オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

ニオイも気になる季節! 足の洗い方、大丈夫?

あなたの足はきれいに洗えていますか? いきなり失礼な質問ですみません。
でもよく考えてみると、毎日お風呂に入っていても、頭や体に比べて、足は丁寧に洗えていない気がしませんか?

足をきれいに洗うことで、気になる足のニオイ、さらに水虫の発症や爪の炎症を防ぐことができます。

素足を見せる夏、おすすめの足の洗い方についてご紹介します!

洗う前の準備は「温める」こと!

お風呂に浸かると、皮膚がやわらかくなり、古い角質が落ちやすくなります。

とは言っても、最近はシャワーだけで湯船に浸からない人も多いですよね。私もその一人です。

そういう人にオススメなのが、足浴!

araikata_1.jpg
洗面器に40℃くらいのお湯を張って、足首までつけます

時間は5~10分程度! 長すぎると皮膚がふやけてしまい、洗ったときに皮膚を傷つけてしまうおそれがあります。

ちなみに! 足浴をすることで血行がよくなって、むくみの改善にもなりますよ!

足には石けんを!

ほとんどの人が足もボディーソープで洗っていると思います。でもボディーソープの中には洗浄力がとても強く、必要な油分まで洗い流してしまうものもあるのです。なので、殺菌作用のある石けんを使うのがオススメ!

石けんをよく泡立てて、手で優しく包むように足全体を洗います。
タオルなどを使う場合はやわらかいもので! ゴシゴシ洗うと皮膚の表面が傷つき、そこから菌が繁殖する恐れが……!

そして、指と指の間は、手の指を差し込んで1本1本丁寧に洗います。

araikata_2.jpg
指をよくさわることで、足指を意識するきっかけにも!

爪の溝を洗うことも大切! 爪の溝は汚れがいっぱいです。手で洗うだけでなく歯ブラシを使うといいですよ。

araikata_3.jpg
歯ブラシは柔らかく毛が細いもので、細かく動かすのがポイント!

しっかり洗ったあとは、よーく洗い流します。指と指の間や爪に泡が残らないように、1本ずつ流しましょう。

洗うだけで満足しない! 乾かすことが大事!

忘れてはいけないのが、水分をしっかり拭き取ること! バスマットに乗って、足の甲をポンポンと軽く拭くだけで終わりにしていませんか? 水分が残っている足は、またまた菌が繁殖する絶好の場所に……!

やわらかいタオルを使い、足全体を包み込むように水分をとっていきます。洗うときと同じように、ゴシゴシしてはダメですよ。指と指の間や爪は、水分が残りやすいので要注意!

それから、濡れたままのバスマットは衛生的によくありません。こまめに洗って乾燥させましょう。

保湿も忘れずに!

洗ったあとは脂分が減少し、乾燥しやすくなっています。すぐに保湿効果のあるクリームを塗りましょう! かかと、足裏、指など、全体に塗ってくださいね。爪の周りも忘れずに!

このときに、足をさすったり揉んだりなどの、簡単なマッサージをすると、一日の足の疲れがとれますよ。

クリームを塗ったあとは、靴下を履くとより効果的! クリームの有効成分が浸透しやすくなります。

これまで続けてきた洗い方と比べて、いかがでしたか?

今、足のトラブルがある方はもちろん! ない方も、トラブルが起きてからでは遅いのです。
毎日のお風呂で、足のセルフケアをしていきましょう!

(監修 理学療法士 北澤友子)
(編集スタッフ 高橋)