場所に負担がかかります。

浮き指をかばって足以外に影響が出るので、原因不明の膝痛や腰痛、肩こりや頭痛などが、もしや足に原因があるのでは? とは想像しにくい。これが、浮き指の非常に困ったところです。

あなたの足指はちゃんと床に着いていますか?
着いているつもりでも、実は浮いているかも……?

足の計測ができる機会があれば、ぜひ調べてみてください。

次回は「浮き指の予防と改善」のためのエクササイズをご紹介します!


(監修 理学療法士 北澤友子) 
(イラスト 佐藤 / 編集スタッフ 高木)


「ケアソク」は、浮き指の予防・緩和に役立つフットヘルスウェアです。
足の専門家と共同開発し、科学的なエビデンスのある “新しい概念の靴下” をぜひお試しください。

→ケアソク <ととのえる>シリーズの詳細はコチラ!
mame1_totobanner.jpg
普段の靴下をケアソクに代えるだけ。浮き指に不安がある方は、まずはぜひ履いてみてください。

「ケアソクってなに?」という方は、まずこちらのマンガを。
ドラマ化もされた大ヒット作品「うつヌケ」の作者・田中圭一氏が、ケアソクと足の世界をじっくり描いた大作です!
→マンガでわかる!足の世界『あしたの、足に。』

mame2_ukiyubimanga.jpg
「浮き指ってそんなに深刻なこと?」とギモンに思う方にこそ読んでほしい、漫画家・田中圭一氏による取材作品です!