オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

実証! ガサガサかかとも「履くだけ」でツルツルに⁉ 夏直前でも間に合うお手軽かかとケアはこれだ!

もうすぐ夏本番。素足でいるのが気持ちいい季節になりました。これから素足にサンダルを履く機会も増えてきますね。素足になって気になるのが「かかとの荒れ」。ガサガサかかとだと、せっかくのおしゃれも100%楽しめませんよね。

かかとが荒れるメカニズム

そもそも、かかとが荒れてしまう原因は、大きく「乾燥」「摩擦」「冷え」の3つ。もともと、かかとには皮脂の分泌腺がないため「乾燥」しやすい部位です。そこへ体重がかかることや、足に合わない靴を履いたことで起こる靴や靴下との「摩擦」などで、かかとの角質が厚くなってしまいます。そして「冷え」は、酸素を含んだ血液が足の末端にまで行き届かず、皮膚のターンオーバーを妨げてしまうのです。

一般的なかかとのセルフケアは、
・保湿クリームをぬる
・やすりや軽石で角質を削る
・薬剤などを使って足裏の皮を剥く
などがありますが、時間を取って毎日、または定期的にかかとのケアをするのはちょっと手間ですし、お肌が弱い方など体質に合わないこともありますよね。

「うるおす<かかとカバー>」は「履くだけ」でかかとをケアできるから、とっても手軽。かかと部に内蔵した独自の保湿シートが足本来の水分を逃さないことで、かかとの角質にうるおいを与えます。もちろん、薬剤などを使わないので、お肌の弱い方でも安心してお使いいただけます。

kakato_1.jpg
肌に吸い付くようなフィット力で水分を逃さず、かかとを集中保湿します。

実際にスタッフが7日間履いてみました

荒れ気味かかとをもつスタッフ高木が、実際に7日間「うるおす<かかとカバー>」を履いてその効果を試してみました。

kakato_2.jpg

これが「うるおす<かかとカバー>」を7日間履いた結果です。いかがでしょう。もちろん効果には個人差がありますが、たった「7日間」でこんなにしっとり! ツルツルかかとになりました。

kakato_3.jpg

近くで見てもこの通り。白い線が見えないくらいうるおってしまいました。

これならサンダルも周りの目を気にせず履けちゃいますね! 顔や体に比べると、ついつい後回しにしてしまうかかとのお手入れですが、これなら履くだけでケアできちゃうからとってもラクちんです。

実はこの「ケアソク うるおす」、「たった1日履いただけで効果が出た!」というお声をいただくくらい、即効性を感じる方も多いのです。 ケアソクマンガでも、社長の中林が「うるおす」について触れています。
→マンガでわかる!足の世界『あしたの、足に』はコチラ!

サンダルを履いた日こそ、かかとケアを!

かかと荒れの原因のひとつに「乾燥」があるとお伝えしました。サンダルなどを素足で履いていると、外気にさらされ、かかとが乾燥しやすくなってしまいます。素足で過ごした日、サンダルなどを履いた日は、「うるおす<かかとカバー>」でしっかりかかとケアすることをおすすめします。

kakato_4.jpg
豊富なカラーラインナップも人気のヒミツ。あなたはどの色がお好きですか?

→「うるおす<かかとカバー>」の詳しい情報はコチラ!

「うるおす<かかとカバー>」で、この夏はツルツルかかとで過ごしませんか?

※かかとの荒れがなかなか改善しない方へ
ケアをしてもかかとのガサガサが改善しない場合は、かかと水虫など、他の可能性も考えられます。気になる方は、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。


(スタッフ 片桐)



24歳の私に「ととのえる」は必要ないのか!?

はじめまして! 今年2月に入社した高橋です。

研修でしっかりと「ケアソク」ブランドについて猛勉強!……したのですが、正直なところ「足からの健康」というコンセプトにまだピンときていません。靴下一枚で健康に……? ホントかなあ? と思いませんか!?

今年24歳、さとり世代の私にとって、自分にニーズを感じないものは必要ないのです。メリットがなければ、買う気にならないのが本音……。

ashiyubi_1.jpg
20代がこの商品に納得できるものなのか……?

先輩! 私の足、見てください!

「ケアソク」のブログの先輩である片桐に疑問をぶつけてみました。(頼れる優しい先輩です)

「そっか、実感してみないとわからないよね。ちなみに、体のことで悩みはある?」

んー、最近は肩がこりますね。でも靴下でどうにかできる問題じゃないと思いますよ?

「もしかしたら関係あるかもしれないよ。まずは自分の足を知るところからだね!」

というわけで、足底圧を測ってみることに。

ashiyubi_2.jpg

え!? 指がちゃんと映ってない!

「これは浮き指。かかとが赤いから、かかと重心だね。指はついていても、力が入っていないみたい。」

なるほど。だから指が映っていないんですね。

特に痛みもないので、足の指のことなんて全く気にしていませんでした……。

20代でも「かくれ浮き指」の人はいっぱいいるかもしれませんね。


足の指しっかり動きますか?

足の指といえば、私、足の指でグーパーできないんです。

ashiyubi_3_2.jpg
こちらは足指トレーニングを1年程続けた人のグーとパー! グーは握りこぶしみたい、パーは指の間がしっかり開いてます

ashiyubi_4_2.jpg
こっちが私のグーとパー。これでも必死に頑張っているんですよ?

比べると全然違いますね。

みなさんはできますか? できないのは指に力が入っていないからなんですね。

でもこれでなんの問題が?

「指に力が入らないと、バランスが崩れて他のところに余計な力が働くの。猫背になりやすかったりして、肩こりの原因になることもあるんだよ」

え!? そんなことが起きるの? 恐ろしい……。浮き指はわたしにとって、大問題なのかも。

「浮き指」についての詳しい説明はコチラです。
→参照記事:今話題の「浮き指」ってなに? ~基礎知識編~

「ととのえる」でデータは変わるのか?

「そこでこれの出番! 『ととのえる』を履くと、指が地面に着きやすくなるんだよ」

いやいや、靴下を履くだけで指が着くなんてまだ信じられませんよ。やっぱりこれも自分で確かめるしかないですね。

ashiyubi_5.jpg
初めてのインナー5本指体験

履いてみると、指が広がっている感じ! 普通の靴下だと、指が縮こまっている感じでしたが、それがありません。

計測結果は……?

ashiyubi_6.jpg

お! 裸足のときよりもばっちり指が映っている! 
かかと重心なのは変わりませんが。

履きながら少し歩いてみると、なんだか、いつもより足の指を使えているような!


健康を取り戻すためには?

「どう? 少しは必要性を感じた?」

まさか足の指にこんなにも力が入っていなくて、それが問題だなんて思っていませんでした。私にも関係大ありでしたね! 「ととのえる」で指が地面に着くということもわかりました!

ちなみに、足の指って動くようになるんでしょうか?

「まず『ととのえる』を履いて、普段から足指を使うことを意識する。それから、足指トレーニングをするといいかも! 『ケアソク』のブログで紹介してるから、参考にしてみて!」

なるほど、やってみます! すっかりモヤモヤが解消されました。

というわけで、該当の記事はコチラ。分かりやすいです。
→参照記事:今話題の「浮き指」ってなに? ~予防改善エクササイズ編~

「ととのえる」を履いて初めて1日過ごした次の日。

なんと! 足の指と付け根のあたりが筋肉痛(?)になったんです! 足の指が筋肉痛になったのは初めてでした。今までどれだけ指を使えていなかったのか、そして「ととのえる」を履くことでしっかり指を使えることが実感できました。

こんなに変化があるなら続けるしかありませんね! そして健康になるのです!! というわけで、これから「ととのえる」生活の始まりです。

果たして、私の足の指は動くようになるのか!?
少しでも気になった方は、私と一緒に「足からの健康」を目指してみませんか?

(スタッフ 高橋)


【足のプロ紹介】 アスリートたちの計測会 「神奈川県厚木市/つまだ整骨院」

今回、足の計測会に伺ったのは、スーパーゴッドハンドの鉾崎聖宗(ほこざきまさもと)先生で知られる「つまだ整骨院」様。なんと予約枠の稼働率が90%を超えるという、スポーツ選手も集まる整骨院です。

tsuma_4.jpg
右が鉾崎先生、左が山忠社長の中林。

現役アスリートの足はどんな足なのか!?

当日は、いずれも20代前半、「日本国内のランキング10位以内」というボクサーが集まって、足底圧データと歩行分析を行いました。

tsuma_1.jpg
営業の亀山、なかなかのプレッシャーではと想像しました。笑

これほどストイックに身体を鍛えているボクサーのみなさんのこと、きっと足にもかなりの筋肉が付いて、アーチが落ちるどころかハイアーチ気味なのでは……とケアソクチームは予想をしていました。

ところが、実際に足底圧データを見ると「アスリートだから」というような際立った特徴は発見できず、一般的なデータとあまり変わりない印象。

tsuma_8.jpg
参加者の足底圧データより。おふたりとも足指が映っていない「浮き指」の傾向です。

そして今回は、足底圧計測のほかに、歩行時の重心バランスがわかる「重心動揺計」でも測定しました。

tsuma_6.jpg
この方の場合は、歩行時に重心が左側に偏っているのがわかります。

ここで鉾崎先生、これらのデータを総合的に分析しながら、
「なるほどね~そういうことか」
「やっと理由がわかった」
「治療方針を変えようかな」
と、かなり納得されている様子。

実際のところ、「かかとが痛い」とおっしゃっていた参加者の方が、この後、治療方針を変えた上で、「ケアソク ととのえる」を併用してくださったそうです。その結果「かかとの痛みがなくなった」と、後日、鉾崎先生からご連絡をいただきました。

靴下ならだれでも、家でも履ける

鉾崎先生はもともと、ケアソクのウェブサイトをご覧になって、ご自身で「ととのえる」を購入して使ってくださいました。今ではご自身の施術の有効なサポートツールとして「ケアソク」を捉えてくださっています。

「スポーツ選手の場合、試合が終わった後に選手の身体をいち早くニュートラルに戻すことが、私は大切だと考えています。それにより次のパフォーマンスの準備になる。パフォーマンスアップにもつながる。ケアソクがうたっている“本来の足にととのえる”という考え方はぴったりなんです。」

また、
「靴のインソールを日常的に使える方は少ない。しかし靴下なら誰でも、靴を脱いだ家でも履ける。履くだけで足が整う「ととのえる」を施術と一緒に着用していただくのをおすすめしています。」

そんな風にお話ししてくださいました。

毎日たくさんの患者さんに接している鉾崎先生に「ケアソク」を信頼していただけてとても嬉しいとともに、一層気が引き締まる思いで帰ってきた亀山でした。

(番外編)亀山がスーパーゴッドハンドを体験!

鉾崎先生が亀山の立ち姿を見て一言、
「左足の親指に力が入らないでしょ」

!?

確かに亀山、左足の親指付近に違和感があり、たまに痺れる自覚もありました。鉾崎先生につま先を押し曲げられても、力が入らずに押し返せなかったのです。

tsuma_3.jpg
まな板の上の鯉ってこんな感じでしょうか。

それが、少しの施術で左足に力が入るようになり、それまでの違和感がウソのようになくなるのがわかったそうです! これには亀山が一番びっくり。
おかげさまで、ますます営業に力が入りそうですね。


つまだ整骨院

住所:神奈川県厚木市10 妻田西2−10-3
TEL:046-295-1541 

つまだ整骨院のウェブサイトはこちら


(編集スタッフ 高木)



ゴールデンウィーク休業と出荷スケジュールのお知らせ

4/27~5/6はゴールデンウィークのため休業とさせていただきます。
期間中にいただいたご注文、お問合せにつきましては、5/7(火)以降、順次対応いたします。

また、以下の期日までにご注文いただいた商品は、ゴールデンウィーク前の出荷となります。

●ギフトラッピングありのご注文 →4/24(水)12:00まで
●ギフトラッピングなしのご注文 →4/26(金)12:00まで

【母の日のギフトラッピングについて】
4/26(金)12:00までのご注文につきましては、5/12(日)の「母の日」までにお届けすることができます。ゴールデンウィーク明けの出荷が多くなることが予想されますので、それ以降のご注文につきましては、母の日までにお届けする約束ができかねます。予めご了承ください。

※配送時の天候や交通事情やなどにより、遅延が発生する場合がございます。



「美ST」と「週刊女性」にケアソクが掲載されました!

春の陽気が心地よいこの頃、サンダルの季節も目前! メディアでは「自信をもって見せられる足になる!」ための特集が組まれています。
その中で「ケアソク」を取り上げていただいている雑誌を紹介しますね。ぜひご覧ください♪

BeST201906.jpg

●美ST(美スト) 6月号/150ページ
「はくだけで潤う最高に楽ちんなかかとケア」として、「うるおす<かかとカバー>」が紹介されています。
ケアする時間がなくても大丈夫! クリーム不要、角質を削ることもしない、まさに楽ちんケア。サンダル履きになる前につるつるかかとのご準備を♪

→「うるおす<かかとカバー>」の商品情報はコチラ!

●週刊女性 4月16日号/19ページ
「春の魅せ足 徹底ケア」特集の中で、「ととのえる<ウォーキング>」が紹介されました。
この特集では、フットケアスペシャリスト/スポーツ医学博士であり、そして山忠の「足のコンシェルジュ養成講座」の講師をしていただいている桜井祐子先生が、足のケアからおすすめの足ケアグッズまで紹介されています。必見です!

→「ととのえる<ウォーキング>」の商品情報はコチラ!

(スタッフ 高木)