オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

かかとの角質が気になる季節! ガサガサかかとの原因と対処法とは?

日に日に寒くなってきましたね。
寒くなると同時に、乾燥の季節がやってきます。
そして乾燥するのは顔や体だけではありません。「かかと」も同じです。

gasagasa.jpg
寒い時期になるとひどくなる、かかとの荒れ。

かかとの乾燥の度合いは人それぞれですが、
・なんとなくカサつく感じがする。
・ストッキングを履くとき、かかとに引っかかる。伝線してしまう。
・角質が固くなっている。たまに軽石やヤスリでこすることがある。
・見るからにガサガサ。ひび割れて歩くのもつらい……  などなど。

こうなると、裸足に自信がなくなってしまいますね。


なぜ、かかとがガサガサになるのか?

ガサガサかかとの原因は、まず「乾燥」です。
そもそも、かかとは皮脂の分泌腺がないため乾燥しやすいのです。そこへ体重がかかることや、足に合わない靴を履いて靴下との摩擦が起こることなどにより、角質化しやすい性質があります。

また「冷え」も挙げられます。足が冷えて血液やリンパの流れが悪くなることで、さらに皮膚のターンオーバーを妨げて角質化……という悪循環にも。
外気が乾燥しにくい夏場でも「かかとがガサガサでサンダルや裸足になれない」という方は、冷房による冷えにも気をつけましょう。  

ケアソク〈うるおす〉でかかとを集中保湿!

そんなこと言われても乾燥しちゃう……という方にケアソクがぜひともおすすめしたいのが、〈うるおす かかとカバー〉。
〈うるおす〉という名前のとおり、「履くだけでかかとをうるおします」。

なぜ履くだけでうるおうのか? ポイントは2つあります。

①「うるおい保湿シート」による保湿効果
かかと部に内蔵した独自の保湿シートが足本来の水分を逃さないことで、かかとの角質にうるおいを与えます。

②歩行時に皮膚を摩擦から保護する「二重編み構造」。     
普通の靴下は、歩行時に皮膚と生地がズレることで摩擦が起きます。それが〈うるおす〉の二重編み構造の場合は、皮膚側の生地はかかとにフィットするため、生地同士の摩擦は起こるものの、皮膚と生地の摩擦は起こりにくいのです。

保湿クリームも不要という手軽さ。〈うるおす〉の着用を続けることでかかとのスキンケアをサポートします。

uruosu_pink.jpg
かかとを合わせて履くだけ! 肌に吸い付くようなフィット感で水分を逃がしません。

リラックスタイムにはもちろん、つま先フリーで薄型なので靴下やタイツの中にインナーとしても使用できますよ。


こんなときはご注意を。

なお、角質が厚くなりすぎている場合やひび割れている場合などは、フットケアサロンや皮膚科を受診することをおすすめします。ご自身で削ったりこすったりする場合、削りすぎて皮膚を傷つけたり、傷口から雑菌が入ったり……ということも稀にあります。ご注意くださいね。

また、皮膚にトラブルのある場合は、保湿が逆効果になってしまうことがありますので、まずは皮膚科医にご相談いただくことをおすすめします。

豊富なカラーラインナップも魅力
→〈うるおす かかとカバー〉の商品情報はコチラ!

漫画家 田中圭一氏が描く足の世界「あしたの、足に。」
マンガの中で芦田理子(あしだりこ)が〈うるおす〉を着用しています。
→ケアソクマンガもあわせてどうぞ!

夏には自信をもって見せられるかかとに。
履くだけでできるお手軽なかかとケアを始めてみませんか?


(スタッフ 高木)