オンラインショップ ケアソク(CARE:SOKU)

社員がゆく!足活レポート

今や「整形靴」もオシャレ重視にシフト! 第15回 IVO学会にて。

「デザイン&パフォーマンス/履きたくなる整形靴」と題した今年のIVO学会(日本整形靴技術協会学術大会)。医療関係者、医療の現場により近い靴職人の方や、義肢装具士、フットケア関係の方などが参加されました。

ケアソク共同研究者 阿部薫教授が「ととのえる」について研究発表

山忠の症例報告として新潟医療福祉大学の阿部薫教授が演台に立ちました。

IVO01.jpg

発表内容は、「巻き爪の改善事例」。

巻き爪に悩む70代女性が『ケアソク<ととのえる>』を履いて巻き爪が緩和した症例について、さらに検証研究を行った結果です。
巻き爪の原因のひとつと言われる浮き指。この検証研究では、<ととのえる>を履くことで足指の接地面積が大きくなり、接地する足指の本数も増えることが確認されました。結論として、浮き指を抑制するために巻き爪が改善したと考えられる、との内容でした。

靴下一枚で症状が緩和したという事例に、講演の休憩時間には「もっと話を聞きたい」「実物を見たい」というたくさんの医療関係者の方々がケアソクブースにお越しくださいました。

整形靴も、機能性とオシャレを両立する時代

ところで、今まで学会の参加者といえば男性ばかりが目立つ印象、それが今回はちょっと違うところがありました。
というのも、今回は「整形靴の機能性とオシャレの両立」がテーマ。中でも「芝生の上を歩くような心地良さ」をモットーに靴づくりをされているSAKIAS(サキアス)瀧見サキさんの特別講演には、多くの女性が参加されていました。靴づくりに携わるみなさんにとって、瀧見さんはあこがれの存在のようです。

「痛いけどかわいいからガマンして履くハイヒール」
「かわいくないけど足にいいから履くコンフォートシューズ」
今まではそんな風に思っていましたが、そのイメージが変わってきていることを感じました。

「足によくて、しかも素敵な靴が選べる」
そんな時代にシフトしてきているのかもしれません。

時代の流れを感じた今回のIVO学会、来年は福岡で開催予定です。

阿部薫教授の検証研究のきっかけとなった巻き爪に関する症例紹介は、こちらからどうぞ。
→ 【お客様のお声】7年悩んだ巻き爪がよくなりました(東京都 鶴来様)


(スタッフ 高木)


ケアソクが医学書に紹介されました! 第17回 日本フットケア学会の報告

「歩く力は、活きる力!」をテーマとした今年のフットケア学会。前回開催よりも多い約2500名(!)の方が参加されました。フットケアへの関心の高さがうかがえます。

『ケアソク』が徐々に浸透している手応えあり!

今回ケアソクは、足育研究会、ケアシューズ専門メーカーの徳武産業様、医療部品メーカーのマルホ発條工業様と共同でブース出展。
こちらのブースには、医療従事者、フットケアサロン、コンフォートシューズ販売店……など、フットケアに携わっているたくさんの方々にお立ち寄りいただきました。

FOOT01.jpg
足育研究会ブースにて。右から、足育研究会代表の高山かおる先生、山忠社長の中林、ケアソク営業の亀山。

「ケアソク、もう履いてるわよ~」
「今日ってケアソクは買えないの!? 残念~~~!」

など、うれしいお言葉をいっぱいいただきました!

また、初めて『ケアソク』をご覧いただいた方、特に看護師の方々からは「患者さんに有効かどうか?」を熱心にご質問いただきました。そして、
「患者さんにすすめる前に、まず私が履いてみるわ!」と言ってくださいました。

医学書に『ケアソク』が!?

ケアソク<うるおす>シリーズ監修の高山かおる先生が編集された下記の医学書が、今回のフットケア学会で初のお披露目となりました。

『足育学 ~外来でみるフットケア・フットヘルスウェア~』
(全日本病院出版会)

FOOT02.jpg
この1冊で足の知識からフットケア、歩行指導までも網羅している濃~い内容! 

サブタイトルにはなんと“フットヘルスウェア”の文字が! これはケアソクが初めて打ち出した、新しい分野の概念なんですよ!

そしてこの中でケアソクの共同研究者である阿部薫教授が、「靴下・室内履きを選ぶポイント」と題して執筆されています。『ケアソク<ととのえる>』も「一体型5本趾靴下」という名目で登場! ケアソクが医学書で紹介されるなんて、すごいことです。

FOOT03.jpg
高山先生をはじめフットケアスペシャリスト、そうそうたるメンバーにサインしていただきました!

足のお仕事をなさっている方、足に興味のある方、ぜひぜひお買い求めください♪


そして、今回のおまけの一枚。
FOOT05.jpg

学会終了後の“あしらぶ懇親会 in Nagoya”では高山先生を中心に、こちらも医学界、フットケア業界の豪華メンバー大集結で、大盛り上がりでした!

最後に、学会が大盛況で初日の午前中には用意していたパンフレットがなくなってしまいました。お渡しできなかった方々、本当に申し訳ございませんでした。

ご不明な点などがありましたら、いつでもお答えいたします!
お問い合わせはこちらからどうぞ。


(スタッフ 高木)


【足のプロ紹介】靴下がどんどん売れる謎のネイルサロン。神戸 「nail room Kei」

神戸の古き良き商店街の一角に、完全予約制のプライベートサロン「nail room Kei」(ネイルルームケイ)様はあります。こちらはオシャレ寄りのネイルアートというよりは、爪や足のケアを重視したい方におすすめのサロン。

こちらのネイルサロンには、巻き爪など爪のトラブルはもちろん、爪以外の足のお悩みでいらっしゃる方も多いそうです。

ご出身が新潟というサロン代表の工藤亜由美様。先日、山忠にお越しくださったときにお話を伺いました。

Kei1.jpg
左から、ケアソク担当の亀山、サロン代表の工藤様、山忠社長の中林。

ネイルサロンなのに、足のプロ。

――― ネイルサロンといえど、お客様のお悩みは爪だけではないようですね。

そうですね。胼胝(ベンチ=タコなど皮膚の角質層が厚くなった状態)などでいらっしゃる方も多いです。

――― 巻き爪もタコも、どちらも履いている靴や歩き方のクセによって長い間をかけてできるものですよね。それだけに完治するのは大変ではありませんか?

きちんとお手入れを続けていただければ必ずよい状態に向かいます。定期的な施術と併せて、歩き方や靴などのアドバイスもさせていただいています。

爪にハンドクリームはNG!?

――― 巻き爪などのトラブルなく爪をきれいに伸ばすために簡単にできることはありますか?

爪は乾燥が原因でも巻きやすくなります。そのため乾燥しないように、オイルなどを塗るのはおすすめです。

――― 手に塗っているハンドクリームを爪にも塗ればいいですか?

残念ながらハンドクリームでは分子が大きいため、効果は出にくいと思います。爪には専用の「ネイルオイル」や「キューティクルオイル」を塗ることがおすすめです。目的としては、

・爪周りの保湿をしてささくれを防止すること。
・爪母細胞に栄養を与えることで健康で丈夫な爪の成長を促すこと。

爪は生え際の爪母(そうぼ)で作られます。オイルは爪に塗るのではなく、爪母に栄養が入るように爪周りにしっかりなじませることが大切です。

soubo.jpg

――― 今さらですが、ハンドクリームとは目的が全く違うのですね。

そうなんです。ちなみに、塗る順番にも意味があります。おすすめは、抗菌系の美容液→キューティクルオイル→ハンドクリームの順番で。

キューティクルオイルも、爪専用のオイルのほうがより浸透しやすくなっているのでできれば爪専用を。ミネラルオイル、鉱物系でできたものよりも植物系(ホホバ、グレープシード、ひまわりなど)のほうが浸透します。

ドラッグストアやバラエティショップでも見かけますが、主成分をちゃんと確認しましょう。植物油配合とあっても主成分が水では効果が出にくくなります。

また、塗る回数は少なくても1日3回以上とお伝えしています。日中に塗れない場合は寝る前だけでもしっかりと塗布します。好きな香りや使い心地で長く使えそうなものを選びましょう。

筆者の爪を見ていただきました!

――― ちなみに私の爪はどうでしょう? 爪のトラブルはないと思うのですが。

amakawa.jpg
きれいに甘皮が。測ると2mmほどのところも。

えーと。甘皮の貼りつきがすごいですね。それにタテスジが入るのは乾燥が一因ですよ。

――― え! 甘皮ってないほうがいいのですか!?

実は伸びすぎた甘皮を放置していると、
・「ささくれ」の原因になる。
・せっかくオイルを塗っても浸透しにくくなってしまう。
・貼りつきのせいでまっすぐに伸びない原因にも。
・雑菌も繁殖しやすくなってしまう。

……などなど、爪にとってはよくないことがあるんです。

とはいえ、甘皮も全部が要らないわけではなく、爪母細胞を守っている部分でもあります。間違ったケアで爪周りに炎症を起こしている方も多いですよ。

――― なるほど。そこは自分でやろうとせず、プロに任せたほうがよさそうですね! 

一度履けばわかる、『ととのえる』

――― ところで、サロンで『ケアソク』をお取り扱い後、工藤さんのFacebook で「靴下がどんどん売れる謎のネイルサロン」と書いていただきました。

はい、私は以前から左足だけがむくみやすくて。特にエアコンで冷えるのがダメで、そこに施術で力が入るからなおさらです。それが『ケアソク<ととのえる>』を履いたら、とても楽だったんです。それを実感したので、ぜひお客様にもおすすめしたいと思いました。実際にサロンでは、履いたときに足指が包まれている感じに感動される方が多いです。

冷えやむくみに悩んでいる方はたくさんいます。きっと『ととのえる』は一度履いてもらえればその良さに気がついていただけると思いますよ。

……と、ニッコリの工藤さん。
足の現場でケアソクの良さを伝えてくださる方々がいてくれることは本当にありがたいです。それに新潟から離れた場所でケアソクがどんどん広まっていくことも。

そして最後に、「いつかサロンで足底圧計測会を開催したい」ともお話しくださった工藤さん。お客様がご自身の足データを見て、ますます足に興味を持っていただけたら私たちもうれしいです。その時はケアソクチームも喜んで駆けつけるつもりです。


nail room Kei(ネイルルーム ケイ)

住所:兵庫県神戸市灘区水道筋6丁目7
TEL:070-4346-4353 

サロンウェブサイトはこちら


(イラスト 佐藤)
(編集スタッフ 高木)


専門医も『ケアソク』に熱い視線! 皮膚科学会、JTFA研究会にて。

先日参加した学会について、ケアソク担当の亀山に当日の様子を聞いてみました。亀山の個人的な感想も含め、報告させていただきます!

第82回 日本皮膚科学会 東京支部 学術大会

今回が82回目の開催(!)となるこちらの学会には、首都圏の皮膚科の先生が中心に集まりました。
『ケアソク』は、共同研究者の高山かおる先生が代表を務める「足育研究会」の一員としてブース出展。

hifuentrance.jpg

hifutakayamasensei2.jpg
左が高山かおる先生、右が山忠社長の中林。

高山先生のセミナーは立ち見が出るほど大人気。皮膚科の世界でもフットケアへの関心度の高さがわかります。高山先生が参加者へ直接指導し、フットケアの重要性を精力的に伝えていらっしゃいました。

そして高山先生がセミナーの中で、

「足そのものだけでなく、フットウェアの靴下も大切!」

と、『ケアソク』をご紹介くださり、セミナー終了後にはケアソクブースにたくさんの方にお越しいただきました。

hifusetumei.jpg
ブースに来てくださった方に『ケアソク』を熱く語る社長の中林。

この学会は医療現場の最前線で患者さんと向き合っている医師の皆さんに『ケアソク』を知っていただける、とてもいい機会となりました。

そして、おまけの1枚。
ケアソク営業 亀山のちょっと休憩タイム〜♪ 明日から12月というのに気温なんと18℃! 半袖Tシャツ一枚でも心地よい!
hifupark.jpg
冬は鉛色の空が定番の新潟では考えられない、抜けるような青い空!


JTFA 第11回 多業種フットケア研究会

ひとりでも多くの方に足の大切さを伝え広めていくことを目的に設立された、JTFA(日本トータルフットマネジメント協会)。JTFAでは足の専門家たちの情報交換の場として、定期的に研究会を開催しています。

今回は「巻き爪祭りパートⅡ」と題し、昨年に続き「巻き爪」をテーマにしたプログラム。

当日はフットケアサロンや病院関係など、フットケアに携わる様々な業種の方230名ほどが参加され、とても盛況でした!

JTFA3.jpg
ケアソクブースの前でJTFA会長の西田壽代様(中央)と。左端がケアソク担当の亀山、右端は坪谷です。

フットケアサロンや病院の方からの症例発表や、メーカースタッフによる製品体験を通じて、参加者は白熱! 巻き爪の処置を学ぶ姿、真剣でした。 

協賛企業の商品紹介タイムで『ケアソク』が登場! ケアソクブログでも紹介している巻き爪緩和の事例を紹介させていただきました。山忠で「足のコンシェルジュ養成講座」を主宰してくださっているJTFA理事長の桜井祐子先生も、この事例には驚き、喜んでいらっしゃいました。

JTFA1.jpg
亀山が登壇。発表時間5分の中で『ケアソク』の説明から巻き爪の話まで……盛りだくさんです。

で、発表を終えた亀山は燃え尽きました!

JTFA2.jpg
発表直後の亀山。絵にかいたような安堵の表情~!

そして研修の合間の休憩時間が、ケアソク即売会タイム。ここはまさに戦場! 接客、袋詰め、会計、領収書発行……もう必死でした!

JTFA4.jpg
ちょっと様子を見に来ただけのつもりが販売員に引っぱり出された坪谷。

研究会終了後の懇親会も盛大に!
ケアソクをお取り扱いいただいている、仙台のフットケアサロンや看護師のみなさんが「チーム仙台」として場を盛り上げてくれました!
足もとをよく見ると全員『ととのえる ウォーキング』を履いているではありませんか! チーム仙台のケアソク愛を感じて幸せな時間でした。

JTFA5.jpg
西田会長(写真中央)と「チーム仙台」のみなさん。バックの男性陣は左から長谷川整形外科の長谷川院長(福島いわき)、富家千葉病院の影原先生、そしてフットケア用品販売の営業内山さんです。この格好でどんなパフォーマンスだったのでしょう。笑

2日間にわたり、ケアソクへの質問や資料請求をたくさんいただきました。病院やフットケアサロンでのお取り扱いが増えるよう、営業をがんばります! (亀山・談)

改めまして、皮膚科学会とJTFA研究会ともにケアソクブースにお立ち寄りいただいた皆さま、ありがとうございました!

なお、今回、JTFA研究会で発表させていただいた「巻き爪」についてのお話は、ブログ「足のちえぶくろ」に掲載しています。興味深い内容です。ぜひご覧ください。

→ 【お客様のお声】7年悩んだ巻き爪がよくなりました。

(スタッフ 高木)


【足のプロ紹介】スニーカーの正しい履き方はコレだ! 三軒茶屋のスニーカー専門店「三茶スニーカー」

今回ご紹介するのは、東京の三軒茶屋で20年、スニーカーのフィッティングをしてきた「三茶スニーカー」様。三軒茶屋駅から徒歩3分、目印の黒い看板には、

「あなたにピッタリの靴みつかります」。

期待が高まります。
店内は「スピングルムーヴ」「メレル」をはじめたくさんのスニーカーが壁を埋めています。その中でも特に目を引くのが「パトリック」の品揃え!

sancha2.jpg
左が岡山店長、右は山忠社長の中林。スニーカー好きにはたまらないお店です。

こちらのお店、スニーカー好きの方はもちろん、足にお悩みのある方にも支持されています。

市販のスニーカーで足の悩みが解決する……? 

後日、岡山有吉店長を山忠にお招きして詳しく伺いました!

いつものスニーカーが別モノに!?

来社されると話もそこそこに、岡山店長はそこにいたスタッフのスニーカーのひもを次々と結び直していきます。
靴の履き方で快適さがまるで変わってくる。「とにかく実感してください!」と。

himo2.jpg
このステキな結び方を盗もうと動画を撮ってみたものの、店長の手さばきが速すぎて解読できず。

3himo.jpg
ちなみに、靴ひものことを「シューレース」と横文字で呼んでいましたが、この華麗な靴ひもを見ると、まさに「シューレース」!

靴ひもを締め直しただけでそんなに変わるものかな?と、見ていた私は半信半疑。
しかし、締め直したスタッフみな歩幅が大きくなって、姿勢までよくなっているのです。「ゼンゼンチガウ!」と。

靴を履くときのポイントは2つ。

1. 椅子に座って一度靴を履き、かかとを床にトントンと着けて足をかかと側に寄せます。そして靴ひもが緩んでいることのないように、つま先側からしっかり締め直す。靴の中で足が滑りにくくなり歩行が安定します。

2. 「ヒールロック」を覚えるとさらに安定。
靴ひもをヒールロックというやり方で結ぶと、かかとから足首にかけて固定されるので、さらに安定度が増します。はじめからヒールロック用の穴がある靴もありますが、それがなくても履き口側の上2つの穴を使って同じように結ぶことができます。自然と足が前に出て、どこまでも歩ける感じがしますよ。

heel.jpg
ヒールロックの結び方は「足と靴下の豆知識」で詳しくご紹介しています。
→ 靴ひもの結びワザ!「ヒールロック」でどこまでも歩ける足に。


子どもの足トラブルが増えている件。

今や足のトラブルは大人だけの問題ではありません。小学生でも浮き指、扁平足、外反母趾など……足のトラブルを抱えている子どもは少なくありません。

その大きな原因と言われているのが「足に合わない靴を履き続けること」。

しかし、それはわかっていても、大人が「自分に合う靴」を履く習慣がなければ、子どもに合う靴をすすめてあげることも、選んであげることもできないでしょう。まずは大人から、なのです。

子どもたちは年頃になると自分の履きたい靴を履くようになるでしょう。快適さよりもオシャレが優先されるはずです。でも、子どものときに「自分に合う靴を履く快適さ」を知っていれば、必ずそこに戻ってくる、と岡山店長はお話ししていました。

私事ですが……筆者、実はスニーカーほぼ初心者です。

私は大人になってからほとんどスニーカーを買うことがありませんでした。今も1足しか持っていません。そんなことを恐る恐る岡山店長に伝えたところ、

「なんでスニーカーを履かないの?履く機会がない?」

「えーと。自分に合うスニーカーがなかったからです。」

その一言で岡山店長の目がキラリ。

「スニーカーで疲れたって言う人がいるけど、そもそも自分の足に合わせようとしたことある?ないでしょ。靴ひもを結ぶのがめんどくさいとかの理由でちゃんとした履きかたをしてないのに、自分に合うスニーカーがないっていうのは論外!」

はい! まさにおっしゃるとおりです! スニーカーに「快適さ」を求めた記憶はありません。それに、「自分の足に合わせてカスタマイズする靴=コンフォートシューズ」のように思っていたので、「市販のスニーカーでも足を快適にできる」ということは私にとっては新しい発見でした。今ごろですが。
私もスニーカーがほしくなりました!

「靴を見ると人となりがわかる」

とは、岡山店長のお言葉です。靴の履き方でその人がわかってしまうという……

なので、
・靴はきれいに! 
・踵(かかと)をつぶして履くのは言語道断!
・靴ひもをしっかり締める! 

見られています、靴。
私も肝に銘じました!

足に悩みのある方もない方も、「自分に合う」スニーカーを探しに三茶スニーカーさんへ行ってみてはいかがでしょう。
ただし、くれぐれもお時間には余裕を持って。岡山店長の靴愛トークが止まらなくなるので。笑

また、三茶スニーカーさんでは『ケアソク ととのえる』を取り扱ってくださっています。
お気に入りのスニーカーに合わせて、ぜひどうぞ!

factory.jpg
本社工場でケアソクの生産現場を見学する岡山店長。右はケアソク愛に溢れる営業亀山です!


三茶スニーカー

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-16-12 植松ビル1F
TEL:03-5481-1413
URL:http://sancha-sneakers.com/


(スタッフ 高木)