オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

社員がゆく!足活レポート

社内研修「足のコンシェルジュ養成講座」とは?

先日、足のケアに関する著書も出されている桜井祐子先生を講師にお呼びし、社内で「足のコンシェルジュ養成講座」を開いていただきました!
桜井先生は、日本トータルフットマネジメント協会指定校である「足の専門校SCHOOL OF PEDI(スクールオブペディ)」の校長であり、さらに横浜のフットケアサロンの経営者でもあります。フットケア業界では有名な方なのです!

ashi_1.jpg
桜井先生(左)とアシスタントの吉川先生(右)。このお二人からみっちり学ばせていただきました!

1.まずは己の足指の自由度を知るべし!

ashi_2.jpg

講座でまず行われたのは「ボールつかみゲーム」!
これは1分間にボールや洗濯バサミなどを何個自分のかごに入れられるかを競うもので、自分の足をどの程度自由に動かすことができるかの目安となります。
これが一見簡単そうに見えて実は結構難しいのです。右足と左足で大きく結果に差があったスタッフも。

2.己の足指筋力(そくしきんりょく)を知るべし!

ashi_3.jpg
専用の機械、「足指筋力計測器」に足をセット。バーに足指を引っ掛け、ぎゅうっ……と力を込めて計測します。普段デスクワークの多いスタッフからは足がつりそう~という悲鳴があがりました(笑)。

みなさんは足にも手と同じように握力があることを知っていましたか? 足の指の筋肉は足の踏ん張りや姿勢、さらには瞬発力などの運動能力にも関係しているといわれています。

一般的には女性よりも男性の方が足指力があるはずなのですが、今回最も足指力のあったのはなんと女性のスタッフでした! 

3.学術的な勉強もするべし!

自分の足指がどんな状態か知った後は専門的な勉強を。足や爪の変形がなぜ起こるか、骨や筋肉、腱(けん)にまで掘り下げて学んでいきます。

うれしいことに、90歳の高齢であっても筋量は増加するのです!!
しかしそれを阻むのが足の痛み!
外反母趾、内反小趾、扁平足、巻き爪など爪のトラブル、タコ・ウオノメ……とお悩みは様々。大切なのは予防と痛みが出る前に改善することなんですね。

4.骨と関節の位置を確認するべし!

知識を得た後は、実際に足に触って骨と関節の位置を確認します。
骨の位置がずれているということはアーチが崩れているという証拠。アーチの崩れは様々な足のトラブルを引き起こします。

ashi_4.jpg
桜井先生によるレクチャー。足のアーチを支える骨のひとつ、舟状骨(しゅうじょうこつ)の位置に親指をあてています。

5.フットプリントをとるべし!

ashi_5.jpg

主要な骨と関節を確認した後は、フットプリントで足型測定をします。フットプリントからは体重の偏り、肉づき、足の長さや幅、タコやウオノメ、足の変形の有無……と多くのことが読み取れてしまうのです。

指の向きも確認しながらなぞって写し取るので、足底圧計測よりも骨の向きや足の変形を直感的に理解しやすいため、お客様にも分かりやすく説明できるかも、という意見も。

ahsi_6.jpg
マークを目印に骨と関節の位置に印をつけ角度を測ると、開張足や外反母趾、内反小趾、扁平足のレベルを詳しく計算できるのです。

6.テーピングをするべし!

ashi_7.jpg

マークした骨と関節を目印に、テーピングをほどこします。このテーピングは弱ってしまった筋肉に沿って粘着テープ貼ることでその筋肉をサポートし、回復の手助けをするというもの。その他にも、関節・筋肉・人体を保護するという役割もあります。

3つのアーチのテーピング、外反母趾テーピング、内反小趾テーピング。さらに巻き爪テーピングを学びました。

実はこの講座、今回で第3回目。私も第2回の講座を受講しましたが、見るのとやるのでは大違い! 最初はコツがつかめず苦戦しているスタッフもチラホラ。ですが最後には先生のお墨付きをいただけました。

女性スタッフからは、爪の色が良くなった! 肌の色がワントーン明るくなった! なんだか足があったかくなったような気がする……なんて声が上がりました。

実はテーピングには、血流が良くなり酸素が体の隅々にまで行きわたるようになるため、疲労回復が早まる。という効果もあるのです。爪や肌の色が良くなったのは、今まで滞っていた血流がテーピングによって改善されたためなんですね。

ashi_8.jpg

今回の講習で10名が「足のコンシェルジュ」資格を取得! 
これで社内には計27名の足のコンシェルジュが在籍していることになります。

今回桜井先生から、足のストレッチやトレーニング方法も教わりました。その方法は今後「足と靴下の豆知識」でご紹介していく予定です。


(スタッフ 片桐)


【足のプロ紹介】銀座の足の駆け込み寺「My Foot Station 銀座店」

華やかな銀座の一角に店を構える「My Foot Station」(マイフットステーション)は、主にオーダーシューズやオーダーインソールが作成でき、同時にサポートソックスも手に入る足と靴の専門店。今履いている靴を、自分の足に合うよう調整してもらうこともできちゃいます。 

mfs_1.jpg
ピンク色の看板が目印。左の方がマネージャーの渡辺さんです。

コンセプトは「【一人ひとりにぴったりの靴】を提供することを通して世界中の人々が元気で健やかに活動できる幸せを実現していく」こと。
そんな「My Foot Station」では、まずお客様の足を測ることから始めます。

mfs_2.jpg

3D計測機と足圧計、なんと機械2台体制でしっかり測定!画像のデータがあると説明も分かりやすいですね。

mfs_3.jpg

測定は座った状態だけでなく直立、歩行時の状態まで計測する徹底ぶり。足の状態を科学的に、立体的に調べること。これこそが【一人ひとりにぴったりの靴】を提案できる理由なんですね。

最先端技術に足のノウハウが合体!

「足の状態は座っている時と立っている時とでは変わる。立ち方にも人それぞれ癖がある」と言うマネージャーの渡辺さん。

渡辺さんはスポーツ選手のサポート業、オーダー靴業界を経て、「My Foot Station」を展開する株式会社ドリーム・ジーピーに入社。なんと、先ほど紹介した3D計測機を開発している会社でもあるのです!

最先端の機械に渡辺さんの培ってきた足のノウハウが加わったことで、お客様の足を計測後、どのように予防すべきかの話まで一環して分かりやすく伝えるための仕組みができたのだそう。

――― 一番大事にしていることは?

お客様にご自分の足を正しく知っていただくことです。データに基づいた具体的な改善方法を提案することを大切にしています。
それによってお客様に健康で快適な暮らしを送っていただきたいです。

mfs_4.jpg
足トラブル改善のアドバイスを受けながら。その足の状態に合うサポートソックスの提案をしてくれることも。

リピート率が高いからできる、継続的なサポート

――― いままでお仕事をされてきて感動されたことは?

足の悩みが深いお客様に改善方法をご提案し、それによってお客様が歩けるようになったことです。足の計測によって、正しいサイズをお伝えし、その後足の状態が改善されるのが見える事も。当店はリピート率が高く、お客様の足が改善していく過程を見ることができるのもうれしいですし、お客様から感謝の言葉をいただくことにも感動します。

定期的に来店されるお客様が多いのは、データと的確な提案があるからこそかもしれませんね。

――― 最後に足や歩行に関して、多くの皆様に普段から心がけていただきたいことはありますか?

「正しい歩行」というものはなく、その人に合った歩き方があるのです。データに基づいた改善方法をぜひ知っていただきたいです。

mfs_5.jpg
「My Foot Station」には、サポートソックスとしてケアソクの取扱があります。

銀座で歩く、都内で歩く足を助けてくれる、そんなお店です。
最先端の計測と確かな提案を、ぜひ試してみてください。


My Foot Station 銀座店

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-19-9 ギンザヨシダビル1F
TEL:03-5159-5075
URL:https://www.myfoot.jp/


(スタッフ 片桐)



【足のプロ紹介】 大井さんとこがないと困る!で98年。 京都「株式会社 大井製作所」

今回、中林が訪問したのは真夏の古都。昔ながらの風情を残す京都御所にほど近い場所で98年間、足のことを追及し続けている「株式会社 大井製作所」様。

そして37年も前から、トータルヘルスケアショップ「チヨニー」を本社に併設し、現在では「Medical Shoes & Insole MEDI + FOOT(メディフット)」として営業を続けていらっしゃいます。

gaikan.jpg
大井製作所の創立はなんと大正9年! 義肢装具の老舗なのです。

「メディフット」には丁寧にお話を聞きながら、ひとりひとりの足に最適な靴選びをしてくれる「足と靴の相談担当」が。 そして、靴・インソールの調整および加工、製造まで行っています。
また、外反母趾などの一般的な足のトラブルはもちろん、膝や股関節、糖尿病足、リウマチ、先天的障害……など、義肢装具会社として培った知識と医学的なアプローチをもって幅広い症状に対応しています。

shop.jpg
店内では「足と靴の相談担当」がじっくりお話を聞いてくれます。

kata.jpg

tukuru.jpg
オーダーメイドの足型がズラリ!

「仮にうちで扱っていない商品であれば、それを探して取扱店をご紹介する。せっかくご縁があって来てくださったのだから、せめて情報だけでもお伝えしたい、そういう姿勢を大切にしています。」そうおっしゃる社長の大井和子様にお話を伺いました。


やっと出会えた「理想の靴」

――― 大井社長は3代目なのですね。老舗の会社を継ぐのにはプレッシャーもあったのではと思うのですが。

そうですね。初代から義肢装具の会社で、私が継いだ時はすでに創立60年でした。私が日本で初めて女性の義肢装具士になったのは、女性の視点でもう一度この世界を見直そうと思ったからです。そして「足」に注目したのです。

――― 義肢装具といえば義手もありますよね。扱う範囲は足だけではないのに、なぜ特に「足」だったのですか?

私自身がどんな靴を履いても満足できなかったからです。特に足が悪い状態ではなかったのですが、どの靴を履いても足が痛くなりいつもストレスを感じていました。靴箱には靴があふれ、母からは「女優さんでもこんなに靴を持ってないよ」と言われました(笑)。

ところが1980年くらいからようやく日本にも「コンフォートシューズ」が入ってきたのです。それを履いたとき、「やっと快適な靴に出会った!」と感激しました。なによりソールの作りが全然違う。エアークッションが入っているおかげで足がとても楽になったのです。

私は、お客様に靴や商品を紹介するために、最低でも自分で1年間は使用することを心がけています。この時もちょうど1年間履き続けて「これは間違いない!」と確信し、健康靴の店を始めました。


一度でいいから、とにかく履いてみて! 

――― コンフォートシューズを日本で始めた第一世代ですね。

はい。そこで、ドイツ人マイスターに足を見てもらう「足と靴の相談会」を開催しました。その頃から実は靴に困っている方が多かったのですね。いつもたくさんの方が参加されました。

ただ、私も初めて履いたときに感じたことですが、当時のコンフォートシューズは機能はいいけれどデザインが無骨でした。お客様のなかには「こんな靴を履くんやったらオンナを捨てなあかん!」とおっしゃるかたも。そんなときには「とにかくだまされたと思って履いてみてください」とすすめましたね。一度履いたらわかるんです。気持ちよさを体が知ってしまうので、もう元の靴には戻れないのです。

――― わかります。体は正直ですよね。

靴下も一緒ですよ。このケアソク『ととのえる』を、たくさんある靴下のなかから毎日選んでしまう。体が気持ちいいのを知ってるからです。私自身がこのケアソク『ととのえる』の大ファンですよ。

2shot.jpg
『ととのえる』と一緒に。大井社長と山忠社長の中林

――― ありがとうございます! 先ほど会社の中を見学させていただいたのですが、「私もケアソクファンです!」と履いている『ととのえる』を見せてくれる社員さんがたくさんいらっしゃいました。このような足の専門家のみなさんにも愛されているのを知って素直に感動しています。

w.caresoku.jpg
足の専門家のみなさんにも認められた『ケアソク』!


人生を取り戻す、靴。

――― お客様との感動エピソードをたくさんお持ちなのでは?

嬉しかったことがいくつもありますよ。パリに旅行したお客様が報告に来てくださいました。「この靴のおかげでエッフェル塔の上まで登れたの! 他の方は足が痛いって登れなかったのに」と。

また、歩くことが苦痛で外出する意欲のなかった70歳くらいのご婦人が、この靴を履いて散歩を始めて次第に距離を増やし、ご自分の田舎にまで行ってこられたのです。そして、「足腰が痛くて歩くことを諦めていましたが、歩ける喜びをもう一度取り戻した。それは、人生をもう一度取り戻したことだと思います。二回分、人生を生きている気がする。」そう言っていただいたときは心から感動しました。

――― まさに「歩くことは生きること」ですね。

そうですね。それに、2週間後に膝の手術をする予定の方が、おすすめした靴を履いて膝の痛みが取れて、手術をやめましたと言われたこともありました。まだまだ働き盛り、50代の男性でした。
手術の前にできることがいっぱいありますよ。靴、インソール、靴下をトータルで考えていただきたいです。

egao.jpg
ご注文の靴とともに『ととのえる』も一緒に納品。


歩けなくなってからでは、遅い!

――― このコラムを読んでくださっている方にメッセージをいただけますか?

私たちは、自分の体から発している声にもっと耳を傾けなければいけないと思います。体は痛くなったり赤くなったり腫れたりすることで不調を訴えますよね。でもそれまでは気にならない。特に足は靴や靴下のなかで隠れてしまっているからなおさらです。外反母趾で変形が進んでいても多少の痛みならほっておく。もしこれが顔だったらどうですか? 病院に飛んでいきますよね。歩けているうちは、足は二の次になってしまうのです。

大切な足にもっと関心を持ってください。外反母趾の装具だけ作っても、窮屈な靴を履かれたら治りません。どんな電気を当てようと薬を塗ろうと、足を取り巻く環境をととのえなければダメ。たとえその日、お風呂に入らなくても足だけは洗っていただきたい。そして「今日も一日ご苦労さん!」と足に感謝して一日を終えてもらいたいですね。


株式会社 大井製作所/MEDI + FOOT(メディフット)

住所:京都市上京区下長者町通新町東入
TEL:075-441-1177
URL:http://ohi-jp.com/


(スタッフ 高木)


【足のプロ紹介】おしゃれが元気のヒケツ!「アルファ美輝 札幌本店」

『ケアソク』ではお客様からのお声を商品開発や改良につなげるため、『ケアソク』をお取り扱いいただいている靴屋さんなどを訪問してお話を伺っています。

初回は札幌市内に本店を置く「アルファ美輝 札幌本店」様。社長の中林がお邪魔しました。

代表の木田さんとは、京都で開催された「IVO日本整形靴技術協会」にて『ケアソク』のブースでお会いしたことがはじまりです。会場で『ととのえる』というネーミングに「びびっときた」とおっしゃる木田さん。その理由とは……?

1_somasan.jpg
「アルファ美輝」代表の木田様と山忠社長の中林

北海道内で唯一の「マスターシューフィッター」である代表の木田倫子さんをはじめ、複数のシューフィッター、専属の靴の調整師と修理の職人、義肢装具士……あらゆる足の資格を持ったスタッフが活躍しているお店です。

2_gaikan.jpg
1988年創業以来、足の駆け込み寺として道内で愛される「アルファ美輝 札幌本店」。

「アルファ美輝」では「血液の循環をよくする靴」の提供をとおして、その方にもっともふさわしい足の環境を提案するために、商品選びを徹底しています。そのポイントは、

・エビデンス(科学的根拠)があること
・医師が認めていること
・オススメする前にまず自分で人体実験
・足の健康の予防、維持に役立つもの

他の靴屋さんと違うところは?と聞いたところ、スタッフの小林さんから「たくさんあるのですが絞りますね」と3つお答えいただきました。

1. とにかくお客様のお悩みをしっかりとお聞きする!
2. 靴のあらゆる加工が店内でできる!
3. 機能性とおしゃれ感が両立した提案ができる!

3_fitting.jpg
シューフィッティングの様子。足の形、状態を見ながら丁寧に調整していきます。

4_repair.jpg
靴の調整から修理まで、靴のあらゆることが店内で完結しています。

5_tennai.jpg
機能だけが優れていてもダメ。はきたくなるデザインを選べることも大事です。

また現在は医療や行政とも連携しながら「歩ける足づくり」で社会貢献にも力を注いでいらっしゃいます。

あたたかい笑顔でとてもおだやかな印象の木田代表、どこにそれほどのパワーが隠れているのかお話を伺いました。

正しい靴でトラブルが改善!

――― 木田さんがそもそも靴の世界に入ったきっかけは何でしょう?

30年前、ビルケンシュトックに勤務してシューフィッターの資格を取りました。その時、医学に基づく靴と足の話にカルチャーショックを受けました。それは「正しい靴を履けば血液の循環がよくなる」ということでした。また正しい靴を履けば「靴の中で指がピアノを弾く」という言葉にびっくりしました。

――― 足の指でピアノを弾くんですか?

ほんとうに弾くのではありませんよ(笑)。当時の私はすごい冷え症のうえにウオノメで足が痛い状態でした。履いている靴といえば二等辺三角形のパンプスばかり。足が縮こまって、靴の中でピアノを弾くように指を動かせるなんて想像もできないことでした。

――― なるほど。

足が足の働きをしなければ、足→膝→腰→背中→首……に代償がいってしまう。だから、「正しい足づくり」が基本中の基本ということを知ってしまいました。

そして私自身、正しい靴を履き始めたら冷え症をはじめ足のトラブルが改善していったのです。なんて合理的なんだろうと思いましたね。これが靴の世界に入った動機です。

「アルファ美輝」店名に込められた想い

――― いちばん感動したお客様のエピソードを教えてください。

その光景ははっきり覚えていますよ。あるセミナーにリウマチのご婦人が杖をついて、ご主人に付き添われていらしたんです。その方がご自身にふさわしい靴に出会ったとき。

来たときとは違うスムースな動き。

杖を使わずに歩いて、クルッと振り向いたときの笑顔。

とっても素敵でまさに笑顔が輝いて見えたのです。一足の靴が人生を変えるといいますか、それを目の当たりにした瞬間でした。

「自分の足に合う靴を履いたら、美しく輝ける」その時の感動をそのまま店名にしたのです。足に悩みのあるお客様が幸せに帰っていただけるように、もっともっと勉強をしてお客様に正しい情報をお伝えしていきます。

――― 納得しました。だからこんなにたくさんの資格をお持ちなのですね。木田さんだけでなくスタッフのみなさんも。義肢装具士までいらっしゃる。

これはお客様の悩みをなんとか解決したいという思いから自然と増えていったのです。ここに来たらさまざまな足のトラブルが解決する、そのお手伝いができるように。

6_license.jpg
ここに掲示されている以外にもたくさんの資格が。

北海道を足から元気に!

――― 「アルファ美輝」が大切にしていることは。

やはりお客様の幸せでしょうね。お客様は悩んでいるのです。悩んで悩んで、どうしようって来られるんです。そして自分に合う靴が見つかったとき「これで安心して歩ける」って言っていただきたい。歩けなくなったときの精神的な落ち込みはすごいです。逆に歩けない方が歩けた時の喜びもすごい。足を靴下でととのえ、ご自分に合う靴を履けば立てるんですから。だって歩けない原因が病気ではない場合が多いのです。

それにそもそも足に悩みがあってもどこに行ったらわからない方がたくさんいます。靴を変えるという発想もない。足がとても大切ということが常識として浸透していくように活動を続けます。北海道を足から元気にしたいのです。

『ケアソク ととのえる』を見た時、その想いにまさにリンクする!と感じたのです。同じ想いが込められた靴下だと思いました。

――― 「アルファ美輝」にたどり着いた方は幸せですね。

私たちはお客様の足を本来のかたちに戻すお手伝いをしているだけなんですよ。足はその人に合った大きさで生まれてきます。それなのに大部分の人がいつの間にか縮こまって、足の機能を使わずに接地面積を少なくしています。フラフラするから歩きたくない。血行も悪くなるし姿勢も悪くなる。どうしたらいいかわからない……今後もそんな方たちをお救いしていきたいです。

7_staff.jpg

アルファ美輝 本店(アルファミキ)

住所:札幌市中央区北1条西23丁目1-28 リラハイツ表参道1F
TEL:0120-841-928
URL:http://www.alphamiki.co.jp/


(スタッフ 高木)



山忠の本気度。「足の研究会」やってます!

あなたの足はどんな足ですか?

どの指が一番長い?
タコはある?
かかとはきれい?
爪を切ったのいつだっけ……?

すぐに思い浮かべることはできますか?

たとえば顔だったら?毎朝、鏡でお肌の状態をじっくり観察したりして。

シミは増えたらイヤだけど生活には支障ない。でももし歩けなくなったら今のあたりまえの生活が激変するでしょう。

そんな大切な部分なのに、痛みや不快感がなければ気にすることがないのが「足」だと思うのです。

「ケアソクをつくる人々」の足はカンペキなのか?

そんな山忠の社員はさぞかしみんな足がピカピカなのよねと思われるでしょう。

しかし社員数名の足底圧を測ったところ、まさか!全員の足指がちゃんと地面についていないことが判明。ほかにも外反母趾、扁平足にかかとの荒れ、ひざの痛み、冷え症……さまざまな足の悩みを抱えている社員のなんと多いことか。「足から健康に」をうたっている会社なのに。

このままではマズイ!ということで、社内で「足の研究会」が始まりました。

kenkyukai.jpg
専門的な内容にも必死でついていきます。

なんと、足のプロによるレクチャーつき!講師で理学療法士でもある北澤友子さんは、新潟医療福祉大学大学院で足を研究している専門家なのです。なんとも贅沢な研究会!

正直、足の骨や筋肉の構造はムズカシイ。しかしおかげさまでイヤでも足を意識する毎日に。自然と足のありがたみも感じます。研究会風景やそこで学んだ足のことなどは今後「足と靴下の豆知識」で紹介していきますね。

とにかく山忠は、足に本気!

今まで気にしていなかった「足を意識する」。
すべてはそこからです。

(スタッフ 高木)